シアリングエコノミーといって、Uber Eatsとか人の家に宿泊できるAirbubや家事代行、メルカリとかインターネットを介して個人間での取引が行われるサービスがかなり増えました。

使われていない資産を上手く利用して、重要と供給をマッチするという。

最近では店舗やレストランなどのロス対策として、消費者に安く販売できるサービスTABETEなども登場しています。

 

あなたも一度は利用した事はありますか?

 

便利になっていく反面リスクはつきものですよね。

特に個人のリスクが増す意味でやべぇ奴が相手なら即アウトですね(苦笑)

確かにこれらのサービスは結構ミスは目立ちます。相手は企業というより人と人とのやりとりだから仕方ない部分もありますが。

今回はそんな最新のサービスにまつわる実際にあったといわれる怖い話をしていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!!

スポンサーリンク

シアリングエコノミーサービスで起きた事件とは

あるアメリカの学生におきた本当の話です。

カイルはデリバリーのバイトをしていて、お客様からのチップが多い金曜日と土曜日の夜にシフトを入れるようにしていました。

アメリカにはチップ制度があるので、サービス業で働いているのはかなり良いですよね。

私も昔の仕事でアメリカンレストランで働いていましたが、チップ制度ではないですが貰えた時には非常に嬉しかったです。

私のどうでもよい話はさておき本題に入りましょう!(笑)

ある土曜日の深夜1時にカイルというお客さんからマクドナルドのデリバリーの依頼を受けました

マクドナルドまでは自宅から車で2分ほど、カイルの家はマクドナルドから7分ほどの所にありました。

注文はハンバーガー2個。地図アプリでカイルの家まで向かい行き止まりの道に辿り着きました。

そこからまた短い行き止まりの道へと曲がるようにアプリに誘導されカイルの家はその突き当りにありました。

1時すぎという事もあり、周りは真っ暗で街頭もありませんでした。時間も遅かった為に、家のチャイムは鳴らさずにカイルの番号に電話をかける事にしました。

電話はそのまま留守番電話サービスに繋がった為、電話を切るとカイルからショートメッセージが届いていました。

「玄関の前まで来てくれないか」

広い木造の玄関にいくと、玄関が開きました。

そこには坊主頭の30代ぐらいの男性が立っていました。

酔っているのか息が非常に臭く、支払は全てアプリ内で完了しているのですぐに帰ろうとしました。

しかし、チップのお金をとってくるから商品をキッチンのカウンターに置くようにと指示されました。

彼はチップは確かに貰いたかったのでここで待つことにしました。

部屋は真っ暗で明かりが1つしかついていなく、キッチンが汚いせいか異臭が充満していました。

何故かカイルは地下室のお金を取りに行くといってから、一向に帰ってきません。

リビングがキッチンに隣接していたので、リビングのほうに行ってみるとTVがついていました。

 

勿論TVの光以外は部屋は真っ暗です。

 

異臭がキッチンから来ているかと思いきや、リビングの方に行くと異臭はより強くなりました。

リビング側に裏口があり、ドアが開いていました・・・。

彼は異臭に耐えられなくなりドアを少し開けてみたら、異臭がより強くなった為気になったので裏デッキの方に出ていきました。

裏デッキには大量のコバエが飛んでいて、モーションセンサーがあたのかデッキの電気がつきました。

 

するとそこには!!!

 

明かりに照らされた横に長い大きなゴミ袋が2つすごい異臭をはなち置かれていました。

状況を理解した彼は、直ちに玄関の方に向かい車に戻ろうとしましたが・・・・。

 

 

その瞬間

 

 

カイルが地下室から戻ってきて2ドルを手にして、「チップはいらないか?」と話しかけられました。

自分が目にした事がバレるのはよくないと判断し車に何か探しに行こうと思ったととっさに嘘をつきました。

「あぁ そうか」とカイルは納得し、2ドルを手渡す為に近づいてきました。

そしてデッキの方を見て、明かりが付いている事に気付き急に笑顔が消えこういいました。

 

「デッキに出たのか?」

 

彼は出ていないと嘘をつきましたが、嘘がバレていると判断しそのまま車までダッシュして逃げようとしました。

エンジンをかけすぐにアクセルを踏み家を後にすると、バックミラーには男が金属棒を手に追いかけてくるのが見えました。

大通りまででてからすぐに警察の電話して、目にしたものすべて伝えましてた。

警察がすぐにきてカイルの部屋に入ると、カイルはその黒いゴミ袋を裏庭の茂みに隠そうとしていました。

 

 

やはりそのゴミ袋には・・・・。

 

 

2体の死体が入っていました。

非常に恐ろしいアメリカで実際にあった事件でした。

流石に死体発見までにはいかなくても、こういった人間トラブル今後結構起きそうですよね。

1人1人の責任が問われる時代になっています。

実際こういったバイトをしていてトラブルになったという人いますか???

今後AI化なども進み働き方もものすごく変化していく時代、将来どうなっていくのか気になる所ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

シアリングエコノミーサービスで驚きの事件についていかがでしたでしょうか?

1人で訪問するサービスって本当に何か怖い部分がありそうですよね。

最近の日本でも非常にサイコパス的な事件が目立ちますし・・・。

あなたの安全はあなた自身でしっかりと対策をしましょう!!


ブログで収益UPする方法
学べる電子書籍をプレゼント!

今回、

収益化する為の文章術の極意

電子書籍無料プレゼントします!



《〜内容〜》

第 1 章: 「伝わる文章」とは?
第 2 章 : 記事が読まれて売れる為に必要な事とは?
第 3 章 :  嫌われる記事の3つの特徴?
第 4 章 :  人の感情を動かすのは、人の感情!
第 5 章 :  ライティングスキルを磨くポイント
第 6 章 :  とにかく真似からスタートしよう!
第 7 章 :  初心者ブロガー共通の「書くネタがない」
第 8 章 :  最後に

これを読めば、

  • 稼げる人と稼げない人の明確な違い
  • ブログ意外でも使えるスキルを見つけられる
  • 「収益化」をする為に、具体的に今何をすればいいのか?
  • 感情を揺さぶる文章術で収益化出来る方法が理解出来る。
  • 収益化する為の文章スキルが身に付けられる
という情報が、
手に取るようにわかってしまうと思います。


さらに、


公式ラインの中
追加プレゼントなどもお渡しする予定です。


① ブログ初心者が収益を更に倍増するまでの過程大公開レポート!



ブログ初心者が何を学んで、
努力を結果に繋げてきたのかなど過程を大公開!


② ブログビジネスの知識を活用して「更に収益化を伸ばす」ための方法


 

ブログを活用して
更に収益を倍増
するまでに
取り組んだことなどを赤裸々に公開!



▶︎よしむがブログビジネスを始めるまでの物語とブログの理念はこちら



ブログに書けない話は
▶︎無料公式LINEで発信中。


是非、楽しみにしていてください。

=========================



今すぐ無料で
プレゼントを受け取る

”相手の感情を揺さぶる”
収益化する為の文章術の極意
⬇︎⬇︎⬇︎



不要の場合はいつでも簡単に解除可能です。
不定期で追加プレゼントをお送りするので、
普段からお使いのLINEになります。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事