独裁者アドルフ・ヒトラーとはどんな人物?
スポンサーリンク

こんにちは。

平和ボケしている、よしむ~です。

違う意味での刺激がほしいと毎日過ごしております。

しかしながら平和が一番ですね。(笑)

今回紹介する人物は、歴史史上もっとも有名な人物

その名は、アドルフ・ヒトラー!!

いったいどんな人物なのか、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

アドルフ・ヒトラーとは?

20世紀最悪の独裁者と呼ばれるドイツの元首相です。

名前 アドルフ・ヒトラー
生誕  :1889年4月20日
死没  :1945年4月30日(56歳)
出身地:ブラウナウ・アム・イン

独裁政治になるまでは以下のような流れになっています。

1933年の1月30日、ワイマール共和国大統領ヒンデンブルクによって、ナチ党の党首アドルフ・ヒトラー当時(43歳)が首相になる。

1919年始まった「ワイマール共和国」は当時もっとも民主的な憲法と言われていたが、1933年のヒトラー政権の発足によって事実上崩壊しています。

なぜ独裁政治にできたのか?

民主的な考えから、どうして独裁的な国に変貌できたのか?

理由としてワイマール憲法48条に定められた大統領大権があります。

これを利用して合法的に民主主義を切り崩すことに成功しています。

ワイマール憲法48条によって徐々に独裁政治へ

国家が危機の事態に瀕した場合、大統領緊急令を発令して「必要な措置を講ずる」ことができると定められています。

ヒトラー政権はこれをつかって、ワイマール憲法が定める人身の自由や、言論、集会、結社の自由などの基本的な人権を停止。

その後、州政府への介入を強めたりし独裁基盤を強化していった。そして、大統領ヒンデンブルクの死により、一気に独裁政治への道を突き進んでいきます。

スポンサーリンク

ヒトラー政治により、囚人を残虐した収容所 5選

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

日々送られてくる被収容者の効率的な殺害の手段として「ガス室」を研究し
実際に使用したといわれている。
また被収容者をさまざまな人体実験として扱っていた。

ブーヘンヴァルト強制収容所

アメリカ軍によって解放されましたが、生き残っていた囚人たちも肉がほとんどなく骨と皮のようにやせ細っていた。

ヘウムノ強制収容所

ユダヤ人約45万人を絶滅する事を目的とした収容所。

ラーフェンスブリュック強制収容所

主に女性を収容していました。女性囚人を使って残酷な人体実験を行っていた。女性を切り刻んで、傷口からさまざまな培養液を注入する人体実験をおこなっていた。

ルブリン強制収容所

50万人以上の男女、子供が殺されていました。
ここのガス室には人々が限界まで詰め込まれたため、死亡した後も死体は直立したままであった。

ヒトラーは何故ユダヤ人を虐殺したのか?

狙いの一つとして、明確な敵を作る事によって、ドイツ国民を一つにする事。

また「優等生」=アーリア人こそがドイツを支配しヨーロッパを統一するべきと考え、「劣等民族」=ユダヤ人とし、迫害、国外に追放を行った。

ポーランドには200万人以上のユダヤ人が暮らしていたが、追放は物理的不可能だったため強制居住区「ゲットー」とし隔離。

その後、1941年6月にソ連に進行、ゲットーのユダヤ人をソ連などの東方に追いやろうとする。

しかし、上手くいかずに、追放・隔離ではなく、「処理」する事に方針を変え、アウシュヴィッツに代表される(絶滅収容所)が登場した。

ヒトラーの死因

1939年9月にドイツがポーランド領内に侵攻して始まったと言われている第二次世界大戦。

1945年には旧ソ連軍により崩壊寸前になっていた。

1945年4月30日、銃口を口にくわえた状態から拳銃自殺した説や青酸カリを飲んでから拳銃で頭をうちぬいたとされる説もあります。

まとめ

歴史史上もっとも残酷な大量虐殺をおこなったアドルフ・ヒトラーですが、最後は敗戦からの自殺で、とても罪を償う事は到底できない事をしましたが、結局最後はあっけなく幕を閉じました。

歴史上の有名な人物の最後はやはり、人でありあっけない物ですね。。。。

戦争は結果、国の意思ではなく一個人からの思考から、はじまっているのだと感じます。

平和が一番であり、まだ現在でも紛争が終わることがありませんが、世界が本当に平和になるように願うばかりです。

世界平和の象徴として、オリンピックがありますが。

このオリンピックの象徴の一つ「聖火リレー」はアドルフ・ヒトラーが始めたといわれています。

スポンサーリンク
おすすめの記事