現代のDNA解析で遂に真相を解明した、切り裂きジャック事件とは?
スポンサーリンク

この事件は1888年に英国ロンドンで売春婦5人をバラバラに切り刻んだ連続殺人事件です。

未だ犯人は不明。

未解決事件の一つとして、世界的に有名です。

スポンサーリンク

切り裂きジャック事件

通称、ジャク・ザ・リッパーは1888年8月31日から11月9日の約2か月間の間に、売春婦を少なくとも5人をバラバラに切り刻んだ殺人事件であるが、犯人についてはいくつもの説が唱えられています。

事件の概要

犯行予告を新聞社に送りつける。まさに映画やドラマに出てきそうな犯罪予告の元祖とされています。

犯行は公共の場、もしくはそれに近い場所である。

被害者は「メス」のような鋭利な刃物で切り裂かれている。

その後、臓器を摘出していた。

このような事実から犯人は医師ではないかとの説がある。

スポンサーリンク

切り裂くジャック被害者5人

1888年8月31日(金)

メアリ・アン・ニコルズ(47歳)

1888年9月8日(土)
アーニー・チャップマン(44歳)
*子宮、膀胱を摘出される。

1888年9月30日(日)
エリザベス・ストライド(44歳)
犯人目撃情報が唯一ある殺人事件

1888年9月30日(日)
キャサリン・エド・ウッズ(43歳)
左の肝臓と至急を摘出される。

1888年11月9日(金)
メアリー・ジェイン・ケリー(25歳)
皮膚や内臓含め完全にバラバラにされる。

犯行予告

1888年9月27日に、切り裂きジャックを名乗る手紙が、新聞社のセントラル・ニューズ・エイジェンシーに届いている。

その手紙内容は、切り裂きジャックは売春婦を毛嫌いしており、犯行は続く。

そして警察には絶対に捕まらないという内容です。

メディアが情報を流した際に、何百通におよぶ手紙が新聞社に送られてしまうが、どれもイタズラでした。

しかし

3通は偽物だと判断できていない。

1888年9月27日配達(消印25日)
・新聞社セントラル・ニューズに届いた最初の手紙。

1888年10月1日配達(消印同日)
・新聞社セントラル・ニューズに届いた葉書。

1888年10月16日配達(消印15日)
・ホワイト・チャペル自警団代表「ジョージ・ラスク」に届いた小包。

アルコール保存された肝臓が同封されており、女性の物と確認。

真犯人が遂に断定

アーロン・コスミンスキーとは?

ポーランド出身のユダヤ系の理髪師です。

一度目撃証言から逮捕されていますが、後に目撃者が証言を撤回した為に、証拠不十分で釈放。

しかし、その後に新たな発見。

4件目の殺人事件「キャサリン・エド・ウッズ」の殺人現場にあった「ショール」。

4件目の殺人現場に駆け付けた警察官が広い着服して持ち帰っており、その子孫が一度も洗わずに保管している。この「ショール」に付着していた、血液や精液などを分析。

被害者の子孫とコスミンスキーの子孫のミトコンドリアDNA分析を行う。

ミトコンドリアDNAが一致しており、またショールから採取されたmtDNAと被害者子孫のmtDNAから同一の突然変異がみつかるが29万人1人の確立です。

そして、シュールから採取した別のmtDNAからはコスミンスキーの子孫のものと一致。

ここまでの解明ができたのは、現代の科学技術があったからこそです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

数々の映画やアニメなどでも題材にされる有名な殺人事件の切り裂きジャック。

すでに真犯人はこの世にいないですが、殺人者には制裁がくだるようにと思ってしまいますよね。

名探偵コナンもいっています。

真実はいつもひとつ(^^)

スポンサーリンク
おすすめの記事