amazon創業者ジェフ・ベゾスは、こうやって世界一の大富豪になった!
スポンサーリンク

どうもこんにちは!

あなたは時代の先を読み未来を見据えていますか?

今現在、世界を牛耳っている4大企業と言われる企業が存在しています。

この4大企業をGAFAといいます。

Google
Amazon
Facebook
Apple

この4つの偉大な企業の中の1つであるamazonの創業者のジェフ・ベゾスは、世界一の大富豪なんです。

あなたもamazonは勿論知っていると思いますが、本や色々ネット販売している会社だと思っています?

完全に間違いです!

amazonという会社、そして創業者であるジェフ・ベゾスの事を全く分かっていませんよ!

ネット販売=amazonではありません!!

今回の記事をご覧いただければ、amazon創業者ジェフ・ベゾスがいかにして世界一の大富豪になったのか理解できます。

それでは早速詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

amazon創業者ジェフ・ベゾスは、こうやって世界一の大富豪になった!

世界4大企業の1人アップルの創業者スティーブ・ジョブズとかフェイスブックのマーク・ザッカーバーグとかって日本人は馴染みがある名前ですよね。

ところが、amazonは知っているけれど創業所の名前は?と言われると答えられない人が多いのではないでしょうか?

そしてamazonの創業者であるジェフ・ベゾスは、なんと世界一の大富豪なんです。

勿論ネットのamazonだけで世界一になったのではないですよ。

さてそんなジェフ・ベゾスがどうやって、世界一の大富豪まで登りつめたのか見ていきたいと思います。

ベゾスは、マイアミの高校を卒業するんですがいきなり優秀なんです。

ベゾスの親は離婚しており、育ての義理の父親はエンジニアです。

テスラモーターなどで有名なイーロン・マスクの親もエンジニアなので、この時代にエンジニアを父に持つという事は、一歩ITを先取る事ができたのではないでしょうか。

イーロン・マスクについては、ジョブズを超える天才「イーロン・マスク」とはいったいどんな人物?をどうぞご覧ください。

大学はプリンストン大学に入って、電気工学や計算機科学といったいわゆる理系を学び卒業します。

インテルなど大企業のオファーもいくつもありましたが全部断って、ベンチャー企業に入社します。

その企業は、FitelといってIT企業なんですが金融よりの企業です。

そこから、大手の銀行なんかも2年ぐらい努めますがD.E&Coに入社します。これも金融ベンチャー企業です。

ベゾスはベンチャーからベンチャーを渡り歩いている感じですね。

ジェフ・ベゾスがamazonを創業した理由とは

ベゾスが入社したD.E&Coの社長にある事を言われました。

ベゾス、これからインターネットの時代らしいな!

と強く言われて実際にベゾスが数字データで調べましたが、そこで衝撃の事実を発見するんです。

なんと去年と今年でインターネット通信のデータ量が2000倍になっている事を突き止めたんです。

これによりIT業界も2000倍ぐらい伸びると直感して、すぐに退社を決めます。

そして自分でamazonという企業を創業したんです。

そして、ベゾスが退社してから創業した95年です

イーロン・マスクの記事をご覧いただければわかりますが、彼も95年の年に大学院に入るんですがインターネットの将来性を感じで2ヶ月で大学をすぐに辞めて行動を起こしていたんです。

95年はWindows95が発売された年で、現在のあらゆるITの成功者がその年にIT業界に行こうと決心を決めた年なんです。

スポンサーリンク

amazon創業の始まり

あなたもご存じのなんでも買えるamazonですが、最初はオンラインの書店って事は有名ですよね。

インターネットで本屋をやり始めましたが、なんで本屋だったのか知っています?

本屋をやりかった!?

 

 

違いますよ。

 

理由は、もともとamazonは今のようになんでも売るオンラインショップを目指していました。

しかし、いきなりなんでも売るは出来ないだろうと思って色々売るべき商品をリストアップしたそうです。

食品やアパレルや色々と調べた結果、論理的に最初は「」を選びました。

何故かというと、腐らない・価値が落ちない昔の本だとしても名著はそのままの価値がありますよね。

その上で、書店の弱点を見ました。

書店ってスペースが限られている為、売れ筋の本は置いてあるが全部は置いていないですよね。

本って何百万冊以上ありますが売れ筋だけしか置いていないのが実店舗なので、インターネットのオンラインショップで全ての本を販売できるじゃないかと目をつけて「本」に決めたんです。

