自分は小学校1年生の頃から
サッカーを教わってきましたが、

そこで学んだのは、
何もサッカーの技術だけではなく
世の中をうまく渡るための社会学でもありました。

その社会学とは、
「義理」と「人情」という
武士道がベースの考え方ですね。

 例えば、

・他人に迷惑をかけてはならない
・苦労して汗水垂らしてお金を稼ぐこと
・女は男を立てるもの
・義理は通して生きるべき
・人の道から外れては絶対にいけない

といったことでした。

これらの考え方に関して言えば大賛成です。

自分もそれが正しいことですし、
この考え方から外れてしまっては一向に、
成功に近づくことはできないと思っていました。

ただ、自分が思うのは、
それらの正しい考え方とかは、
時代によって変わると思うのです。

昔のテレビ番組で
「マネーの虎」
という番組が流行っていて
(YouTubeで動画は上がってます)

自分はビジネスをやっている以上、
なにか得るものがあるだろうと思っていたので、
とりあえず全話見るようにしていました。

その番組の中の「成功者(社長)」が
必ずしもいまの時代も繁栄することが
出来ているとは限らないんですよね。

その番組の成功者の中には、
硬派な人が一定数いましたが、

そういった人の意見は、
義理は通さなければいけないとか
人情を重きに置いて判断するとか言っていました。

後々そういった方の企業を調べてみると、
そういう人ほど
いまの時代で会社は潰れています。

その一方でその番組終了後でも、
ますます企業が発展していって
いまなお活躍している社長も存在しています。

それらの社長に共通していたのは、
「規定の枠組みに捉われていない」
という姿勢であって考え方が根本的にありました。

・これの方法が絶対に正しい
・これは絶対に合ってる
・この方法で自分は成功した

という姿勢や考え方を崩していき
時代に応じて柔軟に考え方を変えていたのです。

そういった社長や企業が
いまの時代も成功しているということなのです。

極端な話ではありますが、
戦争をしていた時代の価値観を
いまの時代に存在したら必ず滅ぶこと間違い無いです。

逆に、いまの時代の考え方を持って、
戦争時代を生きようとしたら間違いなく死亡フラグです。

これに関して言えば、
何も戦争という極限の状態の話だから
この話が通るわけではないのです。

その考え方というのは、
10年~30年単位で変化していくと思うのです。

バブル時代に大繁盛していた人達も、
いまの時代では適応できていないのです。

つまり、
以前の成功する考え方と、
いまの成功する考え方違うということになります。

そしたら、
いまの時代の
「成功する考え方って何?」
と聞かれてきそうですが、

それに関して言えば、
いまのゆとり世代の
考え方と
マッチしているのではないかと思います。

・自分に合った仕事を探すことが大切
・自分の好きなことをして生きていく方法を模索
・汗水垂らして稼ぐ必要なんてない

こういった、ひとむかし前だったら、
発言しただけで殴られるような考え方が、
成功するための考え方となっているのです。

だからあなたが成功することを願うのであれば、
いまの成功する考え方を学ぶために
既存のマインドすべて捨て去るべきなのです。

というよりも疑ってかかる
必要があると自分は思ってます。

最初にお伝えした義理と人情は必要だと思うし、
筋を通さない人間は話にならないけれど、

汗水垂らして働く必要はまったくないですし、
我慢して嫌な仕事を続ける必要もないということです。

世間体や狭くて苦しい、
ルールなんて気にしなくて全然いいのです。

というくらいにもっと
柔軟に変えていくのが一番早い方法だと思います。

むかしの時代の成功する考え方の良い部分
いまの成功する考え方を取り入れていくようにすれば、

間違いなく失敗するということは
あり得ないのではないかなと思っています。

最近、ふつふつと湧き出てきましたが
会社員でずっと働いてきた人よりも若者のほうが賢い
というイメージがあります。

これはおおよそ合っていることだと思います。

もちろん、ずっと会社員で
働いてきた人のほうが知恵はあるし

長いあいだ生きてきた分、
経験は豊富ではあるとは思っています。

でも、それってひとむかし前のマインドだし、
情報社会ではなかったので、
触れる情報も狭いものがほとんどだったということ。

そして、いまの若者は柔軟な発想を持っているし、
インターネットの登場によって、
幅広い情報に触れることができているのです。

自分は小さい頃から、
自分みたいな凡人が億万長者にはなれない
と思っていました。

人間としての総合力というものが、
その人の収入になると思っていたからです。

だからこそこのネットビジネスの業界にきたときに
若くして月100万円、1000万を稼いでいる人を見て
