【衝撃】俳優が次々に死んでしまう「呪われてた映画」が実際に存在!

どうもこんにちは

今回紹介する記事は、ハリウッドで実際にあった恐怖の映画についてです。

これら問題の映画は、出演者関係者相次ぐ死亡事故が起きています。

この呪われた映画の真相とは?

スポンサーリンク

史上最悪の映画「Atuk」とは

映画Atuckは1963年にカナダのある作家が書いた小説が原作です。

そして、1980年代初頭に映画版「Atuck」の脚本が完成!

内容は、アラスカに住む原住民イヌイットの集団がニューヨークに移り住んで生活習慣の違いからニューヨーカーとイザコザが起きるという内容になります。

この映画は一見シリアスな映画だと思うかも知れませんが、実はこの映画はコメディー映画だったんです。

しかし笑える映画のはずが製作過程でとてつもなく恐ろしい事件多発しいたのです。

最初の悲劇

当時トップコメディアンだったジョン・ベルーシに降りかかりました。

まずベルーシのもとに出演のオファーが届き出演を了承します。

しかし、撮影準備に入った時に薬物の大量投与が原因で33歳で亡くなってしまいます。

実はこれ非常に不可解で、死因は自殺との事のように思いますが出演を了承している事は、その時点ではかなり未来志向で生きていたという事です。

つまり、詳細は未だ謎に包まれていますがそもそも自殺する精神状態の人は映画の出演を了承するはずもないので、ベルーシの死はかなり謎の包まれた死です。

そして、ジョン・ベルーシの死後代役の必要が生じた為、当時非常に有名だったサム・キニソンをオファーしました。

しかし、撮影が始まった時に今度はサム・キニソンがスタジオに向かう途中に交通事故で亡くなってしまいます。

次々に起こる悲劇再び

数年後、ある俳優に出演オファーが届きます。

その人は、ジョン・キャンディです。

あのホームアローン出演していた有名な俳優でした。

ジョン・キャンディも「Atuck」の出演を了承しています。

その後1994年に就寝中の心臓発作で43歳という若さで亡くなってしまいました。

更にジョン・キャンディーの友人であり脚本家であったマイケル・オドノヒュー脳出血で亡くなってしまいます。

このように呪われているとしか考えられない不思議な怪現象が続いた為に、映画の製作は打ち切りになりました。

しかし数年後、この作品を再び製作を開始するという話が出てしまいます。

今回は俳優クリス・ファーレーにオファーが届きますが・・・。

なんと、またも薬物の大量摂取で亡くなってしまいます。

この呪われた「Atuck」は再び製作は打ち切りになります。

 

 

しかし

 

 

またしても製作打ち切りだった「Atuck」の製作の話が・・・。

同じ過ちが繰り返されるかもしれないのは予想はつきますが製作は開始されてしまいます。

今度は、フィル・ハートマンにオファーが出されますが、過去の事件を知っていたので当然出演を断ります。

しかし出演をしつこく頼まれた為に、結局出演を了承してしまいます。

 

あなたはフィルはどうなったと思いますか?

 

そうです!やはり亡くなってしまっていたのです。

フィルは妻と喧嘩になり口論の末激情した妻によって射殺されてしまいました。

それ以降この映画は、完全にお蔵入りになりました。

これら度々起こる死亡事件ですが、それに負けず劣らず恐ろしいのは度重なる打ち切りにも関わらず製作が再開されてしまう事です。

それはまるで誰かが犠牲者を増やす事を望んんでいるようです。

スポンサーリンク

人骨が使われた映画「ポルターガイスト」

この映画はスティーブン・スピルバーグが製作と脚本を担当して「悪魔の生贄」のトビー・フーパーが映画監督を務め大ヒットしたホラー映画「ポルターガイスト」も衝撃の事件があったのです。

実はこの映画「Atuck」と同様出演者が次々と亡くなっていたのです。

この映画は、墓地の上にある新築の家に引っ越してきたある一家が次々と恐ろしい霊現象を経験していくホラー作品です。

これはシリーズ作品で合計三作品が公開されていますが、なんとその全てで出演者が不可解な死をとげています。

一作目で長女ダナ役のドミニク・ダンは自宅で恋人に絞殺

二作目は、ケイン牧師役のジュリアン・ベックは映画の公開を待たずに胃がんで死亡

更に、テイラー役のウィル・サンプソンは公開翌年に腎臓疾患で死亡

このように全てのシリーズで度重なる不可解な死ですが、この作品にまつわる怪現象で本当に恐ろしいのは別にありました。

本当の恐怖はここから・・・。

子役のヘザー・オルーク第三作の「ポルターガイスト3」の撮影直後の1988年2月1日に、12歳の若さで亡くなってしまいます。

 

