スポンサーリンク

今話題の宮迫さんの闇営業問題について、かなり不可解な点が多いので今回記事にしたいと思います。

そもそも知らなかったのか、知っているのか分かりませんが、詐欺グループと関わったからアウトみたいな事になっていますが。

この議論自体がおかしいと思いませんか?

是非あなたもじっくり考えて欲しいなと思います。

それでは詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

知らなくても詐欺グループと関わったらアウトなのか?

まあ良くコメンテーターとか言いそうな事は、「立場がある人間だし、社会に影響力がある人間だから厳しくしなければ」みたいは事を言う人がいるわけですよ。

まあこれに関しては100歩譲ってよしとしましょう!知らなくても詐欺グループと関わったらアウトだとしますね。

タレントや大企業などが関わってしまうと良くないと、大企業なんかも反社会的勢力に資金を提供したりだとか提供されたりとかされると色々な問題が起きるわけです。

ちょっとここで疑問に思いませんか?

じゃあ、知らなかったか知ってたかを関係なしに反社会的勢力と金銭の授受があったからアウトだみたいな事を言っている人がいると思います。

ギャラを貰ったからアウト、分からなくて顔を出しただけだったら騙されたといえるけど、お金貰っているからアウトといえますが・・・・。

じゃあ反社会的勢力が宮迫さんを呼んだパーティーをやったホテルはどうなるのか?

普通に思いませんか?ホテルだから大企業だし絶対大きなホテルですよね。

そんな大きいホテルなんかは誰かれかまわず予約なんてとってないはずですし、しっかり支払能力あるのかって事も調べるわけですよ。

そう考えたら、ホテル側もある程度は知っていたのではないかと思いますよね。

少なくても、知らないって事はないでしょう!!

もっというと、知らなかったといった宮迫さんがあんだけ世間に叩かれるんだったらホテルもどうみても見た目怪しい人がいるなら調査する義務があるのではないかと思います。

ホテルの責任とるとらないとかを言いたいわけでもないですが、責任を誰がとるとかは自分には全く関係ないからどーでもいいですが。

ただシンプルな疑問として、宮迫さんが裁かれるのにホテルは裁かれないのか?

なんで?不思議ですよね。

メディアの驚くべき手法

結局メディアって叩きやすい個人をやり玉にあげて叩く事によって、私達にシャーデンフロイデという感情を感じさせます。

シャーデンフロイデとは、他人の不幸は蜜の味っていう言葉に代表される感情で、人が追いやられて特に地位が高い人が追いやられて失墜する所をみると、多くの一般人の脳は快感を覚えるように出来ています。

だから、これはメディアがエサにしてアクセスを稼いでいるだけなんですよ。

だからその証拠に、本当に正義を追及しようと思うんだったら、まず詐欺グループのどんな人でどんな事をやってきてとか名前を公表したりとか本来叩くべきですよね。

なのに宮迫さんのほうが叩かれていますが何故か?

非常に簡単です、悪い奴が悪い事をしてもニュースにならないわけです。でも人気タレントがとかあの人がまさか!というとニュースになるわけですよ。

これは完全に多くの人は、メディアの思う壺ですよ!!

ネガティブな情報をばら撒く事によってアクセスを稼ぐっていう典型的な手法にはまっているだけです。

ちなみにこれ、ネガティブな情報にさらされるとあなたの脳にもダメージを与えてしまいます。

具体的に言うと、メディアがなんでこんな事をするのかっていうとアクセスが稼げる事と、もう一個は、私達はネガティブな情報にふれると、判断能力が鈍ってしまって消費が増えます。

つまり、余計な物を買うようになってしまい更に判断も鈍ります。この事を受動ストレスと言います。

恐ろしい事に、私達ってネガティブな方に情報に目がいくように出来ているんです。

スポンサーリンク

ネガティブな事によって受動ストレスを引き起こす

例えば2003年にマサチューセッツ工科大学の論文とかだと、一般的なオフィスの受動ストレスを計測する実験をおこなった所、ポジティブな感情よりもネガティブな感情のほうがなんと7倍も感染しやすい事が分かっています。

つまりネガティブな情報って7倍のスピードでみんなに広がると言う事です。しかも自分の関係ないネガティブな情報でも同じ結果になっています。

2004年の研究だと他人のネガティブな感情、今回だと宮迫さんが引退に追いやられて悲しんでいるとか、失敗したなとか後悔したなと思っているはずなんですが。

こういう他人のネガティブな感情にさらされた人達って、記憶とか推論能力に非常に重要な物事を考えたりとか記憶する時に大事な海馬って場所がありますが、この活動が低下してしまいます。

更に、1981年の古い研究でもネガティブな人をたった2分見るだけでも、脳の働きが低下するといいます。

つまりあなたがワイドショーとかでネガティブな情報をみまくると脳の働きが低下してしまいます。

他にも「大変申し訳ありませんでした」とか謝罪している人たちの映像を見るだけでも、あなたのストレスホルモンいわゆるコルチゾールのレベルも上昇してしまいますからね。

だから見る側にもかなりの損をしているという事です。

それによって、あなたも嫌な気持ちになるしネガティブな気分になってしまうし、しかも脳の機能も低下してしまう。

ここで誰が得しているのかというと、メディアなわけです。

つまりアクセスを集めて稼ぎたいと、あるいはくだらない週刊誌に売りたいとか思っている人達が得しているのです。

だから今回の件は、メディアの都合が良い情報だけを出すって所が非常に表れているって事です。

まとめ

宮迫さんの「闇」営業問題の論点がおかしい理由についていかがでしたでしょうか?

反射蚊的勢力金銭の授受がアウトならホテルの方がよりデカイ金銭の授受している訳だし、更にタレントよりも企業が何故裁かれない?って事です。

企業のほうがタレントよりも企業責任というのもあるし、雇用している人もたくさんいるし社会に対する影響力も経済的な意味だとタレントよりも大きいのに何故こっちは裁かれない?

何回もいいます!

タレントより裁く必要がある事があるでしょう!!

不思議ですよね!!!

あなたもお気を付けください、こういったバイアスにひっかかると人生損しますので!

Good Luck

スポンサーリンク
おすすめの記事