どうもこんにちは

今回紹介する内容は実際にあった事件です。

宿泊したら最後絶対に生きては戻れないホテルがシカゴに実在していた事をご存じでしょうか?

そのホテルは、1800年代後半のアメリカに実在していたとされる殺人ホテルです。

ホテルの部屋には、落とし穴があったり壁から毒ガスが出たりと息の根を止める恐怖の仕掛けが数多く存在しています。

このホテルを作った男の正体とはいったいどんな人物なのか?

それでは早速詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

サイコパスが実際に建てた、生きては出られない「殺人ホテル」とは?

この恐ろしい殺人事件を引き起こした犯人は、1861年5月16日、ハーマン・ウェブスター・マジェットとして誕生しました。

農業で子供たちを養うハーマンの両親はメソシストでした。

メソシストとはキリスト教宗派の1つで規則正しい生活を美徳とするのが特徴です。

実際信仰に対してハーマンの父親はアルコール依存症で、頻繁に家族にDVを行っていました。

ハーマンの悩みは家族のDV以外にも悩みがありました。

それは、ハーマンは非常に頭が良かった為に、学校の友達から妬まれて壮絶ないじめを受けていました。

もはや肉体的にも精神的にも生き地獄状態でした。

後にハーマンの人生を大きく左右する出来事が起きます。

ある日、いじめっ子達がハーマンを連れて人気のない地元の病院へ忍び込みます。

いじめっ子達は、小心者のハーマンが怖がる所を見て楽しもうとしていました。

そして、いじめっ子達は病院内にあった人体の骨格模型と対面させ骨の手を顔面にのせました。

後にハーマンはこの出来事を、「最初はとても怖かった、だけどしばらくすると自分が人骨に興奮していることに気が付いたんだ」と語っています。

この体験がきっかけとなり、ハーマンは「死」興味を覚えました。

そして、小心者でいじめられっ子だったハーマンは、人知れず動物の解剖を行うようになり屈折した欲求を満たしていきました。

成績優秀だったハーマンは、16歳高校を卒業して23歳医師免許を取得します。

この時期の医学研究を卑劣な犯行に活かすことになります。

スポンサーリンク

狂気に目覚めるハーマン

1877年16歳で高校を卒業すると同時に、教師として働き始めたハーマンは親元を離れて自由になると17歳の時に、クララという女性と結婚して、息子のロバートも誕生します。

