下っ腹の頑固な内臓脂肪を、最も効果的に取り除く方法とは?
スポンサーリンク

多くの人がダイエットをしていても、中々お腹周りの脂肪が取れなく悩んでいる人っていますよね。

このお腹周りの肉が非常に落ちにくい事は一度ダイエットした人ならご存知でしょう。

そもそもお腹周りの肉が何故そんなに落ちにくいのか?

下っ腹の頑固な内蔵脂肪を最も効果的に取り除く方法についてご紹介したいと思います。

内臓脂肪が中々減らなかった悩みを解消する事間違いなし!!

それでは早速詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

何故な内蔵脂肪が落ちにくいの?

結論からいうと、下っ腹が何故中々脂肪が落ちないのかっていうと、実は血行が1番悪いからです。

要は血流が悪いので落ちにくいのです。

良くお腹周りとかおしり周りにボコッと脂肪がついてしまっている女性とか、男性ではビール腹みたいな人がいますが、もともと溜まりやすいからこういった体系になってしまいます。

正確にいうと燃えずらい為にあのような体系になります。

だから、結構強制的な事をしないと燃えません

下っ腹は、とても分解されない事で有名で血流の問題もそうですが、アドレナリンの受け皿がめちゃくちゃ少ないです。

アドレナリンの受け皿が少ないと、脂肪を溶かすホルモンであるHSL(ホルモン感受性リパーゼ)が働いて活性化してくれないと燃えやすい状態になりません。

このアドレナリンのレセプターが少ない事によって、燃えずらくなっています。

だから、強制的にこれをオンにしたりとか血流を増やす必要があります。

女性とかもそうですが冷え性の人とか、お腹周りの脂肪が落ちにくいのは血行の関係がある事は否めません。

内臓脂肪を減らすために必要な事

先程アドレナリンのレセプターが少ないとお伝えしましたが、ではどうすれば良いのかというと。

一生懸命腹筋運動しているあなたは、実は内臓脂肪は減らないですし腹筋は割れてこないです。

理由は、皮下脂肪を減らさないといけないですが、さっきいった通りお腹周りはそもそも燃えずらくなっているのでHSLも少ないし、血流も悪いからです。

その為、体をビックリさせる必要があります

つまり普段燃えにくい脂肪が燃える時ってどういう時かというと、「やばい栄養が足りない、エネルギーが足りないから燃やさなきゃ」とか「お腹周りの脂肪は普段は燃やさないけど、今回燃やさなきゃ」と体に思わせないといけません。

答えは、断食です。

断食した上げる事によって、体がビックリする訳です。

ビックリした体は一生懸命エネルギーを増やそうとし、その結果お腹周りの脂肪もちゃんと燃やしてくれるように変わっていきます。

その結果、頑固なお腹周りの脂肪をそぎ落とす効果があるという事です。

断食といっても、水しか飲まないとかをやってしまいますと筋肉も落ちてしますので、1番良い方法はプチ断食です。

一定の期間や時間だけ、カロリーを経つ事によって身体をビックリさせアドレナリンとかドーパミンとかをださせます。

アドレナリンとかドーパミンはストレスホルモンといって敵と戦う為にあります。

これが血液にのってお腹周りにいくとHSLが活性化して脂肪の分解が進んでいくという事です。

だから先程言った通りアドレナリンとかドーパミンが普通に出ても、お腹周りは血行が悪いので普通に届かないんです。

しかも、届かないうえにさっきいったみたいにアドレナリンのレセプターが少ないので、何が起きるかと言うとHSLがでないから燃えるかたちにもならないのです。

だからプチ断食をして普段よりの多くのアドレナリンやドーパミンを出した上げないといけません。

だから断食が1番腹筋を割る事や、お腹周りの脂肪をとるには良い方法という事です。

カロリー制限も良いけど、断食のほうが楽です。

カロリーをいちいち計算するのはめんどくさくないですか?

普段と同じ食生活で断食すると、自然に好きに食べても普段の接収カロリーから20%~30%くらい割り引かれたくらいのカロリーを自然にとるようになります。

ケーキばっかり食べている人とかは別ですが。(苦笑)

スポンサーリンク

内臓脂肪を減らす方法とは?

オススメとしては男性だったら16時間は食べない時間をつくって、女性だったら14時間食べない時間をつくるっていうのが効果的です。

大体アドレアリンがガンガン出てくる作用は、食事をストップしてから12時間から18時間ぐらい経ってからになります。

断食って最初の1週間はかなり辛いですが、1・2週間ぐらいなれると食欲が理想的な普通の状態に戻るので、お腹がすかなくなります。

ちなみにプチ断食中は、あまり激しい運動をするとストレスホルモンが出すぎてしまうので、軽い運動をしたほうが良いです。

例えば、ウォーキングのようなお散歩でも良いですし軽く自転車をこぐとかよいです。

また、断食中にカフェインチロシンを組み合わせて飲むとより脂肪燃焼効果が上がる事が判明しています。

ここで注意すべき事として、断食がずーと続いてしまうと食欲を減らしてくれるレプチンというホルモンが落ちてしまうので、反動でガツンと食べてしまう危険性があります。

必ず女性だったら14時間、男性だったら16時間で終わらせて、終わらせた後はちゃんと炭水化物をとって大丈夫です。

断食低糖質ダイエットを組み合わせないようにしてください。

ポイントとして、血行を良くする事断食する事。

女性の場合なんか、良く半身浴みたいな体を暖めようみたいな事をやりますが、断食との組み合わせは結構良い方法ですね。

1980年代ぐらいからも皮膚の表面を暖めてあげると皮下脂肪が燃えやすくなる現象が確認されています。

そういう意味でいうとお腹周りを暖めながら、プチ断食して軽い運動をしたりだとか、そして運動が終わったりした後は食欲が激増しないようにちゃんと炭水化物はとる事が最も効果的な方法です。

まとめ

下っ腹の頑固な内臓脂肪を、最も効果的に取り除く方法についていかがでしたでしょうか?

昔は運動などしていたが、仕事が忙しく中々運動できる機会がなくダイエットを成功できなかったあなた。

どんなに仕事が忙しくても結果を出せます。

まさに、結果にコミットした方法です。是非試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事