スポンサーリンク

朝起きた瞬間なんとなく口臭が気になってしまう事ってありませんか?

恋人や夫婦で一緒に寝ている場合、寝起きの口臭が悩みの種という方も多いと思います。

実際ある調査では口臭は、汗臭さや加齢臭を抑えて気になる臭いの第1位となっています。

そして1日の中でも寝起きの口臭が最も酷くなりやすいのです。

そこで今回は何故寝起きの口臭がひどいのか?

そして寝起きの口臭の最も効果的に改善できる方法はいったいどんな方法なのか?

これらについて早速詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

寝起きの口臭がひどい理由

何故寝起きの口臭が酷くなってしまうかですが、唾液の量が減り口の中で細菌が大量に繁殖するからです。

そもそも口臭の原因の1つとして口の中の細菌と言うのがあります。

これらの最近は食べカスや口の中にある粘膜といったタンパク質分解し口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物というガスを発生させます。

このガスは卵が腐った臭いの硫化水素生ごみのような臭いのジメチルサルファイド野菜が腐ったような臭いのメチルメルカプタンなどからなっており、これらが交じり合って酷い臭いがでます。

つまり寝ている時に細菌が繁殖し、臭いガスを大量に発生させる事で寝起きの口臭が酷くなるのです。

更に唾液の減少も口臭がきつくなる理由の1つです。

唾液は、口の中の細菌を洗い流したり唾液に含まれる物質によって殺菌が行われ細菌の繁殖を抑えてくれます。

この唾液は寝ている時は分泌量が減る為に口の中の細菌が繁殖しやすい環境になります。

これが日中起きている時よりも寝起きの方が口臭が酷くなりやすい理由です。

寝起きの口臭を改善するには?

これまで説明したとおり口の中の細菌が繁殖する事が、口臭の原因となる為細菌の繁殖に注意すれば良いのです。

対策として3つの方法をご紹介します。

1つ目は、寝る前の歯磨きをとにかく丁寧に行う。

歯を磨く事で、口の中の細菌を減らし口臭予防ができます。

また食べカスは口臭となるガスが出る原因なので、歯磨きによって食べカスを取る事でも口臭予防にもなります。

「勿論寝る前の歯磨きなんて毎日してるよ」という方も多いと思います。

ただある調査では、自分の歯磨きに自信あると思っている人の約8割が歯の全体の半分以上に、磨き残しがあったそうです。

それくらい綺麗に磨くのが難しいので寝る前の歯磨きはいつも以上に一本ずつ丁寧に行いましょう。

これだけでも寝起きの口臭が大幅に減ります。

2つ目、舌苔(ぜったい)を取り除く事。

舌苔とは、舌の表面の汚れの事でこれがあると細菌が繁殖しやすくなります。

ある調査では、舌苔を掃除しただけでも口臭が51%も減少したという結果も出ています。

もし下の色がピンクではなく、白や黄色でコケがはえたように汚れていれば取り除くとよいです。

なお取り除く際は、舌ブラシなどを使って優しく掃除しましょう!

舌は非常にデリケートな場所なので、硬めの歯ブラシでゴシゴシ擦ったりしてしまうと舌を傷つけてしまう可能性があります。

3つ目、寝る前に水分補給をする事。

口の中が乾燥すると細菌が繁殖しやすくなります。

寝る前にコップ一杯程度の水分補給をする事で口の中の感想を抑える事が出来る為口臭予防になります。

スポンサーリンク

まとめ

寝起きの口臭が臭い理由と、その改善策についていかがでしたでしょうか?

ご紹介したこれらの方法が、最も寝起きの口臭に対して改善されます。

気になる人は是非試してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事