【必見】肝臓の異変に、いち早く気付く事が出来る10のサインとは?
スポンサーリンク

肝臓といえば、あなたの臓器の中でも最も正直で最も働き者です。

肝臓は定期的に有害な毒素を身体の外に排出する大変な役割をはたして、あなたの体の他の臓器がきちんと機能するようにしてくれます。

また肝臓は、毒素を排出するだけでなく医学書には500もの機能が記載されています。

そんな重要な役割をしている肝臓が助けを求めるサインを見抜く方法を紹介していきたいと思います。

それでは早速詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

「肝臓の異変」その1 肝臓の周辺の痛み

腹筋の右上のあたりの痛み肝臓に問題があるサインかもしれません。

アメリカ肝臓財団は、肝臓がなる可能性がある疾患を100個上げています。

いくつか遺伝的な原因もありますが、その他は肝臓に悪影響のある飲酒や特定の薬の使用が原因であるとしています。

肝臓のあたりで感じる痛みは基本的に鈍いですが時にそれは非常に激しくなる事もあります。

肝臓の機能は毒素を排出する事だけではなく、体の中に取り入れた食材を消化して自然の物質に変えている事を忘れてはいけません。

肝臓が何かの病気になっていると機能が正常に行われず腫れて痛みを伴います。

これは体が毒素を排出できていないと表しています。

「肝臓の異変」その2 足やくるぶしの腫れ

あなたがもし肝臓の問題を放置したら、肝臓は自分でその問題を解決しようとして、細胞組織を傷つけてしまいます。

傷ついた細胞が増えると肝臓が正しく機能できなくなり、肝臓内の血流の遮断を起こしかねません。

これは肝臓の血管内が高血圧状態に陥り足の必要以上の血流が流れる事になります。

これを専門用語で「浮腫」といい不幸中の幸でこれは痛みを伴わなく、主に足やふくらはぎ、太ももに現れます。

これらの腫れが下半身の現れやすい理由は、単純に重力が関係しています。

スポンサーリンク

「肝臓の異変」その3 体重増加

ダイエットやエクササイズを始める人が年々増え続けています。

それでも体重の悩みを抱えている人は後を絶ちません。

もし食べ過ぎたり、体質以外で体重が不自然に増えている場合は行きつけの病院で肝臓を見てもらう必要があります。

なぜなら飲酒や甘味料、脂肪分の多い食材や特定の薬などから発生した毒素に肝臓が対応できていない可能性があるからです。

そうすると分解されていない毒素は脂肪細胞にどんどん蓄積されていってしまいます。

とにかく毒素が脂肪細胞にくっつくと働きすぎの肝臓を休めて上げる以外に痩せる方法はないといっても過言ではありません。

「肝臓の異変」その4 食欲減退

食欲がなくなると聞くと、やせたいと思っている人にとっては夢のような話に聞こえるかもしれません。

だからといって甘い物や脂っこい物の誘惑を我慢できるという意味ではないです。

しかも、食欲がなくなるというのは冗談では済まされない状況なのです。

吐き気や体重の減量を伴った食に対する興味の薄れは、肝臓疾患の初期症状であるといえます。

初めの症状は、ほとんどインフルエンザのようなものが現れますが、それが悪くなるいっぽうで回復する事はありません。

毒素の排出が機能できなくなった肝臓は消化機能にも影響を及ぼします。

これは説明のつかないようなひどい嘔吐の原因になります。

もし、ここにあるような症状が現れたらためらうことなく病院へ行ってください!

「肝臓の異変」その5 慢性的な口臭

食べ物の中には、食べると口臭がきつくなると言われているものがいくつか存在します。

にんにくなどを食べた時の口臭というのは、一時的なものなのでガムやミントなどを食べる事で簡単に調節できます。

この恥ずかしい症状を引き起こす深刻な原因が他にも存在します。

慢性的な口臭は、あなたの口の中だけで起こっていると思いがちですが、実はその通りですがそうじゃないんです!

