イタリアの世界遺産の一つ

ピサの斜塔をご存じでしょうか?

今では観光スポットの一つになっていますが、この斜めにそびえたつ搭がいつ何のために?

そして何故傾いているのか?を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ピサの斜塔とは?

ピサの斜塔は、イタリアのピサ市にある「ピサのドゥオモ広場」にあります。

建築家の、ボナンノ・ピサーノによって1173年に建造を開始しました。

地上からの高さは55.86m、階段は296段あります。

そして列柱は、なんと大理石です。

驚く事に、完成は1372年の建造開始から約200年近くたった時です。

ピサの斜塔の建設目的は、当初建設の目的は近くにある礼拝堂の鐘楼の為に建設されていました。

スポンサーリンク

何故傾いているの?

ピサの斜塔は、1173年に着工されて完成は1372年で、建設当初は傾いていなく真っ直ぐに立っていました。

では何故傾いてしまったのか?

ピサの斜塔は、中世のヨーロッパ時代に建設されています。

現在のような技術がないので、コツコツと長い年月をかけて完成に至っています。

建設された場所は、アルノ川が運んできた土砂の上に建設されています。

その結果、地盤が非常に弱く1185年には約10m程の高さに出来上がった時には、既に地盤が沈んでしまって傾き始めていました。

その後、中心軸をずらしながら建設しましたが、傾きは直すことができないまま完成に至りました。

現在までに改修工事が行われ、4度の傾きまでに改善しております。

スポンサーリンク

ピサの斜塔が倒れない理由

1372年の完成から現在までに、なんと4回の大きな地震を経験しております。

しかし、600年以上も倒れずに立て続けているのです。

理由として、地盤の特性と建物の構造的特徴が絶妙なバランスで成り立っている為であることが、研究によって明らかになりました。

地震によって建物が崩れていく時は、地面の揺れに対して建物が共振を起こす事でエネルギーが増大して耐えきれなくなって崩れていきます。

しかし、ピサの斜塔は不安定で柔らかい地盤の上に一定の高さと丈夫さ持っている建物であった為に、共振が相殺される現象によって、4回もの大きな地震にも耐えていたのです。

まさに地盤によって傾き、地盤によって地震にも耐えられていた。

世界の傾いている建造物

プエルタ・デ・エウローパ

ヨーロッパのバルカン半島に位置する、スペインのマドリードにある大きな通りをはさむようにそびえ立つツインタワービルです。

設計者は、アメリカ人のフィリップ・ジョンソンによって建造されています。

高さ:115m
階層:26階建
着工:1990年
完成:1996年
傾き:15度

 

キャピタルゲートビル


出典:「キャピタルゲート」のご紹介

世界一傾いている事で有名な建造物です。

キャピタルゲートビルは、中東のアラブ主長国連邦にあるアブダビに建っています。

これはUAEの首都でドバイに次ぐ第2の都市です。

設計者はイギリスで創設されたRMJMという建設企業。

高さ:160m
階層:35階建
傾き:15度

12階まで垂直に伸びており、そこから30cm~140cmずらして建設されています。

空中屋外プールジャグジーなどがあります。

まとめ

1度はいってみたい観光名所のひとつである「ピサの斜塔」についていかがでしたでしょうか?

まさに奇跡によって未だに残る建造物です。

この先の何十年、何百年も変わらずにいてほしいと思いますよね。

【追伸】

私は飲食の事業部統括という役職をを手に入れたものの、

将来の生き方を考え「時間労働」=「収入」から脱却するべくブログを始めてフリーランスもしております。

今も現在進行形で完全に副業を本業に変えるべく「自由」を目指してブログを日々強化をしています。

下記の記事は、私がブログを始めてから収益を出すまでの人生録です。

【期間限定】オリジナルコンテンツを無料でプレゼントします

私はPCのスキルも知識もゼロからブログ開始して、1年半で3万PVまで伸ばし、アドセンス広告だけで月2万円到達して現在進行形で収益は伸び続けています。

しかし、これは順調に伸びたのではなく、
あるコツをつかむことが出来たからです。

その一番のきっかけになったのを
アドセンスで収益を上げる方法」にまとめました。

ブログ運営で収益を上げる為の基本中の基本です。

ブログ運営をする事により、様々な収益の発生をさせる為の応用が効きますし、今でも私はこのやり方に沿って収益を上げ続けています。

無料配布中です。


>詳しくはこちらをクリック!<

もしくは、下記画像をクリック!



>アドセンスで収益を上げる方法を受け取る<


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事