こんにちは。よしむです。

今から飲食店で働こうと考えている
大学生やフリーターの方たちのために、

自分が8年働いてきた飲食店での体験談を踏まえて
実際の環境やブラック度について、
お伝えしていきたいと想います。

そもそも飲食店はブラックだし大変ではありますが、
しっかりと働けば仕事力が上がるし、
何より楽しく働くことも可能だということでもあります。

自分は、このままずっと身体を動かし、
毎日終電近くで働き続けるのは無理だと思ったので

肉体労働から
頭脳労働へ
と切り替えるようにしました。

 

結果、肉体労働としている会社員の給与だけだと、
40月万円(手取りは30万弱)
が限度だったのに、
いまでは100万ほど安定して稼ぐことができています。

詳しい内容は下記でまとめてます。
無料で読めます個人で稼ぐ力を身に付けよう

 

今回の記事は超正直に話していきますので、
飲食店に就職してがんばるぞ!
と思ってる人はすみません。

働いていて良かった点や
働いていて悪かった点なども
詳しく話していきたいと思います。

飲食店に就職する場合の評判・・・

飲食店の仕事と聞くと、
『体育会系』とか『仕事が大変』
といったイメージを持つ人が大多数だと思います。

正直このイメージは、
基本的に間違っていないと思います。

確かに飲食店に就職してから、
大きな声で何度も叫んだり、
失敗やミスなどしたら怒鳴られたりします。

大きな声を出せなかったり、
威圧などの耐える力がない人は、
相当きついかもしれません。

本当にすごく体育会系なので、
部下のうちだと上司に怒鳴られたり、
飛び蹴りを喰らったこともあります。

また、入社してまもない社員は、
ベテランスタッフなどから、
上から目線で色々文句言われたりもします。

びっくりすることは、
失敗した時に「反省文(原稿用紙100枚)」を書く
といった意味不明のルールがありました。

もはや仕事終わりに寝ないで書いていましたね。
翌日、眠そうに働いていたら、
ビンタされたこともあります。

そもそも仕事の業務も大変で、
料理とドリンク(10kgくらい)を運んでいる最中に、
お客さんから
呼び出しされても向かおうとしたら、

他のお客さんに話しかけられ、
同時にインカム(耳につける無線のようなもの)
で指示がバンバン飛んでくる状況。

ピークの忙しい時間帯になると、
やることが5つも6つも重なったりします。

少しでも効率よく動かなかったときや、
体力が切れて集中力が下がってしまうと
すぐにパンクして倒れそうになっていました。

そしてちょっとでもミスをすると
上司やバイトリーダーが飛んできて怒鳴られる。

仕事が大変でも温かい楽しい職場でもある事実

そんな体育会系な飲食店ですが、
『温かい楽しい職場』でもあります。

仕事が終わったらみんなで飲みに行って騒いだり、
カラオケにいったりしました。

自分の居場所を作るという意味では、
良い職場であるところもたくさんあります。

働く店舗などでうまく馴染むことができたら、
かなり楽しい職場になると思います。

仕事ができるかできないかで職場での立ち位置は決まる

ただ、その配属された店舗に、
馴染めるか・
馴染めないかの判断基準

仕事ができるかできないか
決まっている事実があります。

仕事ができる人は性格が悪くても好かれるし、
できない人は例え性格がよくても、
邪魔者扱いされているということです。

飲食店の現場作業は体育会系なところもあり、
実力がすべてだからこのような風潮になったのです。

自分も就職したばかりで仕事ができないときは
除け者にされていましたが、
慣れて仕事ができるようになってくると

周囲から飲み屋・カラオケ・ダーツなどの
遊びに誘われたり、
仕事でも
頼りにされたりするようになりました。

仕事効率と体力に自信がある人は、
飲食店で就職していくのに向いていると思います。

もちろん、誰でも働いているうちに
慣れてくるので
最初は初心者でも大丈夫です。

飲食店の仕事は役割によってまったく仕事内容が違う

飲食店は役割が分担されることもあります。

キッチンとホールでは、
そもそも仕事内容がまったく別物ですし、

キッチンでは
ひたすら無心で料理を作ってホールの人に渡す作業。

ホールでは、出された料理をお客さんのもとに運んだり、
お客さんに対して接客サービスをしたりします。

また、キッチンの中でも
パスタ・サラダ・揚げ物・仕込み場・洗い場・焼き場
など分かれています。(お店の業態によります)

それぞれの作業場については、
能力毎にわけられますが、

基本的に能力が高い順に楽な仕事を選んでいます。

仕事ができない人は、
すぐに洗い場に飛ばされます。

また、
・ホールも(入口受付)や

・ランナー(料理を運ぶ人)、
・司令塔(指示を出す人)、
・サーバー(お客さんに接客する人)
・販促(販売促進:呼び込み営業をする人)