体の構造は大変複雑で、全ての臓器がどこかしらで相互に連結しているものです。

あなたの口から入ったバクテリアは、ずっと体の中を巡って消化器官まで行き、消化活動や新陳代謝に問題を引き起こす原因になります。

口臭は逆に、あんたの胃や肝臓で何か問題が起こっている可能性を示しています。

肝臓疾患が原因の口臭には、「肝性口臭」という言葉が存在するぐらいです。

通常、肝臓が不健康な場合、肝性口臭は他の症状よりも先に発症するので無視せず対処するのがとても大切になります。

「肝臓の異変」その6 アレルギー

肝臓の働きが鈍っていたり、働き過ぎているとアレルギーが発症する事があります。

血流の中に大量の物質が流れ込むと、脳がそれをアレルギーの原因だと認識してしまい抗体物質やヒスタミンなどの化学作用物質を放出し、その結果痒みを伴う発疹を引き起こすのです。

慢性的な口臭と同様、痒みも通常肝臓がダメージを受けると他のもっと深刻な症状が出る前に現れる症状です。

アレルギー反応は特に手の平と足の裏に出やすく、夕方から夜にかけてひどくなりやすいです。

一方健康的な肝臓は、血液の中に流れるアレルギーの原因になりうる有害な分子を排除する事ができています。

「肝臓の異変」その7 肌や白目の黄ばみ

白目や肌が黄色く変色していることは黄疸(おうだん)と言います。

黄疸そのものは病気ではありませんが、重い病気になっている可能性の現れです。

通常肝臓が疾患に陥ると、ビリルビンという色素を蓄えすぎてします為に発症します。

このビリルビンは、肝臓内で死んだ赤血球によって構成される黄色い色の色素です。

古い赤血球を持つビリルビンを排除できなくなった肝臓では、色素が蓄積されて黄色くなるのです。

「肝臓の異変」その8 濃い尿

これは黄疸による作用の1つです。

白目や肌が黄色くなるのと伴に濃い色の尿が出ると言う事は、体の中のビリルビンが大量に生成されてしまっているという事なのです。

あなたの腎臓は、どんな色の尿であろうと事前に体の中の水分を排出する働きを休むことなく行っています。

なので精尿作業の間にこれが流れてくると驚くほど濃い色になってしまします。

濃い色とは、暗いオレンジ色やこはく色、またコーラのような茶色の事です。

食べる物や飲んだ物によって少し色のついた尿が出たとしても心配ありません。

しかし、色が変化したままのようなら病院にいく理由は十分にあるでしょう。

濃い尿に加え、血便が出るようなことがあれば他にも問題が発生している可能性がありますのですぐに病院にいきましょう。

「肝臓の異変」その9 アザができやすい

傷やアザといった外傷はその都度様々な場所で出来るのもで、特に不器用な人には覚えがあるかと思います。

もしあなたが、他の人よりも簡単にアザが出来るようなら笑いごとではありません。

寧ろ肝臓に重きを置いた検査に行く十分な理由になります。

アザは血管が肌の中で負傷した事で起こりますが、健康な肝臓であればタンパク質を生成する事ができるので、その負傷箇所を繋ぎ止める事ができます。

しかし、タンパク質を生成する機能が低下してしまっていると、血管は弱くなってしまいアザや傷ができやすくなってしまいます。

「肝臓の異変」その10 慢性的な疲労

ほとんどの人が、継続的なストレスと目まぐるしい生活習慣に囲まれた日々を送っていることと思います。

しかし、生きているというよりはゾンビのような気持ちが続く場合、これは単純に働き過ぎだけでなないかもしれません。

慢性的疲労症候群は、インフルエンザの症状に大変似ている病気で6ヶ月以上継続的に症状が現れないとこの病気であると診断されません。

この原因の背後には、肝臓があるんです。

肝臓は体のエネルギーを源に大きく貢献してくれており、健康な肝臓はグルコースを食事と食事の間や、身体が栄養やエネルギーを必要としている時に放出します。

しかし、病気の肝臓にはこのグルコースを生成する事が難しく蓄える場所もほとんどなくなっています。

まとめ

肝臓の異変に、いち早く気付く事は出来る10のサインについていかがでしたでしょうか。

これらのように、肝臓の機能が弱まっている症状が出たからと言ってすぐにあなたの人生が終わるわけではないので覚えといてください。

肝臓は自分で再生できます。

科学者達は、肝臓の機能を向上させる自然素材がいくつもあるといっています。

その中であなたもすぐに開始できる、肝臓を活性化させる飲み物についての記事 も一緒にご覧ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事