幸せな結婚生活を送るはずでしたが、やがてハーマンは教師を辞めて21歳ミシガン大学医学部へ進学して1884年には医師免許を取得します。

その頃のハーマンは、医学部の研究室に提供されてきた遺体密かに傷つけては、その行為を楽しんでいました。

具体的には、研究室から盗んだ遺体を解体されたり、火を使って燃やしたりしていました。

また、盗んだ遺体を偽装保険金請求も行っており、この手口に騙された保険会社は複数存在していたと言われています。

学歴と資格を得たハーマンでしたが、卒業する時には冷え切った結婚生活になっていました。

全く家に帰らなくなったハーマンは、やがて各地を転々としながら犯罪に手を染めていく事になります。

また、クララの元を去ったハーマンは再婚と離婚を繰り返していました。

周囲の評判では、ハーマンは非常に魅力的な男性であり、若い女性を誘惑する才能長けていました。

ところが、ハーマンに魅了された若い女性は、最終的にはいつも不可解な失踪をしていました。

ハーマンがニューヨークへ移り住んでいる時に、彼の下宿先の近くで少年が失踪する事件が起きます。

近所の住民は、少年が姿を見せなくなる前にハーマンがその少年と一緒に行動を共にする姿を目撃されていました。

住民たちから事情を聞かれたハーマンですが、「あの少年はマサチューセッツ州の自宅に戻ったんだよ」と言って少年失踪の関与を一切否定します。

その直後に、ハーマンはニューヨークを後にしています。

また、移住先のフィラデルフィアの薬局で働いている時には、彼が働いている時にある少年がその薬局で購入した薬で中毒死するという事件が起きました。

彼は、その少年の死に関与していないと否定していましたが、またしても即座に街を離れています。

その他に、各地で結婚詐欺や保険金詐欺をしていましたがシカゴへ移住すると名前、ヘンリー・ハワード・ホームズ改名しています。

改名した理由は、実際に詐欺にあった人に見つかるのを恐れた為だといわれています。

シカゴへきたヘンリー・ハワード・ホームズですが、ここから悪名高き殺人ホテルを作り始めます。

スポンサーリンク

殺人ホテルの誕生

シカゴに移住したホームズですが、オーナーのエリザベス・エス・ホルトンが経営する薬局で雇われ働き始めます。

そこで熱心に働きエリザベスから信頼を得ていたホームズは、夫人の夫が亡くなると「この薬局を買い取りたい」と話を持ちかけます。

これに夫人は同意してローンの代金を返済する方法で店舗を購入して、こうしてホームズは自分の薬局を手に入れます。

しかし、しばらくするとエリザベス夫人は姿を見せなくなります・・・。

常連客がホームズにエリザベスの事を尋ねると「親族のいるカルフォルニアに移り住んだ」と答えていました。

それは明らかに不審な失踪でしたが当時は事件として捜査される事はありませんんでした。

薬局のオーナーとなったホームズはその後、薬局のむかいに3階建てのビルを建設します。

それは地元住民からはホームズ城と呼ばれるほど豪華なものでした。

完成すると、ワールズ・フェア・ホテルと名付けられ、1893年に開催されたシカゴ万博の来場者向けのホテルとしてオープンします。

このシカゴ万博には、2700万人の来場者が訪れホテルは遠方からの来客で大変繁盛していました。

このホテルは部屋数は100を超えていて巨大ホテルの構造は通常のホテルと異なっていました。

それは、迷路のような秘密の通路で繋がっていて覗き穴は勿論、スライドする扉なども壁に仕掛けられていました。

 

内側からは開かない扉

 

行き止まりの階段

 

密閉してガスを送り込み殺害できる部屋

 

まるで迷い込んだ者を飲み込んでしまうモンスターハウスのようなつくりとなっていました。

石綿で覆われていてその中で火をつけて焼き殺せるような部屋や部屋の中央が落とし穴になっていて地下に落下するように設計されたおり、その地下室にはなんと拷問器具外科用手術用具のように置いてありました。

このホテルは、彼が長年ため込んでいた歪んだ欲求を吐き出す為の場所だったのです。

このホテルを建設するにあたってホームズは建設業者に対して、「なまけていて全然仕事をしていなかった」と難癖をつけて解雇を繰り返して新たな業者を雇い再び解雇していました。

