生まれ変わり、輪廻転生とは!!あなたはいったい誰の生まれ変わり?
スポンサーリンク

突然ですが、あなたは生まれ変わりを信じますか?

心というものは、脳の神経の電気信号の組み合わせで出来ていて、死んだら脳の機能は停止してしまって待っているのは?

無の世界

と信じている人が多いの思います。

科学にはそれを決定づける根拠はありません。

死後の世界・輪廻転生・魂の概念・前世と来世は果たして存在するのでしょうか?

それでは詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

脳科学における輪廻転生

脳科学の研究によると実は、心と脳は別物だと言う事が分かっています。

強迫性障害治療の世界的権威のジェフリー・M・シュウォーツ博士によれば、脳が心に影響を与えているのではなく。

心が脳に影響を与えているのです。

また哲学の世界でも、1990年代になってようやくチャーマーズという哲学者が脳の電気信号の集まりがどれだけ複雑になったとしても意識や物が見えたり聞こえたりする体験は絶対に生れてこない事を「意識のハードプロブレム」と名付けて問題定義し、現在でも全く未解決問題となっています。

そして生まれ変わりについては、現在でも多くの人に信じられており国際調査プログラムの2008年のデータによると。

日本人の約4割が輪廻転生はあると答えていたそうです。

更に2005年~2013年にかけてアメリカのハリス社がおこなった調査によると、「神・奇跡・天国」といった宗教的関連への信仰率が軒並み減少していました。

しかし、アメリカ人の輪廻転生への信仰率は寧ろ増加していた事が分かっています。

日本の仏教の輪廻転生

ここで仏教における輪廻転生という概念について説明しますね。

仏教の輪廻転生の考え方では、「天界・人間界・修羅界・畜生界・飢餓界・地獄界」の6つの世界を車輪のようにぐるぐると生まれ変わりながら生きていくとされています。

この6つの世界はいずれも、苦しみに満ちた世界であると考えられています。

その為お釈迦様は、六道輪廻にいる以上永遠に苦しみから逃れる事ができないとし輪廻を超越した浄土という場所が苦しみの一切ない極楽世界だと考えられています。

ちなみに極楽浄土がどんな世界というと、土地は七宝といって「金・銀・瑠璃・水晶・白いつやのある貝・赤い真珠・メノウ」などで出来ています。

そして宝の池があり、池の四方には水の中から岸に向かって、金・銀・瑠璃・水晶で出来た階段があり池の上には七宝でできた御殿あるとの事です。

極楽浄土では、そよそよと風が吹いていて宝石で編まれた網や宝の並木を動かすとなんと!または千の音楽を同時に聞いたような素晴らしさとの事。

逆にやかましそうですが(笑)

極楽浄土に産まれなおした人は、皆全く差別なく競争もなく姿形も違いがない、そして清らかな身体で知恵が高く神通力も使えます。

顔立ちは、人間界最高の美男・美女どころかその何億倍も美しいといわれる天神・天女さえも遥かに超え!

更に!その百千万億倍の美しさとの事!!

このスケール!もはや意味わからん(笑)

美しい服を着て毎日美味しい物を食べているとの事です。

極楽浄土の行く方法として3つを行う事が必要であるとの事です。

極楽浄土の行く方法
1日数万回念仏を唱える。
臨終に心を乱さない。
六道輪廻の根本原因を立ち切る。

かなり無理があるという・・・。

様々な宗教の輪廻転生の考え方

オーストラリアの先住民であるアボリジニの神話からヒンズー教など古代より世界各地において、人間は死後の魂が違う領域へと向かった後に再び肉体をへて戻ってくるという考え方や信仰が多く見受けられます。

例えば、古代エジプトでは人の霊魂は死後「ワアー」という鳥になって肉体からあの世へ飛び立っていく考えられています。

スポンサーリンク

生まれ変わりの兆候とは

生まれ変わりの兆候として上げられものを紹介しますね。

デジャブ、こらは経験した事もあるのではないかと思います。一度の訪れた事がない場所や景色や人物に対して、知っていると感じたり懐かしく感じたりする不思議な体験の事です。

これに関して、脳科学の研究では、脳の神経回路の誤作動や記憶のくい違いや錯覚によるものなどとされてはいますが実際は解明はされていません。

、これは夢で今とは全く異なる人生を送っているという「はぁっ!」とするような鮮やかな夢。人間の潜在意識では幼少期の体験がふとした際にフラッシュバックする事がありますが、実は!

更に更にさかのぼって生まれ変わる前の自分の体験が夢にでているかも知れません。

前世の記憶の様々なエピソード

過去にシリアで、「前世で殺された」という少年が、自分が殺された土地へ両親を連れていき犯人を言い当てたとの事。

これは少年が転生した事を裏ずけるエピソードとして話題になりました。

なんとも不思議で驚きの出来事ですね。

インドのアルアミアナ住む6歳の少年は、2歳の頃から自分の事をアルアミアナから60Km離れた村に住む、「サテゥナム」であると言っていました。

更に前世の自分は16歳でスクーターに跳ねられて、1992年9月10日に亡くなって、その時の財布の中身が30ルビーであったと言っていました。

それを調べた所、サテゥナムという男性は実在していて名前・年齢・住所・死亡日時・死因・財布に残された金額すべてが一致していました。

年齢が進むにつれて前世の記憶が消えていく事が多いが、こういった事例のように転生を認めざる終えないような事も数多くあります。

前世を知る方法

自分が何の生まれかわりなのかを知る方法としては、デジャブを記録したり夢の共通点を探すのが考えられますが、別の方法としては退行催眠というものがあります。

退行催眠とは、意識を過去に戻す事でトラウマなどの治療する催眠療法ですが、退行催眠中に前世の記憶が甦る例が数多くあります。

まとめ

生まれ変わり、輪廻転生にについていかがでしたでしょうか?

世界でも数多く報告されている前世の記憶!!

いつの日か、あの世の謎までも解き明かす日が来るのでしょうか?

そして、人類全ての記憶が保管されている場所があるそうです。その場所の名前はアカシックレコードと言います。詳しく記事書きましたので是非ご覧ください!

スポンサーリンク
おすすめの記事