スポンサーリンク

人は生きていく中で、睡眠する事は絶対に必要です。

もしも睡眠をしないで1週間以上も実行していたら、身体のあらゆる機能障害がでてしまいます。

仕事や学校でも忙しい時に徹夜すると翌日には、頭がボーットしてしまい良いパフォーマンスを出せないのが現状です。

しかしもっと時間があれば・・・。

と思う事があるのではないでしょうか?

また天才と呼ばれる歴史的な人物が、何故人並み外れてた頭脳をもっているのか。

実はその秘密に、睡眠が非常に影響を及ぼしているのです。

それでは詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

睡眠時間による実験

みなさんは1日何時間の睡眠を取っていますか?

8時間以上睡眠をとりたい人がほとんどだと思いますが、現実は6時間前後といったところではないでしょうか。

睡眠についての研究は世界各国で行われています。ペンシルベニア大学とワシントン大学が共同で睡眠による実験をおこないました。

実験内容は、平均的に7時間~8時間の睡眠をとる48人の健康的な男女を集め、3日間の間に毎日8時間睡眠・6時間睡眠・4時間睡眠・睡眠なし。

といったそれぞれの4つのグループにわけます。

そしてこれを2週間続け各グループが、どのような変化がおきるのかを検証しました。

6時間睡眠は廃人になる

8時間睡眠の人は、実験前と実験期間中は特にパフォーマンスは変わりません。

4時間や6時間のグループは日に日にパフォーマンスを落としていきます。

もちろん、睡眠時間が悪い4時間グループや睡眠ナシグループの方がパフォーマンスは悪い状況です。

そして、1週間後6時間グループの4分の1が日中に居眠りするようになりました。

2週間後には6時間のグループのパフォーマンスが、なんと3日間一切睡眠ナシのグループが連続2日間睡眠をとららかった廃人と同じぐらいに落ちていた。

という驚きに実験結果が出ました。

つまり6時間睡眠を2週間続けると、仕事や勉強のパフォーマンスは寝ていない時と同じレベルにまで落ちてしまうのです。

その多くの人は、自分がパフォーマンスが落ちている事に気付いていなかったのです。

日に日にパフォーマンスが落ちているにも関わらず気づかないという事は、非常に危険ですね(><)

現状6時間ぐらいの睡眠の人は、睡眠時間の改善の見直しましょう。

とはいえ、そんなに睡眠時間の確保ができないと悩んでいるのではないでようか?

心配しないでください!!!

短い睡眠時間でなんと成功者になれるかもしれないのです。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

多相睡眠とは?

歴史的な偉人である。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ニコラ・テスラ、サルバドール・ダリア。など数々の天才が実行していたのが.

多相睡眠です。

これは、1日に1~4時間の睡眠しかとらない事です。

先程の睡眠実験結果だと、この睡眠時間だとパフォーマンスが落ちていくはずだと思ってしまいますよね。

しかし、この多相睡眠の方法により天才的な頭脳の覚醒がおきるのです。

多相睡眠とは、1晩に寝る時間を大幅に短縮して、日中20分~30分間の昼寝を何回かとる睡眠の事ですが、

結果として毎週追加的な数日を手に入れられるます。

その上、眼球動く事で知られる睡眠の最重要段階が正確に20分~30分続き、これが脳を回復させ充電し直すピークをおこなえます。

皆さんは、一日がもっと長ければ良いのにななど思った事があるのではないでしょうか?

多相睡眠によりこの限られた時間が人よりも多くの時間を過ごせるようになるのです。

もちろん睡眠しないで毎日いるのとは違いますので注意してくださいね。

多相睡眠による実践

多相睡眠は、様々な睡眠時間を分割する方法ですが、例えば1日に6時間半の睡眠を多相睡眠で実行していた、ウィンストン・チャーチル

2時間20分うたた寝するニコラ・テスラなどいますが自分特有の方法でOKです。

そして1日4時間の睡眠時間と、25分の昼寝休憩による多相催眠はどのような影響を及ぼしていくのか見ていきたいと思います。

開始1日目
午前1時に就寝し、朝5時に起床。

ここでは朝早く起きる事により朝の時間が多くなり、ゆったりとした時間をを過ごせます。

しかし昼寝の25分の時間内には寝入る事は出来ないのが正直な所です。

3日目
3日目になると心身ともにクタクタになり、今日とか明日とかの概念もなくなります。

1日を通して靄がかかったような感じになります。

そして昼寝の25分以内に寝入る事ができるようになります。

起きても特に目覚めも悪く、スッキリした気持ちにはなれない状況です。

4日目
頭の中の靄があたりまえになり、常に頭がボーッとし状態です。

人も会話がもはや右から左に通過してしまいます。

見た目もゲッソリとしてゾンビのようになります。

目が充血してクマがでてきます。

5日目
25分間の昼寝の時には、すぐに深い眠りに入れるようになります。

目覚ましがなくても自然と目覚めたりして、休めた感覚がでてきます。

6日~7日目
多相睡眠になれてきます。

昼寝の25分の睡眠が、数時間寝たような感覚になりだします。

思考の停止や靄がかかっていた状態はすっかり無くなります。

今までのパフォーマンスと同じ状況にまで戻せます。

8日~10日
この時期になれば限られた時間の中で、脳を再充電し体力も復活できるようになります。

その影響により独創性とスタミナが上昇傾向になります。

覚醒開始

①午後の昼寝の後は、まるで1日が過ぎたかのように感じる。

②それまで分からなかった問題のベストな対処法さえも分かるようになる。

③生産性の向上が見て取るようにわかります。

④以前の疲労の兆候の全ては消え、顔色も良くなる

⑤目覚ましは必要なしで起きられるようになる。

⑥行動的になる。

⑦自分の自己成長の時間が増える。

このように覚醒すると様々な事が良い方向に向かっていきます。

精神的にも非常に成熟した領域に入ったように感じられるのです。

まとめ

歴史的偉人が実行していた多相睡眠についていかがでしたでしょうか?

毎日がやる事が多すぎて、時間に追われている人は、是非多相睡眠により1日の時間を延ばしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事