【衝撃】癌の原因が遂に判明!実は多くの人が良く食べる○○だった!
スポンサーリンク

どうもこんにちは

今回は、日本の死因の1位であるに関する内容についてです。

この癌の原因は、実は意外と知られていないのですが普段皆が食べているあるものが原因で癌になると言われているんです。

それがいったいなんの食べ物なのかについて詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

癌とは

まずというのは、発癌物質が正常細胞を癌に変化させます。

変化させるという事は、臓器が上手く働かなくなりそれによって身体に有害な症状を及ぼす事を言います。

前提として、癌というのは生活習慣病です。

癌というのは、避けられない病気とか遺伝的にプログラムされたと認識されている方も多いと思います。

しかし、遺伝的な要素で癌になる確率は一般的に5%以下と言われており、大半の癌は生活習慣(運動・食事・喫煙)が主な原因です。

癌の主要な原因は?

発癌物質が原因なのか?

発癌物質を活性化させる身体の中の状態が原因なのか?

このように癌の主要な原因は2つのどちらが問題なのかという事です。

発癌物質とは

発癌物質について代表的なものと言えば煙草です。

そして発癌物質として、タール・アセトアフデヒド・多環芳香族炭化水素など50種類以上存在します。

また煙草の主流煙より副流煙の方が3~10倍以上人体への悪影響を与えると言われています。

その理由として、主流煙というのは燃焼温度が上昇してかつフィルターを通すので有害物質が低下します。

一方、副流煙というのは燃焼温度が低くフィルターを通さないので有害物質が増加する傾向にあります。

なので吸っている人より周りの人の方が悪影響が出ると言われています。

その他に、産業廃棄物だったり排気ガスなどが発癌物質として上げられます。

食品で言えば、特に加工食品が発癌物質として上げられ、タール着色が主な原因であり清涼飲料水やお菓子の色づけする物質に使われます。

また亜硝酸ナトリウムも発癌物質の原因であり、ソーセージやハムに含まれている色をピンクに見せて美味しく見せる為に使うものです。

この世には多くの発癌物質が身近に存在しており、全てを回避する事は非常に困難ではあります。

スポンサーリンク

発癌物質の代謝を活性化する酵素とは

実は発癌物質の原因よりも、この発癌物質の代謝を活性化する酵素が非常に重要です。

癌の罹患率いわゆる一定期間の平均人口に対する疾病発生件数は、国によって大きく異なると言われています。

特に欧米型の食生活をしている地域だと、同じ国であっても癌の罹患率は高い傾向になあります。

この欧米型の食生活とは何の事かというと?

実は癌の発生の最大の要因は、動物性タンパク質が原因だと言われています。

特に、肉製品だったり乳製品などが癌細胞を活性化させる酵素を多く含んでいます。

先程お伝えした発癌物質よりも動物性タンパク質を多く摂取する方が癌の発生に貢献してしまうという事です。

逆に、動物性タンパク質が少ない地域だと癌の発生率が低下する傾向にあると言われています。

ただ、タンパク質であるアミノ酸ですがこれは生体の構成成分であったり、物質の運搬やホルモンや筋収縮に関与しているタンパク質は必要です。

ではいったい何処からタンパク質を摂取すればいいのかという事を次で見て行きましょう。

癌予防に向けた食生活とは?

先程のにもお伝えしましたが、タンパク質は必要なものではありますがいったいタンパク質をどこから接収すればいいのかという事になります。

それは、植物性タンパク質であり特に大豆を多く摂取する事でタンパク質を多く接収すれば良いです。

この植物性タンパク質というのは、動物性タンパク質と違って癌細胞の活性化を抑える効果があると言われています。

なので癌予防の食生活として、大豆や枝豆といった植物性タンパク質多く取り入れた食事を行う事

例えば、サラダに枝豆や納豆を加えたり、里芋と納豆入りのユッケをつくったりとかしてみてください。

更にもう一つ重要なのは、動物性タンパク質を減らすという事ですがこの食品を単純に減らすというのは続けるのが大変です。

なので、動物性の食品を減らすというよりも豆類や果実といった植物性食品を増やすという事が大切です。

まとめ

癌の原因である食べものについていかがでしたでしょうか?

実はこの世界中の死亡原因である癌ですが、実は100%完治する方法があったのを知っていますか?

癌が100%完治する記事【衝撃】ガンを100%治せる方法をライフ博士が発見!抹消されたワケ!についてどうぞご覧ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事