そしてたった3年で色々な商品を売るショップになっていきました。

たった3年という短い期間ですが、ベゾスの考えとしてとにかく急成長をする事が大きくなれるカギだと言っていました。

amazonの意外と知らない5つのイノベーション

amazon=ネット販売だと思っている人は、余りにもamazonを知らないという事です。

今ではamazonを真似る企業で溢れかえっていますが、私達はそれが当たり前になっていて知らないんです。

amazonの5つのイノベーションについて紹介していきます。

1ユーザーレビュー

今では当たり前ですが、食ログとかで検索すると評価が書きこまれる仕組みもamazonが始めています。

当初口コミとかを書き込みする仕組みによって悪い評価を書き込みされたら、その店や商品の評価が逆に悪くなっていくと反発されていました。

しかし、ベゾスの考えは全ての評価を書き込みできる事によって、ユーザーいわゆるお客様目線で物事を考えられるといった思考により実行します。

ベゾス=顧客第一主義

2、類似商品の推奨

これは分かると思いますが「これを買った人はこれも買っています」という仕組みもamazonが始まりです。

人間の好みをデータ化してそれを可視化して見せるんです。どんなサービスでも今では関連といった事が表示されていますよね。

3、全ランキング制

これは元々は新聞なんかで売れ筋ランキング100とか音楽人気ベスト10とかあったんですが、それは紙面や時間に限りがあるからですよね。

だからこそamazonはインターネットのメリットを最大限活かし、全てのデータのランキングをリアルタイムで公開するようにしました。

4、中古品販売

古本と言えばBook Offという言うイメージがありますよね。

ベゾスは顧客第一主義の考えのもと新品と中古品のどちらを買うかは顧客の自由だという事で、アマゾンマーケットプレスを始めているんです。

全部のデータを見せてそれでイノベーションを起こしています。

5、1クリック注文

カートに入れるというのと、1クリック注文ってありますよね。

これはクレジットカードと住所をあらかじめ登録させて、「ポチッ」としたらすぐに購入できる仕組みもamazonです。

この仕組みって実は特許を取得しているんです。

この仕組みを思いついたベゾスは、絶対にマネされると思って特許を取得して先に予防策をしています。

また1クリック注文って言葉もマネされないように特許を取得していたんです。

これらの5つのイノベーションについて、ベゾスが言った言葉があります。

ジェフ・ベゾスの名言
我々は商品を売ってお金を頂いているのではありません。皆様が商品を買う時の手間を省くと言うビジネスなんです

なるほど

本屋に行く事を省いたビジネスという事ですね。

ベゾスの将来を見据えた思考

実はベゾスは、将来性を見据えた考えにより創立間もないGoogleになんと25万ドルを投資していたんです。

ベゾスはデータ主義でありながら金融を学んできた人生だったので、「カケル」といった投資にも才能を発揮していたんです。

まさにデータ&チャレンジをもっているからこその成功者なんです。

だからこそベンチャー企業にって、データを蓄積した上で冒険をするといった感じなんですね。

Googleに25万ドル投資したのが、何千億ドルにもなったようです。

Googleの創業者であるラリー・ペイジもジェフ・ベゾスと同じように天才的なんです。

そんなGoogleの創業者であるラリー・ペイジについて詳しく知りたい方は、世界4大企業の1つ!Google創業者ラリー・ペイジとはいったい何者?についてどうぞご覧ください。

ベゾスはその後、ブルーオリジン設立しています。

ブルーオリジンとはロケットを発射する民間の宇宙企業です。

 

え?

 

と思った人いますか?まだ気づかない人は、イーロン・マスクの記事を見てくださいね!

イーロン・マスクも金融とITの人で最終的に宇宙企業もやっています。

めっちゃ、ジェフ・ベゾスとイーロン・マスクは似ているんです。

ベゾス自身も、イーロン・マスクとは共通点が多いねと認めているんです。

この時代に勝ちあがろうとしたら、ベストな答えはこの2人のやり方だったんだとも言えますよね。

次代の波は確実の95年で来ていたんです!

