【閲覧注意】マイケル・ジャクソンの死の真相について詳しく解説!

死してなお多くの人々を魅了し続け、未だに数多くの熱狂的ファンが全世界に存在する人物

 

マイケル・ジャクソン

 

そんな彼は強烈なキャラクターと圧倒的な知名度によって数多くの都市伝説が存在しています。

今回はそんなマイケル・ジャクソンにまつわる都市伝説の中でも特にインパクトの強い強烈なものを厳選して解説していきたいと思います。

それでは早速見て行きましょう。

スポンサーリンク

マイケル・ジャクソンの隠されたメッセージとは

パフォーマンスと歌唱力で絶大な人気を博し、たちまち大スターとなったマイケルは多くの人々が共感できる名曲の数々でファンを増やし続けました。

その一方で人気が定着したのち晩年のマイケルが歌っていた曲の中には、意味深なメッセージが隠されているのです。

とういうのもCDジャケットで使われている衣裳やライブのコーラスダンスなどの中には、巨大な権力を持つ団体であるイルミナティーなどと言った裏で世界を牛耳る存在や○○主義団体を想起するものがたくさん散りばめられています。

またマイケルは曲の歌詞やダンス中の振り付けに含まれるハンドサインを使って、それらの存在に対し世界のバランスを崩すなといった主張をしています。

彼のファンや民衆に対しても、様々なメッセージを送っていたと言われています。

分かり易い所で言うと、「MONEY(マネー)」という曲の歌詞では「お金の為なら何だってするんだ。嘘だってつくし命だって捨てる。悪魔に魂だって売るんだ。

このようなフレーズがあり権力者に対して否定的と思えるような歌詞を繰り返しながら、ライブコーラスでは特定の団体名を名指ししていたりしています。

また、「Tabloid Junkie(タブロイド中毒)」という曲では、「ただ雑誌で読んだからって、テレビで見たからって、それを事実だと思わないでくれ」と繰り返し主張しています。

これは日々の報道に疑問を持たず鵜呑みにしてしまい、権力者の思うままに支配されている世の中に警告するメッセージだったと言われています。

スポンサーリンク

ネバーランド

マイケルの自宅として有名なネバーランド

これはおとぎ話ピーターパンの舞台から名づけられた大豪邸ですが、この大豪邸にも数多くの秘密が隠されていたと言われています。

ネバーランドの広大な敷地内には、観覧車やジェットコースターや2台の蒸気機関車までもが揃った遊園地や動物園が建設されており、3棟の大きなゲストハウスやゲーム部屋までもが用意されています。

子供が好きだったマイケルは時間に余裕がある時は子供を自宅に招待して、一緒に遊んで純粋な子供の姿に癒される事を心の拠り所としていました。

しかし、その報道が裏目にでてマイケルは児童○○の疑いで法廷に呼ばれる事となってしまいました。

法廷には実際にネバーランドに招待された経験のある人物の証言や、彼を邪魔者扱いにする音楽関係者などの工作もあり裁判は泥沼化し困難を極めます。

そして、多数の協力者やマイケルの真剣な態度が受け入れられ結果的にマイケルは無罪を勝ち取る事に成功しています。

しかし、裁判を起こした本来の目的はこういった表面上の事だけではなく一説には、マイケルとマイケルの関係者をネバーランドから遠ざける事だったとも言われています。

というのも先程話した通り、マイケルは世界の権力者に対して否定的な意見を持ち民衆に対してメッセージを送り続けた事から、実はネバーランドにはマイケルが収集していた数多くの裏世界に関する情報が隠されていたとされています。

その中には、世界の力関係を変えてしまうレベルの物や闇組織に関わる権力者のリストなどが隠されている噂があった為に、裁判を起こしてマイケルとその関係者の動きを封じている間にそれらを処分しようと動いたのではないかと囁かされています。

スポンサーリンク

陰謀による死亡説

有名な人物が死亡した際には必ずと言っていいほど陰謀論が浮上してきます。

マイケルの死にも例外なくたくさんの都市伝説が存在しています。

その都市伝説の1つに、近いうちに開催する予定だったライブ中で世界を牛耳る組織に関するとんでもない秘密を暴露しようとしていたと言われています。

この事から地位の失墜や民衆の支配が困難になる事を恐れた権力者が彼の暗殺を指示していたのではないかといった噂が存在しています。

更にマイケルの主治医であったコンラット・マレイ氏は、多額の借金に加えて高級住宅に建てた一軒家のローンの支払いが出来ておらず財産が差し押さえられる直前の状態であったという事実もあります。

その為、お金が必要だったマレイ氏が何者かにそそのかされ病死に見せかけた暗殺を行い多額の報酬を受け取ったのではないかと噂もあります。

マイケル自身も数多くの地下組織からターゲットにされている事を自覚していたようで、ライブで人前に立つ直前の舞台裏では。

 

死ぬのが怖い!撃たれるのが怖い!

 

このように良く発言しており、死の直前事務所のメンバーと顔を合わせる最後の機会となったタイミングでは、まるで自分の死がすぐそこに来ている事を悟った様子で、一人一人に丁寧に別れ感謝を告げています。

また生前彼のインタビューや日常で本音を漏らす場面を日々撮影していたマイケルの専属カメラマンであるジョン・ウィルコック氏という人物がいます。

彼はマイケルが亡くなる直前、とある取材予定を直前でキャンセルした後に音信不通になり後日遺体で発見されています。

マイケルの死後「マイケルの死の真相を手に入れる」と語っていた弁護士のピーター・ロペス氏も不審な死を遂げるなどマイケルの死亡時期の前後には、周囲で不審な出来事が相次いで起こり続けていました。

なのでもしかすると、この記事を見ている人も暗殺されてしまうかもしれませんので気を付けてください。

マイケルの生存説

有名人が亡くなった際には陰謀説と同様に生前説もあります。

やはりマイケルにも生存説は存在しており、マイケルの死亡報道があった2カ月後にアメリカの動画ニュースサイト「ライブリーク」にて公開されたとある動画が話題になりました。

出典:YouTube

この動画の内容は、遺体を乗せたはずの車からマイケルが生きた状態で出てきて歩いてどこかへ立ち去ったという物です。

確かにマイケルの遺体輸送に使われた車両の同型の車両から、マイケルに似た人物が下りてくる様子が写っています。

しかし、動画の画質がかなり粗めで車両のナンバーや人物の顔つきなどの細かい所まで確認できるような内容ではなかった為、信じるか信じないかは・・・・・。

まとめ

マイケル・ジャクソンの死の真相についていかがでしたでしょうか。

このようにマイケルに関する様々な噂の真偽の程は確認できないものの、そのカリスマ性から死後長い時間が経った今でもマイケル・ジャクソンは沢山の人の心を惹きつけ続けています。

今後、真実が明らかになる日が来る事を信じましょう。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事