万能人と呼ばれた天才 レオナルド・ダ・ヴィンチ
スポンサーリンク

人類史上最も多才な人物だと言われている「レオナルド・ダ・ヴィンチ」数多くの分野での功績が讃えられ「万能人」と言われるほど才能に恵まれていました。

一体どんな人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

レオナルド・ダ・ヴィンチの生い立ち

生誕:1452年4月15日
死没:1519年5月2日(67歳)

1452年、イタリアのアンキアーノ村で生まれ(フィレンツェの西にある小さな村)。5歳から隣のヴィンチ村に移り住みました。

ヴィンチ家は13世紀より続くヴィンチ村では、その名の通った血筋で、父セル・ピエロ・ダ・ヴィンチは公証人を務め家は裕福でした。

私生児でしたが、その為に不遇のもとに育てられという事なく、父や家族に可愛がられていたそうです。

幼少期は自然と共に暮らしていました当時から左手で「鏡文字」を書いたと言われております。

14歳前後で、フィンレンツェに移り、画家見習いとしてアンドレア・デル・ヴィロッキオの工房に弟子入りし、本格的な絵画の修業をスタートしました。

その後「万能人」への道を駆け上がっていきます。

レオナルドが20歳の時に、師のヴィロッキオの「キリストの洗礼」という作品の助手を務めていました。

作中の天使の絵を担当していましたが、師のヴィロッキオが余りにも素晴らしく仰天してしまい、弟子であるレオナルドにはかなわないと思い、筆をおろしました。

画でも有名ですが、実は20点ほどしか作品は残されていません。

しかもその多くは未完成のままといわれています。

「モナリザ」・「最後の晩餐」も未完成言われています。

万能人と呼ばれた所以

医学、工学、建築、思想、哲学、数学、天文学、などのあらゆる分野で研究を行っていました。その証拠は莫大なノートにまとめられていました。

例えばヘリコプターやグライダー、潜水艦などのアイディアが書き留められており。

自動計算機やロボットのアイディアもありました。そ

の他数えきれないほどのアイディアがあり「万能人」と言われた所以です。またこれらの発見はかなり遅れていました。

理由は、なんとノートに書かれた文字が左右が反転しており、右から左へと書かれいて、鏡で見ると正しく見える「鏡文字」だったからです。

スポンサーリンク

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」代表作

「最後の晩餐」

30歳から47歳の間はミラノで活動していました。

最も有名な「最後の晩餐」はこの時期に描かれたものです。

フレスコ画にレオナルドオリジナルの工夫を加えて描かれたものでした。

本来のフレスコ画の方法ではなく、「乾いた漆喰の上に乳化剤の膜を作り、その上に書く」といった方法を行い。

結果この方法は、相性が最悪で「最後の晩餐は」は「最も損傷の激しい絵画」という不名誉な点でも有名になりました。

「モナ・リザ」

51歳頃数年の歳月をかけて、描かれた人物像です。また「モナ・リザ」という名前は本人によるものではなく、後世に便宜上に名づけられたもの。

「モナ」とはイタリア語で「婦人」という意味です。

有名になったのには理由があります。

それは、色の境界線が分からないように柔らかく描く技術もさることながら、ここまで有名になったのには、19世紀のイギリスの作家ウォルター・ペイタ-が著者「ルネサンス」の中でべた褒めし、その「ルネサンス」を、「黄金の書」だと、後世のオスカー・ワイルド(小説家、詩人、劇作家)が絶賛した事から「モナ・リザ」が後々有名になっていまにいたります。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

有名な「モナ・リザ」が未完成だったり、「鏡文字」など使い謎解きなような感じですね。

絵画以外にも、芸術や才能がある偉人は、少し私たちと発想がちがうように感じます。

人間には底知れない力があると感じてきますよね?

100年500年先今の私たちの知っている人が未来では有名人になる人が、何人いるのか知りたいと思ってしましました。

スポンサーリンク
おすすめの記事