「投資の神」ウォーレン・バフェットが成功した理由について迫る!
スポンサーリンク

ウォーレン・バフェット

この人物をご存じでしょうか?

彼は投資の神として大成功した人物なんです。

まだ小さい企業であったGoogleやコカコーラに投資をし大成功を収めました。

そして現在では世界一で有数の大富豪を手にしています。

そんな投資の神とまで呼ばれる人物がどのようにして大成功を遂げたのか詳しく見て行きたいと思います。

それでは、早速見て行きましょう。

スポンサーリンク

「投資の神」ウォーレン・バフェットが成功した理由について迫る!

彼は、1930年8月30日アメリカのネブラスカ州オマハにて生まれました。

証券会社で勤務していた父の影響により幼い頃から計算が得意で、6歳の頃には知り合いのおじさんから6本25セントで買ったコーラを1本5セントで販売して5セントの利益を出しました。

ビジネスに興味があったので、その後ゴルフのボール拾いや配達などでアルバイトをします。

10歳になる頃には周囲に35歳になるまでにミリオネアになってみせるよといっていました。

そして11歳になると姉のドリスと一緒に初めてを買います。

一株38ドルで3株買った所直後に27ドルに値下がりします。

驚いたバフェットは株が40ドルになるまでじっと我慢して、ここで売却しました。

ところが、その株は後で200ドルにも跳ね上がった為バフェットは後悔すると共に忍耐の大切さを学びます

その後バフェットは新聞配達を続けながら、中学を卒業するとワシントンDCの高校に進学します。

ここで出会った友人と中古のピンボールを購入して、修理してから利用店に設置する商売を始めました。

すると利用店の待ち時間にピンボールを使うお客も多く商売は成功して週に50ドルの利益を稼ぐまでになりました。

そしてそのビジネスを1200ドルで退役軍人に売却してバフェットはペンシルベニア大学に進学します。

ペンシルベニアの大学でビジネスの勉強をしていたが教授よりもビジネスは出来ると思って退学を決断します。

そこで父のすすめでハーバード大学に願書を送りますが結果は不合格でした。

その為入学先に大学を探した所、バフェットが尊敬していた「賢明なる投資家」という本を出版した人物がコロンビア大学にいるという事で、そこのビジネススクールに進みます。

この人物こそバフェットのメンターとなるベン・グレアムとの出会いです。

ベン・グレアムとの出会い

グレアムから投資を学んだ有名投資家は数多くいましたが、唯一バフェットだけがA+という評価を貰ったそうです。

そして21歳で大学院修士後を習得してたバフェットは、ウォール街で働こうとしますが父親とグレアムから猛反対を受けます。

グレアムにも「ただでもいいからあなたのもとで働かせてくれ」とお願いしますが断られてしまいます。

その為しばらくの間、バフェットは故郷のオマハに戻り父の会社で株式ブローカーとして働く事にしました。

働いたお金の20%をガソリンスタンドに投資をしましたが、上手くいかず苦しい生活をしていました。

22歳で結婚したバフェットは、ねずみがでるような月65ドルで3つの寝室のアパートに暮らしきりつめた生活をしていました。

そんな中大学の夜間クラスに通ってはデール・カーネーギのスピーチの講座から苦手なスピーチの勉強をして、自分に対する投資の本を怠る事はありませんでした。

後にバフェットはこのスピーチの勉強が成功のもとになったと言っています。

1954年、24歳になったバフェットはグレアムに誘われて資産運用会社にアナリストとして入社します。

ここでNY郊外に住まいをみつけて毎日株式レポートを分析しては投資機会を探す生活に入ります。

ここでは数字だけで見るグレアムに対してバフェットは、経営者の能力も考慮するようになります。

1956年に、グレアムが引退するとバフェットは故郷であるオマハに戻ります。

ここまでにバフェットはゆっくりとしかも確実に軍資金を14万ドルも貯めていました。

スポンサーリンク

バフェット会社設立からミリオネア達成までの道のり

故郷に戻ったバフェットは、姉のドリスや叔母を誘ってバフェットアソシエイツというパートナーシップ会社を設立します。

3万1500ドル、約1000万円の中古の家を買うとそこの寝室を会社の経営の場所として働き始めます。

今現在もその中古の家に住んでいると言われます。

年内に3つのパートナーシップ翌年には5つのパートナーシップを運営したバフェットは徐々に業績を上げていき1961年には資産は数百万ドルも突破するまでになったのです。

翌年には全米で90以上のパートナーシップを傘下に収めるまでになると、子供の頃に宣言した通り35歳までにミリオネアになる事を達成しました。

アメリカンエクスプレスやディズニーなど様々な成功も失敗もありつつ1969年には、バフェットはパートナーシップを解散します。

バフェット投資成功の秘訣

バフェットは他の投資家が思いもしないものに投資をしています。

それは、1965年に生涯経営をする事になるバークシャー・ハサウェイ、当時は破産寸前の繊維会社でした。

しかし、やがて保険産業や投資業に力を発揮してきた結果、20兆円にも上る売上を誇り33万人もの従業員が働くまでの成長しています。

1988年に投資した、コカコーラは既に市場が飽和しており専門家の目には不可解な行動に思われましたが、コカコーラはそのブランドをインドに進出して瞬く間に売上を伸ばしていきました。

こうして他の投資家が考える以上の予測をたてて10年単位という長期の視点で投資をしたバフェットはビル・ゲイツにつぎ世界で2番目となる資産家となり投資の神として世界に名前を轟かせたのです。

いっけん何もかも成功してきたようにみえるバフェットですが、その背景には幼少期から商売を実践しグレアムという師から貪欲に学んだ下済み時代があったという事です。

数字だけ見るのではなく、経営者やビジネスを行う人と長期的な関係を築いてきたことで世界一成功している投資家にまでなったという事です。

結局、人も投資も忍耐が大切になってくるのかもしれません。

まとめ

「投資の神」ウォーレン・バフェットが成功した理由についていかがでしたでしょうか。

投資の神として大成功している偉大な人物でも下済み時代があったからこそ成功した事をお分かりいただけたのではないでようか?

何事にも経験に勝るものはありません。

あなたも成功をおさめたいのであれば、初めの一歩を勇気をもって踏み出してみてはいかがですか?

【株式投資】初心者入門編その①!株式投資の株って何の事?

Good Luck

スポンサーリンク
おすすめの記事