スポンサーリンク

大麻

これは日本でも芸能人といった多くの有名人などでも使用されて逮捕されている物です。

この大麻が実は色々な分野に対して良い事があるのをご存じでしたでしょうか?

今回その大麻について詳しく見ていきたいと思います。

ちなみに日本は犯罪になるので皆さん使用も所持も禁止ですよ!!

スポンサーリンク

大麻とは?

やはりタイトルに書いてある通り、大麻と聞くと怖いイメージがありますよね。

大麻を私達が一般的にイメージしている事は、麻薬や覚せい剤などと同じで1回やったら抜け出せない中毒になるイメージですよね!

吸ってハイになって、目の視点がずれて様子がおかしい感じですかね。

しかし健康面と中毒性においては、タバコやアルコールに比べたら比較的安全の部類に入るのです。

大麻は使い方によっては発がんだと言われていますが、これだとタバコと変わらないですよね。(苦笑)

日本では飲酒運転の罰則に関して厳しいですが、アメリカではアルコールにより年間400万人亡くなっている中、大麻では誰も死んでいないと言われています。

大麻が最強な理由

大麻が何からできているか知っていますか?

アサからできています。このアサが最強なんです。

麻から出来る事
①服にもなる
②紙にもなる
③環境に良いバイオプラスチック
④バイオ燃料
⑤建築素材
⑥医療関係

また自閉症の子供が処方された薬だと効きが遅かったり、あるいは効かなかったりしていました。しかし大麻を使うと数分で効果が表れて落ち着くようです。

それ以外でも癌や精神病などと様々な病気にも効果があると言われていますが、勿論合法でないと受けれない治療法です。

また放射能除去にも効果がありチェリノブイリ原発事故では活躍していたとの事です。

その為、福島の原発事故でも使われるべきという意見もでていましたが日本は大麻の取り締まりが非常に厳しいので無しになっています。

大麻は国や州によって合法の場所があります。

完全合法
・ワシントン州
・コロラド州
・スペイン
・ウルグアイオランダ
制限付き合法
他人を傷つけない限り罰しない
・アルゼンチン
・チリ
見込み合法
非犯罪化という言葉で濁している
・ポルトガル
・チェコ
・ドイツ
・デンマーク
・ジャマイカ
・ブラジル
・西オーストラリア州

これらの国や州によって合法の場所がありますが、そもそも大麻の凄い効果があるにも関わらず、何故ここまで違法になってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

大麻が違法になってしまった歴史

大麻は実は新石器時代までさかのぼります。

紀元前16世紀のエジプトでは大麻を医療目的として使用していたり、儀式で行う際には皆で吸ったりして神と繋がっていたらしいのです。

それから20世紀までは、大麻は医療品として大活躍していました。

しかし、20世紀になり一気に流れが変わりました。それは、合成医薬品の開発です。

確かに大麻は、医療目的として症状を緩和させたりする効果があるんですが、自然な物なので効果に差があります。

それに対して合成医薬品は強い薬なので副作用などのリスクはありますが、その分効果があるという事です。

結果、医者達は一気に大麻から医薬品へと切り替わりました。

そして1937年アメリカでは、マリファナ課税法が成立しました。

マリファナ課税法とは、大麻製品に対して課税する事で大麻を市場に流出させない為にできた法律です

何故大麻を市場から抹殺したいのか?

それは医療業界の時と同じように、大麻を使って紙や服を作るのではなくて林業と合成繊維を活性化する為だったと言われています。

どういう事かといいますと、化学製品製造会社が成長する為に大麻を排除するという事です。

ただ科学物質が地球にしている環境破壊をみるとどうなのかと思いますよね。

ちなみに麻は少量でも大量の紙を生産する事が出来ると事から環境を守る事ができます。

この同時期に大麻を吸っていた多くが、ラテン系や黒人が多かった事で人種差別の背景と絡めて、大麻を吸っている奴は悪い奴となり大麻を取り締まるようになりました。

大麻

このようなイメージが付いてきたのです。

そして日本にも戦後同じような考えがきてGHQの命令の元、大麻取締法が出来ました。

それまでの日本は伝統として大麻を嗜好品などとして使われていたのにも関わらず、一気にアメリカの主導の元変わっていきました。

時代が進むにつれて、ニコラ・テスラのように良い物は排除されてお金になる物が成長するという。

ただそれが環境や身体にどのような影響を与えているかわかりますよね?

まとめ

今までの大麻のイメージが少し変わったのではないでしょうか?

とはいえ日本は違法なので決して手を出さないように!!

それにしても、大麻などその物に対しては悪くない物が、扱う側が誤った使用をしている為に悪いイメージになってしまったと感じます。

あなたはどう思いますか?

スポンサーリンク
おすすめの記事