【衝撃】人類の秘密、アカシックレコードとは?
スポンサーリンク

今回ご紹介するのは、アカシックレコードについてです。

音楽レコードの種類ではないです(笑)

簡単に言うと、この世界の全ての情報や記録が眠っている所です。

またこれらは、実際に見る事ができないのです。

早速どういう事なのか、見ていきましょう!!!

スポンサーリンク

世界五分前仮説とは?

この世界5分前仮説は、アカシックレコードと関係があるので順を追って説明していきたいと思います。

世の中では、約138億年前にビックバンで宇宙が誕生したとされ、そして46億年前に地球が誕生しました。

その全部がただの空想で、もしも世界は5分前に創られていたら、5分前に全てが始まったという説の事です。

今まで色々な事があったし、歴史も記憶もあるしと思いますよね?

過去があって今がある訳ですから・・。

しかし

この5分前仮説は、歴史など過去の全ての記憶が5分前に創られていたとしたら?

例えば10分前にタイマーをセットした記憶があるとしたら、それは5分前に5分だけ経過したタイマーがつくられたという事です。

また、6分前に映画を見始めたという記憶があったら、それは5分前に1分だけ経過した映画の状態で創られたという事です。

このように、何が起きようがこの仮説は覆せない事になります。

過去の出来事、意識、記憶全ては5分前に一瞬にして創られたからという事になります。

実際は5分でも1分でも10分でもなんでもいいのですが今回は5分前仮説として話しました。

過去は過ぎ去ったもので、存在はしていない。ただ私たちの記憶にあるだけです。

過去の記憶や意識の意味

例えば、私達は昔の思い出に浸る為にアルバムを開いて写真など見ますよね?

過去を振り返る為にアルバムを見たり、歴史を学ぶ為に博物館など訪れていると思います。

それは過去を体験している訳ではなく、今この現在に存在していますよね?

過去を思う行為は、今現在行う必要があります。

1分前でも1年前でもいつ始まったかあまり関係なく、それを認識するのが今でしかないのです。

そう考えると、過去も未来も同時に自分の頭の中でしか存在していないという事。

過去も未来も意識も記憶の中でしか、体験する事ができない。

なので結局全ての出来事が一瞬にしておきていて、それの私たちの意識がスポットライトをあてて、体験している感覚です。

スポンサーリンク

意識や記憶はどこからきているのか?

初めにお伝えしましたが、意識や記憶はアカシックレコードにあるとされています。

みんな生まれてから死ぬまで、様々な体験をして色々な思いを抱いていると思いますが、それらすべての出来事が、実はアカシックレコードに記録されています。

私達の人生の記録だけではなく、現世も来世も宇宙全体の記録も、死んでからは死後の世界に行き、エネルギーの源である場所に戻るといいます。

その人の記録は全生命体につながっています。

例えば大昔の人物など全てを知りたかったら、アカシックレコードにアクセスすれば誰でもその情報をえる事ができます。

まさに、宇宙版のインターネットに近いです。

アクセス方法は?

実は私たちは既にアクセスしています無意識ですが。

意識には顕在意識潜在意識があります

この潜在意識は常に、アカシックレコードとつながって情報を受け取っているのです。

多くのアーティストや発明家などは、ここにアクセスして素晴らしいアイディアを形にしているとされています。

このアカシックレコードの存在を広めたとされる人物は、「エイガー・ゲイジー」です。

彼は人々からの相談や病気の診断を、アカシックレコードにアクセスして、答えを出したとされています。

現在アカシックレコードにアクセスしている、最強の予言者ババ・ヴァンガがいます。

彼女は、9.11の出来事や、オバマ大統領の就任なども的中しています。勿論外れもあります。

彼女は、夢の中で予知夢としてビジョンが見えてきていたそうです。

その領域は潜在意識からアクセスできるアカシックレコードです。

予言にはずれがあったと言いましたが、これは当然な事です。

どういう事かと言いますと、単純に色々な可能性の未来があってその一つを見たにすぎないからです。

今私たちの認識は、時間は過去から未来にある一定方向に一直線に進んでいる感覚です。

これは戻る事もなく、前に進むだけでなので、過去・現在・未来が出来上がるのです。

この過去・現在・未来の認識は、私たちが解釈している事であって、アカシックレコードは宇宙の領域で時間の概念が全く違います。

一直線にむかっているのではなく過去・現在・未来は同時におきていて無数の可能性がそこに広がっています。

あの有名な人物もアクセスしていた。

天才発明家のニコラ・テスラは、まさにアカシックレコードにアクセスしていたと思われる人物です。

彼は、宇宙のどこかに知識の源があり突然頭の中にフォログラフィックのように3Dとして、アイディアが浮かんできたと言っていました。

テスラだけではなく、アインシュタインもそうです。

彼は、相対性理論が急に頭に浮かんできたと言っています。

また過去の発明をみると面白い現象があります。

それは、全く関わりのない発明家達が、同時期に同じものを発明する事が過去に148件もあったという事です。

ほぼ同時に2人の人物がラジオを発明。電話も同じく。お互いを干渉していたわけではないのに、こういった出来事が数多くあります。

まるで人類が今までにした、そしてこれからの知識はすでにそこにあるかのように・・・

まだ私たちがアクセス出来ていないだけかもしれません。

科学的に証明できるのか?

多くの学者が証明しようとしている現状です。

アインシュタインは、見えない放射線エネルギーや電磁波を調査したところ、ゼロポイントエネルギーというエネルギーが存在している事が分かりました。

現在の研究では、これは宇宙全体の物理的な情報だけでなく、知識もデータとして保管されているとの事です。

莫大のゼロポイントエネルギーは全体に波のように広がっているそうです。

ノーベル物理学賞を受賞した「リチャード・P・ファイマン」は、人間の脳の電子はこの量子波の影響をうけていると提唱しています。

人間の脳はコンピュータのように電気活動によって成り立っています。

ラジオが電波をキャッチするようにそこらじゅうにある情報に、無意識にアクセスしているかもしれませんね!!!

集合的無意識とは?

これは、心理学者ユングが呼んだ言葉です。

集合的無意識とは例えば、全世界の人類には共通する不変する部分があると、世界中の神話がほとんど似ているのは、同じ宇宙人というよりかは、このようにみんな見えない所で繋がっていたという事です。

偶然の一致である、テレパシーやシンクロニシティ―もこの集合体無意識説が本当なら現実に存在しているという事になります。

アクセスする為には、一般的には潜在意識の領域なので、瞑想・夢などでアクセスしやすくなると言われています。

アクセスする事で、人生の目的や課題を知ることができ、自分を見つめ直し精神的に成長できる。

あなたは!!

無意識に操られながら生きる・・・?

意識的になって自分の決めた道を歩く・・・?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アカシックレコードの存在は証明もできませんが、否定を証明する事もできません。

しかし、人類の長い歴史や途方もない宇宙の歴史の中で私たちが想像すらできない、何か不思議なエネルギーが

働いているのではないかと思ってしまいますよね。

今後人類の進歩と、様々な発見に期待したいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事