【必見】心理学で解く、恋をする理由とその仕組みについて!
スポンサーリンク

突然ですがみなさ~ん

恋してますかぁ~?

一度や二度、いやそれ以上に恋をした事があるのではないでしょうか?

人を好きになってドキドキして幸せを感じたり、そして失恋して絶望に苛まれたりと、恋は盲目とよくいったものですね!人を好きになる気持ちは自分ではコントロールできない感情です。

恋を英語で「CHEMISTRY」(化学反応)と言います。

様々な要因が重なり作用しあって好きという感情が生まれています。

そもそも何故人は恋に落ちるのか?そして人それぞれタイプが違いますが何故このような事が起きるのか?

詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

人を好きになる理由とは?

人を好きになるという事を研究する学問の中に、進化心理学があります。

進化心理学の研究によれば人を好きになる事は、子孫の繁栄と密接に関係しているのです。

全ての生き物は、子孫を残して自分の遺伝子を反映させようとする本能が元々備わっています。

その為もしも繁殖をしなかったら生物は絶滅してしまいます。

ここで疑問が残ります。

人を好きにならなくても、妊娠して子供ができればOKと思いますか?

この問いに対しての答えは、「NO」!

何故か!?

あなたは好きでない人の子供を「産みたい」「育てたい」と思いますか?

多くの人は、好きな人との子供ならと思いますよね。

子孫を産み、育てる事を人類にさせる為に「誰かの事を好きになる」という感情が生まれたといいます。

心理学で解明

人は、相手から好かれている事がわかると自分もその人の事を好きになってしまうという事もあります。

これは男性より女性の割合が多い事が明らかになっています

例えば、今まで何も意識していなかったのに急に告白されると、それ以降意識していくようになり、だんだん相手の事が気になり始めていきます。

あなたもそんな経験があるのではないでしょうか?

好きになる理由を、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

好きになる心理

①生理的に興奮している時
・心理的や生理的に興奮状態にある場合は恋心が生まれやすい。

②自信が低下している時
・自信がなく劣等感をもっている時や、ひどく落ち込んでいたり、病気などで自信を失っている時に、慰めてくれた人と恋に落ちやす。

③助けてしまう時
・普通は自分が困っている人に対して助けてくれる人を好きになってしまう。

しかし心理学では逆で、認知的不協和といいます。

これは、自分が誰かを助けているうちに人を好きになってしまう矛盾の事です。

その時に人は、この矛盾を解消する為にもともとその人の事を好きだったから助けたと考えるようになります。

④自分と似ている時
・趣味や考え、好みなどと。自分と同じような人生においての価値観が近い人を好きになる傾向があります。

⑤見た目に影響
・これは言うまでもなく人は美人だったりイケメンの人を好きになる傾向があります。

⑥褒めてくれる人
・人は自尊心を高めたいという欲求がある為、あいてが自分の事を褒めてくれる事によって直接欲求が満たされます。

結果自分を評価してくれる人を好きになります。

⑦頻繁に会う人
・電車などで毎日見かける人などいませんか?ある日突然その人がいない場合に「あれ?今日はいないな」と思う事があります。

人はこのように知り合いでもないのに何回も会っているうちに好きになってしまいます。

⑧秘密を打ち明けた時
・人は、今までの人生や感情などの秘密を打ち明けた時にその相手を好きになる傾向があります。

これを自己開示と言いますが、相手がもし秘密を打ち明ける事によってお互いが親密な関係に発展していく事が非常に多いです。

初めての人に突然重い話を突然すると相手が逆にひいてしまう場合があるので気をつけましょう。

好みの顔がある理由

人が好きになる時にタイプなどありますが、そのタイプはいったい何故か?

心理学的に、最初に異性を意識した人の顔が後々にタイプになると言われています。

これは小鳥のヒナが最初に見たものを親と認識する「インプリンティング」に似たような事が人に起こっているのです。

その他にも、その人の育ってきた環境や現在置かれている環境による事も大きいとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事をご覧になって、「そういえば自分も経験がある」と思った人もいるのではないでしょうか。

恋をする事によって、人は自然と笑顔になり幸せホルモンを分泌る事により、外見も内面も素晴らしく良くなります。まさに良い事づくしですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事