【衝撃】NASAが重大発表!地球外生命体の存在について
スポンサーリンク

この広い広い宇宙で、私達人類がいる地球ですが。

永遠の疑問

生命が地球にしか存在しないのか?

UFOの目撃情報があったり、アメリカにある秘密の場所だったエリア51。

宇宙人とコンタクトを行っているのではないかと多くの人達が疑問に思ったりと様々な憶測が後を絶しませんね。

そして今回なんとNASAの研究者から、衝撃の発表がされたのです。

それでは詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

10年以内に人類史上歴史的な瞬間が訪れる

NASAの研究者が10年位以内に地球外生命体を発見できると公言しています。

この発言は世界的な講演会である「TED」にて、NASA職員の惑星科学ディレクターのジェイムズ・グリーン氏によって発表されました。

まさに未知との遭遇です。わくわくドキドキしてきますよね。

何世紀にもわたり人類の関心事が遂に・・・。

そして下記のような疑問も残ります。

①いったい何所で発見できるの?
②どのような発見の仕方なの?
③何故10年以内なの?

早速この疑問について見ていきましょう!!

現在のNASAの科学力

私達が想像するよりも遥かに現在NASAの最先端の技術が進んでいます。

ジェイムズ・グリーン氏によれば、近年の探査機によると。

生命に必要な3要素である「液体の水・熱エネルギー・有機物」をそなえた天体が、太陽系にいくつも存在している事が判明したとの事です。

そしてこの発見によって、NASAは今後地球外生命体に力をいれていくといっています。

もうすでに地球外生命体の発見の為に、数多くの探査機が宇宙に飛び立っていたのです。

まじ?

人類を誕生させたとする、アヌンナキと遭遇する事を楽しみに期待したいですね。

スポンサーリンク

何故10年以内で発見?

NASAは宇宙空間でもDNAの塩基配列を調べる事ができる「minlON」というシークエンサーの試験を続けているとのことです。

現在の人類の技術は神の領域に踏み込んでいるのでは?と思うほどです。

遺伝子を操作して天才の人間を生み出すような研究も世界で行われているのです。

有名なのがゲノム編集です。

まさに人間が神になりつつあるのかも知れないですね。

またminlONというシークエンサーの試験を行う理由として、いつ起こるか分からない、未知との遭遇に対してすぐに分析を行える為なのです。

NASA本気やあ~!!(><)

本当に私達一般人が目撃出来る日が近いかもしれません。

宇宙人がいそうな天体

ここで紹介されているのは、私たちが想像する、グレイのような宇宙人ではなく。

数百年前に存在していた原子生命体に近い存在です。

以前のNASAの主席科学者エレン・ストファン博士が「今後10年~20年で地球外生命体が存在する証拠を得られる」と報告してから。

わずか1年で、グリーン氏による発表で10年以内に発見と時間短縮しているので、来年や今年中に発見できてしまうかもしれませんね。寧ろすでに発見済みの可能性もいなめません。

真実を知りたいので今から勉強頑張ってNASAに就職するか(笑)

地球外生命体がいそうな天体は、「火星木星タイタンエウロパエンケラデゥス」の5つに絞っています。

この中で生命に必要な液体の水が火星に存在すると飛躍的に高まっています。

火星でテラフォーマーみたいな事にならないといいのですが(苦笑)

私はマーズランキング1位だから安心!WWW

地球外生命体、時に怪しい天体3選

①火星
・生命に必要な液体の水が存在する可能性がある為。

②エンケラデゥス
・表面を覆う氷の下に海が広がっている事が確認された為。

③タイタン
・大気はメタンガスで覆われていますが、その環境に適応する形の生命体がいる可能性がある為。

NASAからの報告が待ち遠しいですね。

発見されたらYAHOOニューストップページ間違いなしですね。

それにしてもNASAがグレイのような人型人間の探索ではないとしています。

予想もつかない宇宙人との遭遇もあるかもしれませんので、みなさんとにかく報告を待ちましょう!!!

個人的に100%宇宙人がいると思いますけどね(^^)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

小さい頃から宇宙人がいるのか気になっていた人もいるかと思います。

もうすぐ疑問が明らかになる日がきます。

SF映画のようなETみたいな優しい宇宙人なら良いのですが、侵略するような宇宙人には会いたくないですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事