【太陽】地球にとって必要不可欠な惑星について詳しく説明します!
スポンサーリンク

私達が住む

地球

この奇跡によって誕生した地球は、太陽の影響があったからこそ、地球に生命が産まれました。

この太陽について詳しく説明していきます。

最後まで読んで頂けあなた!

太陽のように、人を照らす存在になる事間違いなし(笑)

それでは見ていきましょう!!!

スポンサーリンク

太陽とは?

太陽の熱や光によって、惑星は存在しています。太陽系の全体の質量の99.86%を占めています。

太陽はみずから光を発している恒星です。

年齢:約46億歳
・超新星爆発の残骸から誕生したと言われます。

大きさ:半径69万6000km
地球の109倍

1mが地球なら太陽は東京ドームほどの大きさ。

距離:地球から1億4960万km

大気:ほとんど水素で構成。

表面温度:約6000℃。

中心温度:約1500万℃。

黒点:太陽内部のエネルギーが磁場によって温度が下がった所

黒点は、1609年にガリレオ・ガリレイによって発見。

太陽は燃えていない?

太陽は燃えているイメージがありますが、実際には燃えている訳ではありません。

燃える為には酸素がないと燃えません。そして太陽は水素から構成されています。

太陽の中心部では重力が大きすぎて「核融合」が起こっています。

核融合とは、水素の原子核同士が合体してヘリウム原子核を作っている事を言います。

その時に、大量にエネルギーが生じて、外側の水素原子が発光しているのが太陽。

太陽が出す強い光や熱が「まるで燃えているように感じる」事から、太陽は燃えているのだと感じます。

スポンサーリンク

太陽の重力

地球のおおよそ28倍もあります。

もしも人間が太陽に降り立つ事が出来た場合に、体重60kgの人間も太陽の重力によって1.7tもの体重になってしまいます。

完全に自分の体重に押しつぶされてしまいますね。(苦笑)

太陽の大気について

300km~600kmの薄い層が存在していますが、これを「光球」といいます。

光球の表面には「彩層」という、2000kmほどのプラズマ層も存在しています。

彩層の外側には、コロナと呼ばれる約360万℃のプラズマ大気層が存在しています。

太陽フレア

太陽の表面で発生する「大爆発」の事をいいます。これはコロナのプラズマが数千℃にまで加熱される事により発生。

大爆発は、約数万kmにも及びます。

水爆の1億個に相当すると言われています。

太陽の最期

いつかは太陽は死を迎えますが、おおよそ50億年先だと言われています。

①時間の経過とともに太陽の明るさが現在の2倍まで増します。

②超新星量爆発を起こすほど質量がない為、核融合の為の燃料が尽きます

③次第に膨張していき、現在の大きさの170倍まで膨れ上がります。

④水星や金星は太陽に飲み込まれます。地球は灼熱の星に変貌

⑤その後一旦縮小し、また再度800倍に膨張します(現在の地球の位置にも到達)

⑥そして徐々に冷えていき地球と変わらない大きさにまで縮小。

⑦太陽活動停止

このようにして太陽の寿命をむかえます。

太陽

さようなら!

そしてありがとう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

太陽について豆知識をつけられたのではないでしょうか?

最後まで読んで頂いたあなた

誰かを照らす存在になった事、間違いなし(笑)

スポンサーリンク
おすすめの記事