【地底王国】アガルタの真実とは?
スポンサーリンク

日本の人気アニメ映画

君の名は。」にも登場した、地底王国アガルタ

実はアガルタは都市伝説として今でも多くの人を魅了し続けています。

地球空洞説などが話題になっていた時代、アガルタの存在が人々をワクワクさせていました。

今回そんな地底王国のアガルタについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

アガルタとは?

地球の内部が巨大な空洞になっており、その内部には高度な文明を持つ人類や動物が生んでいるとされています。

仏教やヒンドゥー教では、この地下の理想郷の事を「アガルタ」と呼ばれていました。

世界の神話などの中には、南アメリカから北極までの世界の様々な場所にい「アガルタ」に通じる入口があるとされています。

19世紀にフランスの思想家アレクサンドル・サン=ティーヴ・ダルヴェドールが「インドの使命」という本でも地底王国アガルタの紹介をおこなっています。

まさに世界各地で、地底空洞説により地底王国アガルタの存在を明らかにしようとしていました。

そしてアガルタの都市は「シャンバラ」言います。

アガルタとヒトラーの関係

なんと!!あの!!!

ドイツの独裁者ヒトラーがアガルタ探検隊を派遣しています。

アガルタの存在を見つける為に、中央アジアのチベットの奥地にアガルタの入口があるとされナチスは、チベットのラマ僧を雇って探索していました。

また1938年から3度に渡って地球の内部に通じる入口の探索の為に南極の調査も行っていました。

そしてヒトラーは実は死んでいなく、南極の地底の入口の中に身を潜めているという説も存在しています。

ヒトラー以外にも、第32代アメリカ大統領ルーズベルトもアガルタを探していたというから驚きです。

ここまで伝説的地底王国アガルタを探そうと世界が動いていた事がビックリします。

スポンサーリンク

アガルタに行った事がある人物

多くの有名な人物が探していた地底の世界に、実はアガルタに訪れていた人物がいます。

1926年に航空機による初の北極圏到達した人物。

リチャード・バード少佐です。

以下ハード少佐の残したフライトログ

①「全員のコンパスがグルグルと回り始め、位置の計測ができなくなった」

②「山のようなものが見えてきて森が見える。しかし北極に雪と氷以外があっていいはずがない」

③「調査のために高度を下げて飛行していたらマンモスのような生物に遭遇した」

今まで応答不能になっていた無線からアナウンスが流れます。

「私たちの領域へようこそ。私たちは7分であなたがたを着陸させます。リラックスしてください。」

こんな内容を冗談でフライトログに書く人物でもない事が非常に謎に満ちています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

地底王国「アガルタ」、現代のオカルト的存在ではなく

実は存在しているのかもしれませんね。

宇宙の謎、地球にも未だ多くの解決できない謎が非常に多くあります。

アガルタが存在していないと確証できないのではないかとも思います。

もしも、古代文明アガルタが存在していたら世紀の大発見ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事