スポンサーリンク

モーツァアルトはみなさん知っていますでしょうか?

誰もが小学生、中学生の音楽の授業で学んだり聞いた事がある為に、勿論知らない人のほうが少ないと思います。

なぜにここまで歴史的偉人になったのでしょうか?

今回モーツァアルトという人物を詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

モーツァアルトとは?

本名:ヴァルフガング・アマデウス・モーツァアルト
洗礼名:ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト

非常に長すぎる名前です!!

通りすがりの挨拶だと、もはや呼び終わる前には、すれ違った後になりますね。(笑)

生誕:1756年1月27日
死没:1791年12月5日(35歳)
出身地:オーストリア ザルツブルク

ハイドン・ベートーベンと同じく3大作曲歌の1人であり、音楽史上最高の天才と謳われていました。

全ての曲が傑作といわれるほどでした。生涯で600曲もの音楽を作曲しました。

モーツァアルトの生涯

1756年の1月27日にオーストリアのザルツブルクで生まれたモーツァアルトですが、5歳の時に父が音楽の才能を見抜き演奏の旅にでます。人生で17回もの旅をしていました。

旅した土地では、オペラ・交響曲・歌曲などの最先端の音楽を吸収していきました。

25歳ではウイーンフリーランスの音楽家として活動します。

しかし当時のモーツァアルトの生きた時代では、自由な生き方や世界の枠にはまらない音楽は受け入れられませんでした。その後35歳という若さで亡くなっています。

今では傑作として残る作品の多くは、フリーランス時代につくられています。

モーツァアルト時代を先取りしすぎていたのかもしれませんね。

ちなみに、時代を先取りしすぎたもう一人の偉人がいます。
それはニコラ・テスラです。

スポンサーリンク

天才に愛される曲

相対性理論で有名な天才であるアインシュタインもモーツァアルトの曲を聴いていました。

そしてアインシュタインは「死とはモーツァアルトが聞けなくなることである」と言ったほどに愛されていました。

そして、現在でも多くのクリエイティブな人達は、モーツァアルトなどのクラシック音楽を非常に好んで聞いています。

何故か?

理由は、天才的な人が聞いているのではなく、クラシックを聴く事によってストレスを軽減させ、自律神経が整い、A10神経を刺激していく事によって、天才的になっていったと思われます。

モーツァアルト有名楽曲【5選】

①トルコ行進曲
・ピアノソナタ11番の第3楽章

②アイネ・クライネ・ナハトムジーク

③2台のピアノのためのソナタ
・二長調K.448

④フィガロの結婚
・序曲

⑤ジュピター
・モーツァアルト最後の交響曲にして最高傑作です。
・3大交響曲の1つです

モーツァアルトの死

35歳で若くして亡くなってしまったモーツァアルトですが、15日もの間病床に伏しており、様々な病状に苦しんでいました。

死因について毒殺など様々な憶測がありましたが、研究チームの調べによると、死は連鎖球菌による感染症と発表しています。

遺体はウイーン郊外のサンクト・マルクス墓地の共同墓穴に埋葬されていたが一緒に同行した人がいない為に、実際に埋葬された位置は不明。

まとめ

モーツァアルトについていかがでしたでしょうか?

音楽はいつの時代も人を落ち着かせたり、気持ちを高揚させる良い影響があります。

1度モーツアルトの曲を聴いてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事