スポンサーリンク

織田信長

歴史の授業で必ず出る有名人物の1人です

鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス

これは織田信長の性格が表れているでしょう。

また以下2名の言葉も性格があらわれており有名な言葉です。

豊臣秀吉
鳴かぬなら、鳴かせてみせよう、ホトトギス

徳川家康
鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ホトトギス

今回は織田信長がいったいどんな人物で歴史敵に何をおこなったのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

織田信長とは?

名前:織田信長
生誕:1534年6月23日
死没:1582年6月21日(47歳)

・戦国時代から安土桃山時代の武将、大名。

出典:織田信長ってあのまま生きてたら...

信長の歴史表

1534年:尾張国の那古野城(愛知県)で産まれる。

1548年:信長が16歳で斎藤道三の娘の「濃姫」と結婚。
1559年:尾張を統一。
1560年:桶狭間の戦い。
1568年:明智光秀の仲介により上洛.
1575年:長篠の戦い。
1582年:本能寺の変で自害

織田信長の有名な戦

桶狭間の戦い

・1560年に尾張国の狭間で始まった戦。

2万5千人に及ぶ大軍を率いて侵攻した駿河の戦国大名(今井義元)に対して、少ない兵で今井軍を退却させます。

・桶狭間の戦から今井氏からの独立を果たした「松平元康」が「徳川家康」と改名し、織田信長と同盟を結びます。

長篠の戦い

・織田信長と徳川家康が協力して戦った戦。1回の戦いに鉄砲を3000丁も使用した世界でも有名な戦です。

・天下統一に一番近いとされた、武田信玄の息子「武田勝頼」であっても、信長、家康には敵わなかった。

出典::ボケプリ 涙と笑いの日本の歴史

スポンサーリンク

織田信長が行った主な事

楽市楽座の政策
・「座」という組合の商人が商売を支配していたが、「」を廃止し新規参入が行えるようにします。

関所の廃止
・関所とは、道を通る為に微税を行う場所で、これを廃止したことにより、通行、運搬がスムーズになり経済が発展します。

鉄砲をつくり戦で使用
・「長篠の戦い」で鉄砲3000丁を使用し、三段撃ちという戦法で、武田軍に圧勝します。

簿記の採用
・今でいう単式簿記を使用し、どこにどれだけ物資を送ればよいか把握でき数々の戦で勝利できました。

信長の最期

信長の最後は未だに謎が多い「本能寺の変」にて自害したとされています。

信長がもっとも信頼をしていた人物は「明智光秀」でしたが、その明智光秀の裏切りのより1582年6月2日に本能寺の変が勃発。

1582年5月15日に徳川家康の接待役として信長に命じられていた明智光秀ですが、接待中に豊臣秀吉からの援護要請が入ります。

信長は明智光秀に援護に行くように指示しますが、この指示に従わずに1300人もの軍を率いて、本能寺に進軍します。

100名程の少ない兵で戦いましたが、自ら火を放ち自害。

「本能寺の変」謎3選

信長は明智光秀の裏切りにより、本能寺の変にて自害していたとされていますが、未だに多くの謎が現代においての残っています。

①本能寺は防御面に優れていたが簡単に襲われる場所ではない。

②明智光秀の本能寺の進軍1300人は、信長を討ち取る為に対しての計画性が疑われる。

③本能寺の変の後に、明智光秀の女婿である明智光満が織田信長の遺体を探したが見つからなかった。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

織田信長は本能寺の変で実は亡くなっていないのでないか?

実は生きていた説など、未だに多くの謎がありますが、歴史的大発見が今後見つかり、謎の解決がいつの日かできる事に期待していきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事