【タイムマシーン】遂に実現可能!!!
スポンサーリンク

みなさんは一度は、過去や未来に行ってみたいと思った事はないでしょうか?
私はいつも思います。(笑)

そんな事が実現できる訳がない!!!

と多くの人は思います。

しかーし

タイムマシーンは必ずできると思っています。

宇宙には私たち人類の考え方を覆るような事が、たくさんあります。

そして多くが、謎のベールに包まれています。

未来には、必ずタイムマシーンで時間旅行ができるようになると思ってます。

さあ、今回そのタイムマシーンについて詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

タイムマシーンとは?

タイムマシーンの存在を初めに考え付いた人は、エリンケ・ガス・パール・イ・リンバウです。

タイムマシーンの考えは、未来や過去にいく為に、時間の流れを超えて旅ができるマシーンです。

理論的にはタイムトラベルは実現化のですが、現在の人類の技術ではできないという事です。

しかし

皆さんもご存じである有名な偉人、アインシュタインの一般性相対性理論はタイムトラベルを理論化する手助けを行っています。

その一般性相対性理論の中には、空間を歪ます事が論じられています。

その正体は重力です。

この重力こそが、タイムトラベルの鍵を握っているはじです。

タイムマシーンの発明に人生を捧げた科学者

タイムマシーンの発明に人生を捧げた科学者がいます。

ロナルド・マレット博士(72歳)です。

コネチカット大学物理学部の名誉教授は、ブラックホールの専門家として世間に発表していましたが。
2015年11月に実はタイムマシーンの研究をしていた事を発表していました。

現段階で実現可能なタイムマシーンについて、マレット博士は未来にメッセージを送受信する為の装置を研究しております。

アインシュタインが論じた相対性理論とは?

早く動けば動くほど時間の流れは遅くなります。(特殊相対性理論)

重力が強いほど時間の流れは遅くなる。(一般性相対性理論)

マレット博士は、タイムマシーンの基礎はこの相対性理論にあるとの事

スポンサーリンク

マレット博士が人生を捧げたワケ

ニューヨークのブロンクス地方で生まれた彼は、10歳の時に父親を亡くしています。

その為、かなりの貧困に苦しんでいました。

父が、33歳の若さで亡くならなければ・・と思うようになった為です。

人の執着心は、限界を超え、予想を超え、実現する事を可能にると感じます。

有名なアインシュタインは、大学時代までも、物理や科学の授業はトップの成績でしたが、それ以外の授業は全くできなかったようです。

マレット博士の父にあって助けて上げたいと思う執着心が、ここまで彼を突き動かしているのでしょう。

マレット博士理論

強い重力があると、時空が歪み重力レンズ効果で光も曲がる事はすでにしられております。

逆の作用で曲がった光はまわりの時空をゆがめる。

その光にはエネルギーはある為、積み上げていけば時空がゆがめられてブラックホールを形成し、その境界線にそって情報をのせた粒子を送れば未来から過去に情報はおくれるとの事。

欠点として、このマシンが完成する前の時代には戻れない事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人類の発展は、まだまだ終わりはないのだと感じます。

しかし、今後タイムマシーンの開発が進み、「未来」、「過去」に行ける日がくる事を願って、今回の記事を書きとめています。

人生はあっという間であり、誕生したら、という避けられない運命があります。

私も過去に戻って救いたい命があります。

これからの、マレット博士の研究結果を追っていきたいと思います。

今後私たちが想像もしない世界が実現していくのではないでしょうか。

マレット博士、そして科学の発展を期待していきましょう!!!!!

スポンサーリンク
おすすめの記事