次の波を捕まえる事が出来た人が次の時代の成功者になれるんです。

今言われていますよね5Gとかブロックチェーンといった色々なテクノロジー。こういった先を見据えた思考をもったものが勝組みになれます。

5Gについて詳しく知りたい方は、5Gの到来で世界に変革!次の時代を先取る、その方法について迫る。をご覧ください。

ブロックチェーンについて詳しく知りたい方は、次の時代でGAFAを打ち砕く!驚きのブロックチェーン技術とは?をご覧ください。

またベゾス・エクスペディションズも設立していますがこれは個人投資の会社です。

アマゾンマーケットプレスを開始して、Kindleも販売開始していますが当時は本を電子でといった考えは非常に新しい考えでした。

その上で、amazonプライムビデオですがこれは月額課金制ですが、ITによってお金の回収がスムーズになったから非常に月額課金制が効果を発揮しています。

ベゾスは全てを見据えて、なんとワシントンポストも買収しているんです。

今更新聞の会社を買収して何をするのかと言えば、あなたももうお分かり頂けると思いますが新聞をオンライン化したんです。

2013年に買収して2016年の約3年で事業を黒字化に成功しています。

そして、amazonが目指した色々な物を売るという目標を実現しています。

amazon=情報集積産業状態です。

そして2018年には世界長者番付1位に輝きました。

ベゾスという人間は、チャレンジングの精神データ主義の奇跡的な組み合わせなんです。

理由は、前例を見るのがデータで前例のない事をやるのがチャレンジだからです。

この2つを両立するジェフ・ベゾスはもはや天才を超えていますね。

amazonの利益の大半を稼ぎ出しているAWSとは

ここまで大きくなっているamazonなんですが、実はamazonの全体の収入源の72%をしめている物があります。

AmazonWeb Services

通称AWSなんです。

これはめちゃくちゃ凄いんですが、AWSは巨大なデータセンターとして色々な画像やお客様情報などを集めている物で、それを世界中に建てています。

それを一般の人が誰もが安くて使いたい時だけ使わせてもらえる解放されたパブリッククラウドと言われているデータセンターですが、これを何百万という企業にamazonはインフラとして提供しています。

2003年にamazonが一気に大きくなった時に、後ろのサーバーの色々なデータが処理しきれなくなりました。

その時にハーバード大学卒業でベゾスの影武者と言われるAWSのCEOであるアンディ・ジャシーが考えました。

amazonのデータですらぐっちゃぐちゃなんだから、世界中のベンチャーはもっとぐちゃぐちゃに違いない。

そこで、だったら自分たちが最高の物をつくってみんなに貸してお金を取ろうじゃないかと言う事からAWSが始まっています。

簡単に言うと、データセンターレンタルサービスです。

2009年にamazonのデータセンターが決定的になります。

それまでは、ネットフリックスといわれる動画やDVDレンタルサービスをしていた企業が、会社の中に色々な動画を置いていましたがそれを全部amazonにお願いしますと投げたんです。

なので今現在もネットフリックスのデータは全てamazonのデータセンターに格納されているんです。

使いたい時だけスイッチ入れたら使えるといったデータセンターの仕組みを思いついた、ベゾスの影武者恐るべし。

そして、AWSであるデータセンターは既に次世代の技術であるブロックチェーンの技術も使えるように解放しているんです。

これで、amazon=本のネット販売ではないと気付きましたか?

amazonの5原則とは

ジェフ・ベゾスには強烈なマインドがあり、それを社員にも株主にも徹底して伝えていっています。

株主に毎年1回、手紙を書くそうですがその手紙には必ず最初にamazonの5原則を書き記して送っています。

その5原則を見ていきましょう。

amazon 5原則
①競争相手より顧客を見る。
②マーケットを握る為リスクを取る。
③従業員のモラルを高める。
④企業文化を育てる。
⑤人に活力を与える。

この5原則で1番最初に書いている事が非常に重要ではないでしょうか。

競争相手より顧客を見る事ですが、つまりデータ主義です。

競争相手を見るといったら、競争相手のデータって上がったり下がったりしますよね?

amazonはそうではなく顧客のデータを集める事が大事だといっています。

そして2番のマーケットを握る為リスクを取るという事ですが、マーケットを握るという事は素早く大きくなれという事です。

要するに、マーケットを握るという事は素早くリスクを取るという事なんです。

1番はデータ主義2番はチェレンジマインドという事です。

その他の事は全て1番2番を徹底的に教えていく事だという事がご理解いただけると思います。

ベゾス・マインドをあなたも目指してはいかがですか。

amazonを批判する声

amazonは素晴らしい企業ではありますが批判も多くあります。

1つ目は、労働環境です。

amazonの工場作業員の人達のとてつもないハードな労働環境が何度も何度も取り上げられています。

ブラック企業だとも言われています。

とある日本の企業である「○民」も企業理念はお客様第一主義ですが、現場では過酷な労働環境によりブラック企業として日本中に叩かれていました。

顧客第一主義=ブラック企業?

このようになっているのかも知れませんね。

日本のブラック企業の話はさておき、amazonの2つ目の批判である慈善事業についてです。

ここまでの成功者になると、どれぐらい慈善事業をしているかという事をアメリカの国民は見るんです。

投資家の最高の天才とされるウォーレンバフェットや、マイクロソフトのビル・ゲイツと比べると、余り慈善事業していないと批判もされているんです。

全体を通して、社会性に対して疑問をなげかけられる事が多いんです。

要するに、amazonという会社がいったいこれから人類を何処に連れて行くのかといった事に注目が集まっています。

まとめ

amazon創業者ジェフ・ベゾスが、いかにして世界一の大富豪になったのかお分かり頂けましたでしょうか?

私達が知らない間に生活が便利になったりしていますが、その陰には壮大な天才によって作り上げられた世界なんだと感じます。

これから人類はどのような未来を歩んでいくのでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事