その時の状況が奇妙で不気味な物だったのです。

 

まず彼女が亡くなる6年前の1982年にポルターガイストの第一作目が公開されましたが、この作品の中で子供の寝室に・・・・。

何故か1988年開催のアメフトの大会第22回スーパーボールのポスターが壁に貼られていたのです。

そして時代が追いつき1988年1月31日、第22回スーパーボール開催されます。

まさにその日に子役ヘザー・オルークは救急車で運ばれて翌日に搬送先の病院で亡くなってしまいます。

映画ポルターガイストは主人公達が心霊現象に襲われる作品ですが、その内容と同じようにこの製作に携わった人間にも霊の魔の手がしのびよっているのではと言われています。

三作もの人気シリーズだったのにも関わらずその後続編は製作中止になってしまいました。

何故この作品は霊に憑りつかれてしまったのかについて衝撃の事実が判明しました。

それは、撮影で使われていた小道具に本物の人骨が入っていたのです。

この作品の指揮を務めたスピルバーグは、「悪魔の生贄」というホラー映画に惚れ込んでいました。

その悪魔の生贄では、骨を使用するシーンがありますが、ここでは本物の人骨を使用する方法が採用されていたのです。

そして、スピルバーグはこの手法をポルターガイストにも適用する事にしました。

結果、この映画の関係者は呪われる事になってしまいました。

恐らく人骨の本来の持ち主の霊が憑りついてしまったのではにでしょうか・

スポンサーリンク

悪魔の映画「エクソシスト」

1973年にアメリカで製作されたホラー映画エクソシストですが、この映画の題材は悪魔です。

簡単に説明すると、とある少女に憑りついた悪魔とその悪魔をとりはらおうとするキリスト教父との戦いを描いた作品です。

本作は当時、ホラー映画では珍しくアカデミー賞を受賞した歴史に残る名作です。

この作品は、ウィリアム・ピーターブラッディ作「エクソシスト」を基に製作されたものだったのです。

そして、この小説は実際に起きたメリーランド悪魔憑依事件を基に執筆されたものでした。

メリーランド悪魔憑依事件が起きたのは、1948年アメリカ合衆国メリーランド州コッテージシティで自称霊媒師の死後、その甥である14歳の少年が悪魔に憑りつかれた事から始まりました。

少年は喚き声をあげるなどの異常行動をし、その体には文字が浮かび上がる怪奇現象が多発していました。

更に、その少年の周りでポルターガイスト現象も起こり始めていました。

そこで少年の父は神父に悪魔祓いを依頼します。

その後2ヶ月にも及ぶ約30回の悪魔祓いが行われていて、そのお陰で少年は平凡な生活を取り戻す事に成功するといった内容になります。

恐怖のエクソシスト

このエクソシストは、なんと映画内で死ぬ事になる役を演じた役者や映画関係者を含む9名の人間が撮影から公開直後の間に相次いで死亡しているのです。

更に、この9名の死亡事故以外にも不可解な現象が続いていました。

この映画の撮影中には、原因不明の火事が起こりましたがその火事の影響で主人公リーガンのベットルーム以外にインテリアセットなど映画のほとんどのセットが焼け焦げてしまいました。

また、撮影テ―プに不自然な音声が紛れ込んでいるなど怪奇現象が続いていたのです。

これら全ては噂話ではなく当時のキャストが証言したものです。

つまり、本当に起きた事だったのです。

この一連の事件によって映画「エクソシスト」は結果的に悪魔の存在を世界中に知らしめてしまう恐ろしい映画だったのです。

まとめ

俳優が次々に死んでしまう「呪われてた映画」についていかがでしたでしょうか。

私達が知らない恐ろしい世界が、本当に存在しているかもしれませんね。

もしも、あなたにAtuckなどの出演オファーが来たら絶対に断りましょう!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事