そうする事によってホームズは建設費用を次々と踏み倒し、ただ同然でホテルを手に入れる事に成功しています。

また、これにはもう一つ理由があり、自分以外にホテルの全体像を知られたくなかったのです。

完成したワールズ・フェア・ホテルの全貌を把握しているのはホームズただ一人でした。

ホテルで繰り返される殺人方法

ワールズ・フェア・ホテルのオープン後間もなくシカゴ万博が開催されてホテルは大変繁盛していました。

ホームズは毎日満員のホテルの宿泊客から獲物を選別していました。

彼が狙ったのは、金持ちで美人で遠方からの一人旅である女性。

ひとたび被害女性がホームズの罠にかかると逃れようがありませんでした。

大抵の場合女性たちは何も手掛かりがなく姿を消してしまっており、失踪女性のたとっだ運命は長い間明らかになる事はありませんでした。

そして、ホームズは女性を拷問部屋に連れていき、残虐な拷問に及びます。

更に、ホームズはガス室までつくり若い女性が窒息状態で悶え苦しむ様子を壁の穴から見ては興奮していました。

ホームズのオフィスのは巨大な金庫がありその中に閉じこまれ薄れゆく酸素の中で命をひきとった人もいます。

被害者の中には過去にホームズの不倫相手だったシングルマザーも含まれていました。

元夫に不倫がバレてしまい8歳の娘とともにホテルに移り住むシングルマザーは、ホテルでのクリスマスのお祝いを楽しみにしていました。

しかし、ある晩ホームズは秘密の地下室へ2人を連れて行き、その後姿を見せる事はありませんでした。

残虐性高い知性を持つホームズは、殺人を犯す度にその時の被害者の苦しむ様子を記録していました。

遺体は隠しエレベーターやダストシュートによって地下室へと運ばれました。

地下室へ運ばれた遺体はホームズによって解体され、その解体された後の内臓などは高濃度のなどによって溶かされて証拠は跡形もなく消されていました。

自分は決して捕まる事がないと過信していたホームズは被害者の遺骨を標本骨格として地元の大学に売却していました。

その殺人ホテルで何の疑いもかけられる事なく女性たちを殺害していたホームズは、半年にわたって開催されたシカゴ万博が終了すると、あっさりホテル経営に見切りをつけてシカゴを離れてしまいます。

殺人鬼ホームズの最後

シカゴを離れたホームズは、アメリカ、カナダを転々としながら小さな詐欺を繰り返していました。

しかし、殺人ホテルとの一連の犯行とは別の事件であっけなく逮捕されてしまいました。

長期間による連続殺人を続行する一方で、ホームズは大がかりな保険金詐欺に深くかかわっていました。

ある時、共犯者に迫られたホームズはその共犯者を殴り殺してしまいます。

殺人罪で逮捕され詐欺行為が明らかになり刑事訴訟裁判の証拠集める為、ホテルを捜索した警察がそこに隠れていた暗黒の秘密の全貌を発見しました。

取しらべを受けたホームズが自白した被害者の数は27人でしたが、実査に行方不明になった人数やホテルから発見された遺品から実際の被害者の数は、なんと200人だと推定されています。

有罪判決をうけたホームズは、1896年5月7日絞首刑が執行されることになりました。

最後に言い残す言葉を聞かれると、ホームズはこう答えました。

 

 

ゆっくりやってくれ。ただ失敗しないでくれよ!

 

 

こうしてアメリカ史上最初のシリアルキラーは苦しむ事無く35歳でこの世を去りました。

まとめ

サイコパスのホームズが実際に建てた「殺人ホテル」についていかがでしたでしょうか。

歪んだ欲求にかられたハームズの最期はあっけなく幕を閉じましたが、これまで罪のない多くの人々が殺害されていましたが、その殺害方法が身の毛もよだつ恐ろしい事件でした。

しかし、ホームズのように天才的な頭脳の持ち主が引き起こした未だ未解決の事件がありますが、詳しくは【衝撃】天才凶悪犯による完全犯罪!ゾディアック事件について迫る!をどうぞご覧ください。

【追伸】

私は飲食の事業部統括という役職をを手に入れたものの、

将来の生き方を考え「時間労働」=「収入」から脱却するべくブログを始めてフリーランスもしております。

今も現在進行形で完全に副業を本業に変えるべく「自由」を目指してブログを日々強化をしています。

下記の記事は、私がブログを始めてから収益を出すまでの人生録です。

【期間限定】オリジナルコンテンツを無料でプレゼントします

私はPCのスキルも知識もゼロからブログ開始して、1年半で3万PVまで伸ばし、アドセンス広告だけで月2万円到達して現在進行形で収益は伸び続けています。

しかし、これは順調に伸びたのではなく、
あるコツをつかむことが出来たからです。

その一番のきっかけになったのを
アドセンスで収益を上げる方法」にまとめました。

ブログ運営で収益を上げる為の基本中の基本です。

ブログ運営をする事により、様々な収益の発生をさせる為の応用が効きますし、今でも私はこのやり方に沿って収益を上げ続けています。

無料配布中です。


>詳しくはこちらをクリック!<

もしくは、下記画像をクリック!



>アドセンスで収益を上げる方法を受け取る<


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事