【松果体とは?】奇跡を呼び起こす、第三の目を覚醒する方法!
スポンサーリンク

一度は超能力を使えたらなあ!!!

と思った事は、一度はあるのではないでしょうか?

この超能力と関係している部位が人間の脳にあると言います。

松果体、この言葉を知っていますでしょうか?

この松果体は非常に壮大な機能を秘めています。そして超能力などを持てる秘めた未知数の感覚器官の名前です。

この松果体は「第三の目」と呼ばれています。

それでは、第三の目である松果体について詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

松果体とは?

人間の頭の中心部にある内分泌器の事です。

基本的な機能は、睡眠に必要なメラトニンや幸せホルモンであるセロトニンを分泌します。

夜暗くなるとメラトニンが分泌され、太陽の光などで明るくなる事でセロトニンが分泌されます。

人間にとって非常に大切な役割を果たしています。

そして、松果体こそが第三の目と言われています。

実際の目のように何かを視覚でとらえるという事ではなく、ここでいう「目」は感覚の事を表しています。

第一の目:文字通りの目としての視覚です。
第二の目:視覚をを除く五感。
第三の目:五感を超える第六感を指します

「第一の目」
これは、私たちが普通に生活している時に、世界をみている時の視覚の事です。

目の前の光景を理解する時には眺めます。モノとの距離や関係を計る時には目視します。

このように目から入ってきた情報をもとに生活しています。

「第二の目」
これは五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)のうち資格を除いた4つの事です。

例えば、「ざらざらしたもの」「つるつるしたもの」など思い浮かべる事ができます。これは触覚が司る情報です。

私達が体験してしている世界は、こうした感覚情報を統合したものです。

成長の過程で私たちの経験は感覚器官を通して得られた情報によって形作られています。

第三の目
第三の目は体内エネルギーや気でいう所の第六番目のチャクラに該当します。

五感をコントロールし感覚を一つ上の直観からまとめる機能を持ちます。

例えば私たちは何か悪い事がありそうだという根拠のない認識を「虫の知らせ」といいます。

また仕事でも通常では思いつかないアイディアをどんどん引き出せる人がいますが、これは第六チャクラの鋭敏な働きによると言えます。

第三の目に目覚めた人は、他人には見えない者が見えるのです。

ただ感覚によって知るのではなく、直観的に理解しているのです。

世の中や人生の仕組みを理解する事ができ、恐怖や恐れなどがなく生きやすくなると言われています。

松果体の歴史

17世紀フランスの哲学者のルネ・デカルトによると、肉体と精神が松果体を通じて相互作用をしていると言っています。または、魂のありかだともいっています。

松果体は松ぼっくりに似ています。

そして昔から松ぼっくりがシンボルとして、様々な所で描かれている事をみなさんはご存知でしたでしょうか?

同じようなシンボルが様々な所にあるという事は何かあると感じざるおえないです。

スポンサーリンク

プロビデンスの神話

フリーメイソンやイルミナティーがシンボルマークとして使用しているピラミッドには、目のマークがあります。

これはプロビデンスの目であるとしています。

全能の目」、「万物を見通す目」とも言われています。

このプロビデンスの目はホルスの目を表しています。ホルスはエジプト神話に出てくる、最も古く、最も偉大で、最も多様化した神の事です。

ホルスは右目が太陽(ラーの目)左目が月の目(ウジャトの目を持つことで知られています。

そしてホルスはセトと戦った際に、左目を奪われてしまいました。

しかしこの左目はホルスの元を去って、エジプト全土を旅して色々な物を見ていきます。

そして、トートという神によって回復した結果全てを見通す目として象徴されました。

まさに万物を見通す目なのです。

これが1ドル札や様々な所で見られる目です。このホルスの目こそが松果体であるとされています。

エジプトに描かれているホルスの右目と人間の松果体は非常に似ています。

松果体の能力について

松果体は光を感知する機能があります。肉体面は目から入ってきた光を感知して、メラトニンやセロトニンを分泌しています。

精神面では、光をみるという事から、覚醒や悟りでいう光を見るという二つの意味を持っています。

現代は二元性の世の中で、物事を様々な方向から見る事をできなくなっている人がほとんどです。

本来は調和した状態が理想ですが、常に傾いていてバランスが取れていない状態です。

そして現在の世の中は、松果体を機能させない為に仕組まれています

秘めた力を独占する為に、現代は松果体を機能させない為に、石灰化になるようにしています。

多くの人は、産まれてから、大人になるにつれて徐々に石灰化が進んでいるのです。

例えば、水道水や歯磨き粉の不可物という成分だったり、それ以外にも食品添加物などや薬など全てによって石灰化を進行するようになっています。

松果体を腐らすものはありとあらゆる日常生活に潜んでいます。

人類をマインドコントロールする上で、松果体が活性化してしまうと私達の精神レベルが向上して、今の管理社会に違和感を抱いて抵抗して生きる人が増えてしまうからとされています。

そして、松果体は幸せホルモンのセロトニンや、睡眠に必要なメラトニンを分泌すると言いましたが、様々な物が松果体を腐らせているんだとしたら、現代病の中に精神病が多いのは、そういった理由もあるのかもしれませんね。

松果体の石灰化は、現代のアルツハイマー病など認知症の発症と明らかに関係しているとも言われています。

松果体の奇跡

人間が幽体離脱臨死体験、宇宙人にさらわれたとかの体験をしている人。

ある研究では、そういった体験をしている時は松果体からDMTという幻覚をみる成分が分泌されている事が分かっています。

また、このような幽体離脱や臨死体験を経験している人は、多くの人が「人生が良い方向で変わった」といっていますが、松果体は本当に精神世界と繋がれる通り道なのかもしれません。

松果体を復活させる方法

一般的には自然の生き方をする。ありのままで生きるという事です。

また太陽の光を浴びたり瞑想する。

これらは、普通の生活をしていたら完全にそういった生活をするのは難しいのです。

そもそも世の中がそういった生き方をさせないように仕組まれているので、この生活から解放されるのはそう簡単ではないのです。

まとめ

第三の目である松果体についていかがでしたでしょうか?

世の中には、幽霊が見える人や未来の予言ができる人がいます。

その多くは嘘つきなのかもしえませんが、実際に見れていたり予言が的中している人は、実は松果体が覚醒しているのかも知れませんね。

私達には感じたり見れたりできない事を、その人たちは松果体が覚醒し、第三の目が開いた事によって、感じられているのかも知れません。

人間の脳の機能に関しては、未だ多くの謎に包まれています。

寧ろ人間の脳の機能を全て理解する事は、宇宙の謎を解き明かす事と同じくらいのミステリーだと思いますよ。

歴史的偉人、ニコラ・テスラが言った有名な言葉があります。

「宇宙の秘密を見つけたければ、エネルギー、周波数、振動について考えよ」

今後全ての謎を解き明かす事ができる時代が、果たして来るのでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事