【世界のHONDA】に育て上げた本田宗一郎とは?
スポンサーリンク

HONDA

世界中で、多くの人達に知れわたっている有名な企業です。

そして「世界のHONDA」と言われるほどに、有名な企業に育て上げた創業者である本田宗一郎が、いかにして一世代でここまで有名にしていったのかを詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

本田宗一郎とは?

名前:本田宗一郎
生誕:明治39年11月17日
死没:平成3年8月5日
出身地:静岡県

・本田技研工業の創業者であり「HONDA」という文字は、現在の一般の人にも多く知られている。そしてカリスマ社長としても今もなお語り継がれる人物です。

本田宗一郎とHONDAの生い立ち

1906年に静岡県に生まれました。
彼は子供の頃から、自動車や飛行機などの乗り物に強い関心をもっていました。
高等小学校卒業後に、自動車修理工場「アート商会」に入社。そこで自動車の修理について学んでいきます。

そして、「アート商会」のトップから、今までの仕事を認められて、浜松支社を設立して独立する事が認められます。

エンジンの部品の一つである「ピストンリング」の製造ビジネスを行いましたが、太平洋戦争に突入した事によって、本田宗一郎の取り巻く環境が悪化してしまいます。

その後

1946年に本田技術研究所を開設。
1948年に本田技研工業株式会社を設立。
・ホンダ初の二輪車「ドリームD型」が作られます。

この時期に本田宗一郎にとって、運命的な出会いがあります。
藤沢武夫氏です。
彼はその後のHONDAにとって、そして創業者の本田宗一郎にとっての、影の立役者です。

1954年3月20日に「マン島TTレース出場宣言」
・イギリスの王室の属国であるマン島の公道で開催されるオートバイレース。
・優勝する為には、世界中の有名なオートバイメーカーに勝利する必要があります。(当時の日本の印象は、先進国に遠く及ばな企業ばかりでした)

オートバイレースで経験を積んだホンダは、1959年に初の「マン島TTレース」に初挑戦。
結果は、4台も完走させてメーカーチーム賞を表彰されます

1961年には初優勝に輝きます。
・なんと125cc、250ccで、1位から5位を、ホンダのバイクが独占する偉業をはたす。

世界中のメディアから
まるで時計のような精密さ、アイデアに満ち溢れた完璧なエンジン」と絶賛をうけます。

スポンサーリンク

F1世界選手権、日本初参戦

日本で初めてF1に参加した企業はホンダです。
1964年8月に初めて参加します。

1965年にはメキシコグランプリで初優勝をします。

1983年に、レーシングチームにエンジンを供給して参加する形を取ります。
有名になったチームが「マクラーレンホンダ」です。

そしてF1界で知らない人はいない

アイルトン・セナ

彼は、80年代後半にマクラーレンホンダに加入しています。
結果、1988年のF1の16戦中なんと15勝の輝かしい成績を残しています。

引退する際の有名な出来事

本田宗一郎が、65歳になった年に引退。
数千箇所もある販売店にお礼が言いたいと、全国に旅します

なんと一日に400kmを移動する事もあったそうです。

お礼の旅の時に、従業員が手が油まみれだった為に思わず手を引っ込めようとした所、本田宗一郎は

いや、いいんだよ、その油まみれの手がいいんだよ」といってしっかりと従業員の手を握りしめていたそうです。

 

生前に本田宗一郎がいっていた言葉

「素晴ら人生を送ることができたのも、お客様、お取引業者のみなさん、社会のみなさん、従業員のみなさんのお陰である。俺が死んだら、世界中の新聞に"ありがとうございました"という感謝の気持ちを掲載してほしい」

本田宗一郎の名言集

①困らなきゃダメです。人間というのは困る事だ。絶体絶命に出る力が本当の力なんだ。
人間はやろうと思えば、大抵の事は出来るんだから。

②失敗せず問題を解決した人と、10回失敗した人の時間が同じなら、10回失敗した人をとる。
同じ時間なら、失敗した方が苦しんでいる。
それが知らずして根性になり、人生の飛躍の土台になる。

③こちらが悪ければ、悪い人間が寄ってくる。
こちらが信用することによって、信用される人間が生まれる。

④チャレンジして失敗を恐れるより、何もしない事を恐れろ。

まとめ

HONDAの歴史についていかがでしたでしょうか?

日本に「HONDAあり」と思わせる事を成し遂げた創業者の、本田宗一郎は日本人にとっての誇りです。そして、数々の偉業を成し遂げた人物の共通点は、「感謝の気持ち」と「ありがとう」です。

必ずと言っていいほどに、成功者が思う事、そして最終的に到達する気持ちだと感じます。誰かの為に、幸せしてあげたい気持ちや行動は。自分が幸せになり成功していく為に、必要な事なのではないでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事