【必見】肝臓の機能を浄化して高める、最も効果的な飲み物!6選
スポンサーリンク

どうもこんにちは

あなたは健康の事を考えて生活していますか?

食べすぎたり、飲みすぎたりして生活習慣を考えていない人も多くいます。

そんな中で特に一生懸命働いている臓器が「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓なんです。

そしてその肝臓は一度壊れてしまうと自然に治る事はないとまで言われている事で有名ですよね。

今回そんな肝臓の機能を浄化して高める飲み物について詳しく見て行きましょう!

スポンサーリンク

肝臓の機能を浄化して高める、最も効果的な飲み物!6選

まず肝臓にはどんな役割があるのかを解説していきます。

肝臓は、胃や腸で吸収した栄養分を心臓を通して全身に送り出し余った分は貯めています。

また体の中に入ったお酒、薬などを解毒したり体内の老廃物を体外に排出したりもしています。

しかも、大きな負担がかかっても非常に分かりにくいんです。

だからこそ、もし毎日飲めるちょっとしたもので肝臓をいたわってあげられるとしたら損はないですよね。

では、どんな飲み物が肝機能を高めたり肝臓を若返らせたりできるのか?

まず肝臓に非常に良いとされる飲み物は6つありますのでそれぞれ解説していきたいと思います。

その1 しじみの味噌汁

初めに紹介するのは、しじみの味噌汁です。

二日酔いの朝に飲むといいとは良き聞きますよね。

なぜしじみの味噌汁が肝臓に良いとされているのか知っていますか?

それは、しじみの含まれるオルニチンという成分が効果を発揮するからです。

人が食事をしたり運動したりする事で、体内の有害な物質であるアンモニアが発生してしまいます。

これを放っておくと体全体に有害なので常に肝臓が解毒しています。

ここでオルニチンはこのアンモニアを、無害な尿素に変えるというすごい性質があります。

つまりオルニチンは、解毒という肝臓の仕事をかなり楽にしてくれるという事なんです。

そして、肝臓はアンモニア以外にもさまざまな毒素を分解しているんです。

とくにお酒を沢山飲んだ二日酔いの朝は、アルコールが変化してできる毒素アセトアルデヒドの分解で肝臓はかなり負担がかかっているので、オルニチンは肝臓の負担を非常に軽くすると言えます。

毎日しじみの味噌汁を飲むのはかなり辛いといったあなた!

最近では、しじみのエキスを粉末にしたサプリメントとろーりしたエキスをカプセルに入れたものなどがあります。

スポンサーリンク

その2 クコ茶

あなたはクコの実って知っていますか?

杏仁豆腐に入っていることでお馴染みの赤い実で、お茶にはそのクコの葉っぱを使います。

クコ茶の味は、苦みや渋みはなくおいしい甘みとコクがあり、畳のような独特な風味があります。

クコの肝臓に良い役割とは

クコの葉に含まれる天然のアミノ酸ベタインという成分が、余分な脂肪を取り除いて血液を浄化します。

その為、肝機能が活性化すると言われているんです。

その他にも、体に良いビタミンなどがたくさん含まれています。

その為、中国では古くから不老長寿の効果があると信じられて、おかゆやスープなどにクコの実を入れて薬用として使われてきたそうです。

クコの茶は別名「延命茶とも呼ばれています。

その3 オトギリソウ茶

オトギリソウ茶は、ネットショッピングで主に購入できる健康茶です。

薬草っぽい香りで癖がありそうですが、いかにも体に良さそうではありますね。

そんなオトギリソウ茶に主に含まれるセレンタンニンという成分に肝機能改善の効果がありあます。

オトギリソウ茶の肝臓に良い役割とは

オトギリソウ茶に含まれるセレンには発がん抑制作用があり、タンニンには良い血液を作る効果がりあります。

日本でもオトギリドウは古くから止血剤として使われていました。

そんなオトギリソウ茶ですが、肝臓に良い他にもヒペリンシンによる抗うつ効果や樹脂によりイライラの緩和などストレスにも効果があります。

このオトギリソウは「ハッピーハーブなんて呼ばれています。

その為、気持ちを落ち着かせたい時にオトギリソウ茶を飲んで気分も肝臓もスッキリになれますね。

その4 スギナ茶

スギナといえば、庭や畑など色々な所で取っても取っても生えてくるイメージをもっている人が多いのではないでしょうか?

実はスギナはツクシが大きくなったものなんです。

その雑草も実はお茶にすると肝臓に非常に良いんです。

何故かというと、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ミネラルが豊富に含まれるからなんです。

またナトリウムが少ない事からくる利尿作用によって肝機能が改善されます。

またケイ素は血の中へ酸素を補給したり濁った血液をさらさらにしたりするので生活習慣病に効果的です。

このように肝臓予防は勿論、沢山の効能があるお茶がスギナ茶です。

驚きの飲みやすさ

スギナ茶は、色々な効能があるにも関わらず、驚きの飲みやすさなんです。

くせがなく飲みやすいので長く続けらる飲み物です。

その5 アーティチョークティー

ハーブティーの中のアーティチョークティーって知っていますか?

最近では健康茶として人気がある飲み物です。

アーティチョークはつぼみの部分を料理の食材として使う事で知られています。

このハーブには、肝機能を保護する働きがあります。

それは葉に含まれる苦味の元ととなるシナリンという成分に肝臓の解毒作用があるからです。

なんとシナリンは「肝臓の特効薬とまで言われています。

実際にベトナムやインドではお酒を飲んだ後に飲む薬草茶としてアーティチョークが飲まれています。

理由は、肝臓がアルコールを分解するのを助けているからです。

また脂肪の分解を促進して消火を促す働きがあり、食べすぎたりコッテリした物を食べた後に飲むと胃もたれを予防してくれます。

アーティチョークの味の特徴

アーティチョークは非常に強い苦みがあります。

ただ飲めない程ではないので、肝臓の為に頑張って飲んで見ましょう。

もちろん他のハーブとブレンドしたほうが美味しく飲めますので是非試してみてはいかがですか?

カルディーのオンラインショップでも購入する事ができます。

その6 レモンとオリーブオイル

なんと肝臓に良い飲み物がレモンとオリーブオイルなんです。

この組み合わせが何故効果的かというと、オリーブオイルに含まれるレモン汁に含まれる抗酸化物質は、中性脂肪やコレステロールを下げて肝臓の働きを活性化させる働きがあります。

レモン汁数滴とオリーブオイル数滴を入れた水を一杯飲むだけで肝臓を浄化し、体から毒素を除去して体調を整える事ができます。

もちろん色々な料理に使ってもいいですし、スムージーなどにいれるのもいいかもしれませんね。

実は、エクストラバージンオリーブオイルは昔から何百年もの間、健康食品とされてきました。

オリーブオイルに含まれる抗酸化物質と植物性脂肪はあらゆる食品の中でもその効果が特に大きいです。

そんあオリーブオイルにレモン汁が組み合わされるなら肝臓は勿論、様々なすばらしい効果が期待できます。

またオリーブオイルに含まれる植物性の脂肪分とレモン汁の抗酸化力の2つが組み合わさる事で、心臓病の予防にも効果を発揮します。

まとめ

肝機能を浄化して高める、最も効果的な6つの飲み物についていかがでしたでしょうか?

今回紹介した6つの飲み物ですが、肝臓に良いのは勿論ですが、たくさんの効果が期待できる飲み物ですね。

あなたの気になった飲み物はありましたか?

是非一度試してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事