ガリレオ・ガリレイの発見した事について
スポンサーリンク

ガリレオ

この名前は一度は耳にした事がありますか?

それでも地球は動いている」とつぶやいた事は有名なはなしです。

しかし数々の歴史上における有名人物ですが

名前は知っているけど。。。。

いったい何をした人。。。?

と思っている人も多くいると思います。

そんなあなたの為に今回、歴史上の有名な人物である「ガリレオ」について、彼はいったいどんな人物で何をした人なのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ガリレオとは?

名前:ガリレオ・ガリレイ
生誕:1564年2月15日
死没:1642年1月8日(77歳)
出身地:イタリアのピサ

イタリアの物理学者であり他にも、天文学数学者であります。

彼は実験結果を数学的に分析する手法をもちいて様々な発見をしています。

ガリレオの発明・発見【8選】

落体の法則
・自由落下の落下距離は、経過時間の2乗に比例する。

・落体の法則を確かめる為、ピサの斜塔から重さが異なる2つの球を落下させ確認。

当時、重い物体は軽い物体より早く落下するとの考えでしたがガリレオの実験によって間違っていたことが判明します。自由落下する物体の落下速度は、物体の質量に依存しない。

振り子の特時性
・振り子が左右に揺れ次第に止まりますが、振り子が往復する時間は変わらない。

・振り子が大きく揺れても小さく揺れても往復する時間は同じである。

相対性原理
・等速運動をしている物の中では同じ運動の法則が成り立つ。

・走っている電車の中でボールを落としても真っ直ぐ下に落ちる。電車の外から見ている人は、進行方向に進んで落ちているように見える。

慣性の法則
・物体に外部からの力が加わらなければ物体はその運動状態を保とうとする。

放物線落下の法則

木星の衛星の存在を発見
・木星の衛星を観察している時に目印に海王星を発見していた。

望遠鏡の発明
・望遠鏡によって、太陽の黒点月面クレーターを発見

スポンサーリンク

ガリレオ裁判

ガリレオは地動説を唱えた事によって、ローマ・カトリック教会によって有罪判決になります。

理由は、地動説は、母なる大地が自ら勝手に動き出し、それが父なる神を象徴する太陽を没落されるという意味であると感じて、自らの支配を危うくする母権宗教の復活を感じた為です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今では常識である物理や宇宙の原則はガリレオによって多くの基盤や常識になっていますね。

今後さまざまな分野で、大発見がくる事をワクワクしながら待ちたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事