【必見】やるべき事を後回しにしない、最も効果的な方法とは?
スポンサーリンク

この記事をご覧になっているという事は。

例えば勉強しようと思っても1時間や2時間かかったり!

起きようとしても、疲れているから・寒いからと言い訳をして何度も2度寝をしたり!

常日頃からやるべき事を後回しにしてしまって後悔している人ではないでしょうか?

そんなあなたが、この記事を読み終えた時には後回しの日常生活からおさらばする事間違いないでしょう。

でわ早速詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク

5秒の法則とは?

アメリカで最も成功している大富豪者のメルロビンスが提唱したものです。

これは、脳は5秒以上立つと行動を起こす必要がない事や言い訳を無意識に作るという法則です。

例えば、目覚ましが鳴って「起きないと」でも「眠い」という時に、5秒以上迷っていると!

「昨日遅かったしな」や「最近疲れている」などと脳が言い訳を勝手につくりだしてしまいます。

よって脳が言い訳をつくる前に行動をするのが大事なのです。

3秒ルールをみなさんは1度は聞いた事あるのではないでしょうか?

食べ物を地面に落としても3秒以内なら問題ない!!

違いますよ!!(笑)

これは非常にシンプルなルールで、何かやらなければいけない事を思いついたらその場で!

3

2

1

とカウントダウンを始め0になった瞬間に勢いよく、行動を始める物です。

起きないと!

3

2

1

起き上がる!

勉強しなきゃ

3

2

1

机に向かう。

というような感じです。

この方法の良い点は、行動を起こす辛さが限りなく小さくなる事です。

人が1番辛いのは、迷っている時です。よって迷っている時間が長ければ長くなるほど、やる気はなくなってきます。

1時間もダラダラと迷っているよりも、3秒後にスパッと行動すれば。辛いのは3秒間だけですよね?

また3秒ルールとして重要なのが、最小ステップを行う事です。

例えば携帯見ながら勉強する事を迷っている時、3・2・1机に向かうではなく。

3

2

1

良し携帯の電源を切ろう!!

3

2

1

机に向かってノートを開く!

というように勉強をしようしようと意識せずに、3・2・1とりあえず机に向かっていこうというテンションで行う事がコツです。

3秒ルールの習慣化

後回しにしてきた人は、毎日やらなければいけない事!

洗濯しなきゃ・皿あらわなきゃ・ゴミ捨ていかんきゃ・勉強しなきゃ・などなど日頃から後回しにしている、やる事がどんどん溜まって憂鬱な気分になり行動なんて起こせなくなりますよね。

POINT
やるべきことを溜めない事。

この3秒ルールが習慣化すると自分に自信がつきます。

自分でやるといった事をすぐに行動にうつす事が習慣になるからです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んで頂いたあなた!今からやるべき事がある時には?

3

2

1

とカウントを始めて行動していき、今までの自分自身の習慣とあさらばしましょう!!

スポンサーリンク
おすすめの記事