などに分かれます。

飲食店のバイトでも、
洗い場なんかはやったことがある人は

分かると思いますが、まさに地獄そのもの。

・暑いし手は荒れるし、
・汚いものや臭いものに触るし
・やけどもするし、
・腰は痛くなるし
・全力で動かないと皿が無くならないという…。

とにかく、地獄そのものです。

社員でも仕事ができない人は、
洗い場に飛ばされるので、

本当大変ですね。

少し昇進した先にある更なる地獄

入社してある程度働いて仕事になれると、
アルバイトのシフトを任されます。

これが更なる地獄の始まりで、
大企業などの飲食店は1日にスタッフが
何十人も必要になります。

そのため、一ヶ月のシフトを作る時に、
急に新人アルバイトが就活やら旅行やらで
休みます。

その結果、他のスタッフが働けない場合には、
休みを削る場合だってあります。

結婚している人は夫婦の予定も確保できないし、
彼女・彼氏がいる場合でも同じことがいえます。

結果的に飲食店以外の人と恋愛している人は
高確率で上手くいかない確率が高いと感じます。

社会の原理原則とは

仕事をする上で基本中の基本の考え方なのですが、
仕事ができる人は頭を使う楽な仕事ができて
仕事ができない人はきつい肉体労働をさせられます。

自分は大企業の飲食店に就職してで
仕事の原理原則を学ぶことができたことが
一番の収穫だったと思っています。

やっぱり、しっかりと勉強して知識をつけて、
頭を使う仕事をしないと、
ずっと辛い仕事のままだということなんです。

なので、もしも飲食店で働き始めたら、
まずは仕事ができるようになって
上の地位を目指していくようにすることを勧めます。

そのほうが圧倒的に楽できます。

最初のうちから手を抜いたり現状維持で良いと思って、
仕事をすると、
あとあときつくなっていきます。

仕事をしっかりと確実にこなして信頼関係を築いて、
大切な役割を任せられる人間を目指しましょう。

飲食店で働くと手に入るスキル

飲食店で仕事をすると、
コミュニケーションが得意になります。

常にお客さんを相手にしているし、
アルバイトスタッフと連絡を取り合って
仕事を進めていくので、
必然的にコミュニケーション能力が身についていきます。

仕事が相当に大変な分、
スタッフ同士の仲間意識が強くなるので
スタッフ同士で話しをすることも増えてきます。

実際に体育会系の人が多いので、
基本的に明るくて話せる人が非常に多いと思います。

なので、いまの段階でコミュニケーションが苦手でも、
その人たちと話すことによって
コミュニケーション能力が鍛えられていきますね。

飲食店を8年続けてきましたが(4年間は店舗勤務)
やっぱりきついことのほうが、
多かったのが実際の感想です。

週末や年末年始も基本的に出勤なので、
金土日は遊べないし、
仕事が嫌で嫌で仕方なかったですね。

でもその分、職場の仲間達と
思い出も作ることができているのもあります。

就職先をコロコロと転職するのは、
かなり難しいことなので、

就職先や転職先は最初のうちにしっかりと選んで
いきまましょう!

ブラック企業で有名な、
某飲食店で8年間勤務した感想でした。

以上、よしむ

収益化する為の文章術の極意
電子書籍
でプレゼント!

自分は大手飲食店を退職後、
28歳起業家に出会いブログビジネスを学びました
半年後に53万円の収益化に成功し
10ヶ月には会社員の給与の3倍の
100万円超えを達成する事ができました。
才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。
仕事でも友人の間でもかなり
優秀とは真逆の人間で有名でした。

そんな自分でもブログビジネスに出会って

少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
びっくりするくらい人生逆転できました。

そのブログビジネスを学ぶ過程で、

収益化する為の文章術いわゆる
コピーライティングのスキルを磨く方法や、

コンテンツを作って価値を届ける方法など、

これまで学生時代では一度も
学んだ事がないことを知ることができました。


その経験からどんなに勉強が苦手でも人生を
変えたいと本気で思って勉強して正しく
成長すれば誰でも人生を変えられると確信しています。


そして、今の自分と同じような人が少しでも増えれば、
人生で後悔する人を一人でも減らせるし
笑顔が溢れる世の中になれると本気で思ってます。

そういった理念から、
自分がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今のブログ収益100万円を築いていったのか、

その成功体験の一つを書籍にまとめてみました。

電子書籍は「収益化する為の文章術の極意」
ですがブログを導いてくれた起業家も
大絶賛してくれたのでメールマガジンの中
限定でその書籍を公開しています。


20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「収益化する為の文章術の極意」を読んでみる

PDF形式なのでいつでも気軽に見れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼メールマガジンの登録はこちら▼



<学べる内容>

✔︎稼げる人と稼げない人の明確な違いとは?
✔︎文章力を格段に上げる「型」とは?
✔︎「収益化」をする為に具体的にするべき事とは?
✔︎感情を揺さぶる文章術とは?
✔︎仕組みを構築して自動で収益を得る真実とは?
etc…



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Author

サイト管理人:よしむ

ブログを使って趣味や好きなことで、
収益化する文章術が得意。

全国高校サッカー選手権大会出場常連校、
サッカー部卒業。1982年生まれ。
ブログビジネスの情報発信を中心に活動中。

飲食店コンサルティング、コンテンツ販売、個人コンサルなど、多岐に渡る事業を手がける。

カテゴリー