【衝撃】ガンツ「GANTZ」としか思えない、実際に起きた事件とは?
スポンサーリンク

どうもこんにちは

映画化もされた大人気漫画「ガンツ」の冒頭では、主人公達が線路に落ちた酔っ払いを助ける為に線路に降りた所を電車にひかれてしまった。

と思いきや主人公たちは別の場所に転送されていたというエピソードがありますが、電車にひかれた者が忽然と姿を消してしまう信じがたい現象が現実世界でも起きているんです。

今回は、まか不思議な通称「GANTZ事件」についていくつか紹介していきます。

わ、

スポンサーリンク

「GANTZ事件」その1 御徒町駅

1996年10月16日東京都台東区にある御徒町駅で、女性が列車に向かって飛び込んでいる姿が目撃されました。

しかし、周辺には血痕や肉片また女性の姿が見つからないといった事態となり当時は大事件として多くのメディアに取り上げられました。

この事件について、一説では線路の外に弾き飛ばされたのではないか?また幽霊だったのでは?との声もありました。

実際に多くの目撃情報が存在しまたそのほとんどが「若くて首の長い女性が飛び込んでいた」と同じような特鋼を上げて証言していたのです。

また事件後にある雑誌記者が御徒町の駅員に対して、電車に飛び込んだ女性に対して尋ねると・・・・・。

よく出るんです・・!!

といった意味深な返事が返ってきたとの事です。

そういった発言から、やはりこの女性は幽霊だったのではないかと推測されました。

しかし事故報告書によると「接触したと思われるお客様については確認が取れておりません。」との記載があります。

やはり生きている人間が飛び込んでいった事自体は事実だったと言えますが、消えた女性の姿は今もなお発見されたという報告はされていません。

この事件は「消えた人身事故」と言われています。

「GANTZ事件」その2 西荻窪駅

2010年5月8日東京都杉並区にある西荻窪駅で停止する直前の電車を目の前に、ホームにいた男性が転落しました。

現場には金属音のような大きな音が響き渡ったとの事で、その場に居合わせた誰もが人身事故だと確信しましたが、ひかれたはずの男性の姿がみつかる事はありませんでした。

しかし、男性を撥ねたはずの列車の車体には人と接触したような跡がはっきりと残っていたのですが、何故か転落したとされる男性の姿だけが発見されないまま事故の真相は未解明になっています。

かなりこの事件は不可解な事件です。

スポンサーリンク

「GANTZ事件」その3 南鳥海駅

2014年11月15日山形県酒田市にある南鳥海駅で、貨物列車を運転していた運転手が女性が飛び込んでくる姿を目撃し列車を急停止するという事件が起きました。

しかし、周辺を確認をした所女性の姿は見つからず、その後の警察の捜査でも事実的な証拠が確認できませんでした。

また目撃者は運転手のみといった点や飛び込んできた女性の特徴がおおよそ60歳前後で、白い服を着用していたという点から、運転手が疲れていただけではないかや幽霊だったのではないかと様々な憶測があります。

そして、その運転手は飛び込んできた女性を視認したのみならず、確かに異音がしたと証言を残しましたが結局十分な証拠がない為に今での謎に包まれています。

「GANTZ事件」その4 泉大津駅

南鳥海駅の事件の起きた翌日、2014年11月16日にも大阪にある泉大津駅で事件が発生しています。

事件発生時刻は午後4時頃で、泉大津駅を通過途中の特急列車に向かって女性が奇声をあげながら飛び込んできた事から、走行中の列車は緊急停止。

また一部の情報によると電車が急停止した直後に線路で女性がうずくまっている姿が目撃されています。

その後、女性は「飛び降りたんや」といった言葉だけをいいのこしそのままホームに向かって這い上がっていきました。

さらに女性が改札を強行突破して逃げて行った情報もあった為、「変なおばさんの奇行?」だとも思われてもいました。

しかし線路内の地面からホームまでは約120センチ近い高さが設けられている為、簡単に這い上がれる高さではなかったのです。

また女性が逃げて行った目撃情報をもとに周辺に設置された防犯カメラの確認や事件の捜査を警察が行ったもののそれらしき人物は見つかっていません。

ただ運転手は勿論の事、ホームにいた駅員や乗客と言った数多くの目撃情報があるので幽霊説はあまり濃厚ではありません。

女性は今何処に・・・・。

「GANTZ事件」その5 茅ヶ崎駅

2015年6月2日神奈川県茅ケ崎市にあるJR茅ヶ崎駅の線路内に、子供が一人で遊んでいるところをホームにいた同線利用者が目撃通報しました。

そして、走行中の列車が緊急停止するという事態が起きました。

しかし、その後列車付近を捜索したものの子供の姿は全く見当たらず、線路近くに設置された監視カメラにもそれらしき人物の姿が見えませんでした。

また2年前の2013年6月2日に茅ヶ崎では人身事故によって亡くなった子供がいたという情報もあり当時事故にあった子供の地縛霊なのではとも噂されています。

こうした霊的現象から起こった事故であると推測されているにも関わらず、多くの目撃情報が残されている事から謎が深まっていくばかりです。

「GANTZ事件」その6 武蔵小金井駅

2019年3月25日東京都にある武蔵小金井駅にてGANTZ事件が起こったとされています。

これも泉大津で起きた事件と少し似ていますが、小金井駅を通過する特急列車を運転していた最中に運転手が、線路内に座り込む男性の姿を発見した事によって急停止しています。

しかし、線路内に男性の姿はなくその後運転が再開されたそうです。

また人身事故が起きたとされる約1時間後に隣の駅で「私が止めた」と話し何事のなかったかのようにさっていった情報もあります。

もし隣の駅で姿を現した男子の証言が事実なら、線路内に侵入し運転を妨げる行為は列車従来危険罪に認定される為、当然列車を止めた時にその場にひきとめられています。

列車従来危険罪
従来危険罪(刑法125条1項)鉄道もしくはその標識を破損し、またはその他の方法により、汽車または電車の従来の危険を生じた者は、2年以上の有期懲役に処する

まとめ

ガンツ「GANTZ」としか思えない、実際に起きた事件についていかがでしたでしょうか?

実は人身事故で人が消えてしまうといった不思議な現象は今回の内容以外にも数多く発生しています。

そして、その度に幽霊説や勘違いだとの憶測があります。

しかし実際に列車を運転する人いわく、運転中は小さな小石を踏んだだけでも気付くそうなので運転手自身が人をひいてしまったという勘違いは考えにくいです。

真相はいったい・・・・。

スポンサーリンク
おすすめの記事