未来につながる石碑!ロゼッタ・ストーン
スポンサーリンク

ロゼッタ・ストーン

ご存知でしょうか?

これはナポレオン配下のフランス軍によって発見された、「石碑」です。

この発見により、今まで解読できなかった事が解読できるようにできたのです。

スポンサーリンク

ロゼッタ・ストーンとは?

1799年に、エジプト遠征中のナポレオン率いるフランス軍により発見された石碑です。
発見場所は、ナイル河口のロゼッタ付近

縦 :114.4cm.
横 :72.3cm.
厚さ:27.9cm.
重量:760cm.

石碑には3つの文字が刻まれており。
上段:古代エジプト ヒエログリフ(神聖文字)
中段:古代エジプト デモティック(草書体・民衆文字)
下段:ギリシア文字

これは1822年に「ジャン=フランソワ・シャンポリオン」と物理学者の「トマス・ヤング」によって解読されました。

紀元前196年にプトレマイオス5世によってメンフィスで出された勅令が刻まれた石碑の一部。

出典:ロゼッタストーンは古代エジプト語ヒエログリフ解読の重要な石碑

発見により大きな進展

ロゼッタ・ストーンの発見により、古代エジプトのシャンポリオンヒエログリフ解読の鍵になりました。

また、他のエジプトの文章が次々と翻訳され、古代エジプトについての研究が飛躍駅の進展していきました。

まさにロゼッタ・ストーンは言語学にとって大発見です。

スポンサーリンク

現在どこに保管されている?

発見した後は、カイロのエジプト研究所に保管していた。

しかし、1801年9月にフランス軍がイギリスに降伏した為、フランス軍が保管していた古代エジプトの文化財ごと、アレクサンドリア協定のもと、イギリスに引き渡されます。

現在、大英博物館の収蔵品となっています。

しかし、2003年からは最も正当な所有者として世界的にもエジプトであり、返還を求めているがイギリスは未だ返還しておりません。

日本にもロゼッタ・ストーン?

1985年以来、東京大学総合図書階のラウンジには、なんとロゼッタ・ストーン(レプリカ)があります。

他にもレプリカがある場所。

ルーブル彫刻美術館。
・古代オリエント博物館。
・岡山市立オリエント美術館。
・中央大学図書館。
・中近東文化センター付属博物館。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ロゼッタ・ストーン」の発見によって歴史が刻まれていったのだと感じます。

また大昔の人が造った建造物や石碑や絵などの歴史的なものは非常に魅了するのはなぜなんでしょうか?

そして、「ロゼッタ・ストーン」を現在保有するイギリスから、本来あるべき場所であるエジプトに一日も早い返還を!!

スポンサーリンク
おすすめの記事