【衝撃】世界中で「人口増加」が爆発的に進むと驚きの事実が判明!

人類が地球に誕生してから現在に至るまで、私達は絶えず進化と発展を遂げて今この瞬間も人口は爆発的に増加し続けています。

しかしながら人口の増加に比例してその暮らしや思想は多様化していき、人類間での争いや格差の広がりをはじめ、人口増加に伴い問題も数多くみられるようになりました。

今回は、このままのペースで人口が増え続けた場合に置きりうるいくつかの脅威について紹介していきます。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

人口増加による「資源問題」

人口爆発が原因で起こる脅威と聞くと、真っ先資源問題を思い浮かべるのではないでしょうか?

この問題は日常的にテレビやネットで見かけるこも多く、そのほとんどがネガティブな内容となって不安を煽ってきます。

実際の所、2017時点で国連が発表し世界人口予測によると地球の総人口はなんと!

 

2030年には85億5700万人

 

2055年には100億人を突破

 

そして、全ての人類が現在の世界の中心であるアメリカと同等の暮らしをしようとした場合は、地球5個分もの資源が必要だと言われている為に、国家間の対立が始まり資源の争奪戦が始まります

そして、争奪戦に勝利し資源はその中の1人握りの富裕層だけであり、勝ち取った資源を巡って再び奪い合いが起きると言われています。

 

もはや争奪戦の無限ループ

 

またイギリスのエネルギー関連事業を展開する大企業「BP」は2015年に発表した今後の見通しによると現代のエネルギー資源である化石燃料が後何年維持できるかを計算しました。

 

石油→51年

石炭→114年

天然ガス→53年

 

このようになり、争いが起こるとすればこれらの資源を巡って争いが行われます。

またオハイオ州立大学区で、人口と生活多様性に関する研究をしているジェフリー・マッキー氏人類史上について私達は現時点で持続不可能な人口に達している」と指摘しており、人口が100億人を超過した人類の未来については人類にとっても他の生物にとっても悲惨なものになるだろう」た語っています。

スポンサーリンク

人口増加による「戦争」

資源の奪い合いの先に人類が辿りつく最悪の着地点が戦争です。

ここでは、文明が発達した現代の最悪のケースは第3次世界大戦が起こった場合に予想される人類の未来について解説します。

まず、中国人民解放軍の少将「朱成虎(シュセイコ)」氏は、このようにいっています。

朱成虎氏が人口増加についての発言
「現代の人口爆発と戦争を結びつけて核戦争こそが増えすぎた人類を減らし、地球環境を守る最速の手段だ、第三次世界大戦は確実に起こるし積極的先制攻撃により味方よりも敵人口を減らして優位を保つべきだ。」

恐ろしい視点で未来を見据えた発言をしています。

このような戦争に関する積極的発言を実際に耳にすると震えがってしまうような過激な意見もある為、世界的に避けられる傾向にあありますが、各国の研究者達に第三次世界大戦の予想によると、「核戦争に発展する可能性は極めて低く文明の発達によりげんじつだけではなく、サイバー空間における情報戦も交えられ数年間に渡り長期化し、泥沼の世界が続くだろうという説」があります。

また核兵器の応酬によって極めて短期間で終焉になる荒れ果てた環境だけが残り、人類のみならず地球そのものの未来が失われるといった説が存在しています。

歴史的に有名なアインシュタインの予言によると、「大3次世界大戦がどのように行われるかは私には分かりませんが、第4次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器棍棒でしょう」との事です。

スポンサーリンク

人口増加による「思想の多様化」

自身の生き方を多数の選択技から選択可能なった近年では、国や個々の間では様々な価値観が生まれています。

例えば、文化庁が公開した宗教年鑑によると平成27年時点で日本国内だけで、18万を超える宗教が存在しているとの事です。

思想の多様化は人口爆発が世界規模で拡大して同時に思想の多様化による問題も多発している事から、資源問題と同様にこれからの人類にとって避けては通れない問題であるとされています。

例えば、絶対菜食主義者のであるヴィーガンの中のごく一部の人達が動物の肉を提供する飲食店の前で抗議活動や攻撃的な行動を起こしメディアに大きく取り上げられる事がありますますが、このような事象が活発化すると予想されています。

人類の発展によって多くの人種が生まれ多くの思想価値観が生まれた現代に置いては数多くの歴史が存在しており、それぞれが違った正義を掲げている事から、思想や価値観の衝突によって多くの摩擦が生まれる事になります。

こういった問題は資源や技術問題と違い明確な解決方法や着地点が分からない為に、沢山の思想家や研究者が未だに頭を悩ませています。

それと同時に暮らしが豊かになったと同時に、人々の中にある協調性や他社に対しての思いやりなどのが、貧困になりつつあります。

またこれらの問題について自身のあり方を自由に選択できる権利は豊かさの象徴と言えるため、否定されるべきではありませんが、一方で違った思想を持つ者を敵として見るのではなく、尊重すべき個性であると捉えるの心の余裕を持つことがまず重要だと言われます。

人類に残された希望

これまでお話ししてきたように、人口爆発には私達の平穏を脅かす多くの問題が存在しています。

同時にそれらを和らげる希望の光も存在しています。

例えば、近年では教育に関する水準が世界全体で向上しつつある事や、それに伴って資源の消費率も改善されているという話がある。

更に、先進国がアフリカなどの発展途上国へ積極的に支援を行う事で、より生産性を高めると共に国家間でより前向きな繋がりをき築こうとする動きも年々活発化しています。

他にも、国連が主導する地球規模の17の持続可能な開発目標SDGsなど人類全体の大きな問題に対して人類全体での解決を図ろうと努力している事実もあります。

技術の進歩によって新たなエネルギー資源の実現も進んでいて、特に消費するよりも早いペースで自然界の力により補充される再生エネルギーの発展も進んでいる事から、これらが人類を救う大きな一手になる事が期待されています。

更に、月や火星など地球外に人類の移住スペースを設けるための研究も多数の機関が取り組んでおり、中には星の大気ごこ作りかえてしまおうという大胆な計画も存在しています。

この計画については、【火星】人類移住候補の一つ!その実態について迫る!!をご覧ください。

それらの構想は現段階では実現不可能な障害を多数抱えているものの長い目で見ると決して非現実的とも言えないようで、仮に安定化に成功した場合には地球が抱える問題の数十パーセントが解決可能となります。

まとめ

世界中で「人口増加」が爆発的に進むと大きな問題が生じる事実についていかがでしたでしょうか。

世界中に私達のような一般の人が積極的に考えて行かなけらばならない課題だと感じますね。

今がよければと考えていると将来、私達の地球人類が崩壊してしまう危険性があるので、この記事をみたあなたも今日から地球の今後の問題について考えてみてはいかがでしょうか!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事