スポンサーリンク

サイン。
コサイン。
アインシュタイン(笑)。

今回紹介するのは、未来にも受け継ぎたい偉人!!

みなさんは、一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

アインシュタイン!

この人が提唱した特殊相対性理論・一般性相対性理論については、あまりにも有名な話です。

今回は、アインシュタインが提唱した内容を誰でも分かるように解説していきたいと思います。

「みなさ~ん」

「ついてきてくだサイン

コサイン

アインンシュタイン」←しつこいかっ!(笑)

★それでは偉人の世界へGO★

スポンサーリンク

アインシュタインとは?

名前:アルベルト・アインシュタイン
生誕: 1879年3月14日
死没: 1955年4月18日(76歳)
出身地:ドイツ(ヴュルデンベルク)

生まれた出身地がドイツです。しかもユダヤ人でした。

あの有名な独裁者アドルフ・ヒトラーと同じ時代に生きた偉人です。

アインシュタイン。人とは違う 5選

①大学受験(チューリッヒ工科大学)失敗。
好きな分野には、貪欲に勉強していたが、他は全く勉強していなかった。

驚きなのが、数学と物理の点数では受験者の中で最高得点でした。

②靴下を履かない。
靴下を履くと、親指に穴が開くため履かなかった。自分のサンダルがない時は、妻の女性用のサンダルを履いていた。

③一般人と違う脳。
通常の脳は、右左の脳はわかれていて、左脳・右脳といって役割分担が違います。

アインシュタインは右左の脳の溝が通常の人に比べて浅い。

④グリア細胞が一般人より異常に多い。
グリア細胞は、神経細胞をを活発にしダメージを受けた時に修復する機能があります。

またグリア細胞は、記憶や学習に関する脳の働きに関係している可能性がある。

⑤脳の研究が40年以上研究されている。
ここまでの天才がなぜ生まれてのかを調べる為に、家族の許可を得ずに脳の解剖と研究を行われていた。

スポンサーリンク

アインシュタインは何が凄いの?

<特殊相対性理論>
・26歳の時に発表。
・光の速さは不変で変わらず、時間や空間は観測者によって違う事。
・光速に近づくと、空間が縮む。
・光速に近づくと、時間の流れが遅くなる。
・光速に近づくと、質量が増える。(有名な式→E=mc2

<一般性相対性理論>
・37歳の時に発表。
・重力により、光の進路は曲げられる。
・重力により、空間も曲げられる。
・空間の歪み=重力

質量が非常に大きい物質は、とてつもなく大きな空間を歪ませてしまう。

その質量によって光も脱出できない状態になる。

ブラックホールがまさにその状況です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
アインシュタインが、何もない所から発想し、そして発見をした事の凄さが、分かったのではないでしょうか?
新しい発見と発想をする人は、まさに天才と言えます。

そんな天才の、アルベルト・アインシュタインは未来にも受け継ぎたい偉人ですね。

そして時を同じくしてもう一人の天才がいました。その名はニコラ・テスラ

・好きな人と一緒にいる時は?
→時間は短く感じる。

。コンビニの店員がお客さんがこなく暇な時は?
→時間が遅く感じる。

以上。(笑)

スポンサーリンク
おすすめの記事