自分の価値観が一気に崩壊するのを感じたし

その上で、いまの時代を生きている自分でも、
できないことではないなと当時思っていました。

自分はいま月収100万円超えを達成して、
毎日会社員のみの給与で苦労している人達より
はるかに楽してお金を稼ぐことができています。

そのことに対して自分は、
別に罪悪感を感じる
必要もないと思うこともできています。

彼らは、
・リスクを取る
・周りに迷惑をかける
といったことから逃げてきたわけで

その結果として一生続いていく労働という、
地獄に閉じ込められているだけだからなのです。

自分は至極真っ当な結果として、
この収入になっているのだとも思います。

ここまで話が長くなりましたが結論を言うと
考え方を柔軟に変えるべき
というのが大切だということです。

これからは無駄なプライドに邪魔されずに、
柔軟に考え方を変えていくことが
成功する秘訣なのです。

以前の考え方に捉われているうちは
成功することはないですし、

いまの時代の考え方も、
10年~30年後には通用しなくなることだってあります。

だからこそ、
その時代、その時代に合った
考え方を身に付けるのが、
最も成功し続けていく賢い生き方だということです。

なので、もしも凝り固まった常識を持っているのなら、
いまいちどその常識をほぐしていって、
正しい形に作り直してしまいましょう。

 

P.S.

ビジネスを学んんでからは人生が本当に楽しくて、
「思い出すだけでニヤニヤしてしまう」
ものばかりでした。

甘酸っぱい思い出も、
腹が割れるほど笑った思い出も
思い出すだけで幸せにさせてくれます。

ビジネスがそういう思い出を
運んでくれたのだと思います。

これからもそんな思い出を
たくさん作っていきたいと思います。

お爺ちゃんになって死ぬ間際に
「楽しかったな・・・」
とため息を付きながら逝きたいものです。

それではこの辺で!ではまた!

よしむ

収益化する為の文章術の極意
電子書籍
でプレゼント!

自分は大手飲食店を退職後、
28歳起業家に出会いブログビジネスを学びました
半年後に53万円の収益化に成功し
10ヶ月には会社員の給与の3倍の
100万円超えを達成する事ができました。
才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。
仕事でも友人の間でもかなり
優秀とは真逆の人間で有名でした。

そんな自分でもブログビジネスに出会って

少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
びっくりするくらい人生逆転できました。

そのブログビジネスを学ぶ過程で、

収益化する為の文章術いわゆる
コピーライティングのスキルを磨く方法や、

コンテンツを作って価値を届ける方法など、

これまで学生時代では一度も
学んだ事がないことを知ることができました。


その経験からどんなに勉強が苦手でも人生を
変えたいと本気で思って勉強して正しく
成長すれば誰でも人生を変えられると確信しています。


そして、今の自分と同じような人が少しでも増えれば、
人生で後悔する人を一人でも減らせるし
笑顔が溢れる世の中になれると本気で思ってます。

そういった理念から、
自分がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今のブログ収益100万円を築いていったのか、

その成功体験の一つを書籍にまとめてみました。

電子書籍は「収益化する為の文章術の極意」
ですがブログを導いてくれた起業家も
大絶賛してくれたのでメールマガジンの中
限定でその書籍を公開しています。


20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「収益化する為の文章術の極意」を読んでみる

PDF形式なのでいつでも気軽に見れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼メールマガジンの登録はこちら▼



<学べる内容>

✔︎稼げる人と稼げない人の明確な違いとは?
✔︎文章力を格段に上げる「型」とは?
✔︎「収益化」をする為に具体的にするべき事とは?
✔︎感情を揺さぶる文章術とは?
✔︎仕組みを構築して自動で収益を得る真実とは?
etc…



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Author

サイト管理人:よしむ

ブログを使って趣味や好きなことで、
収益化する文章術が得意。

全国高校サッカー選手権大会出場常連校、
サッカー部卒業。1982年生まれ。
ブログビジネスの情報発信を中心に活動中。

飲食店コンサルティング、コンテンツ販売、個人コンサルなど、多岐に渡る事業を手がける。

カテゴリー