どうもこんにちは、よしむーです。

今回紹介する内容は、これまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動についてお伝えしていきます。

例えばタバコ・お酒・ソシャゲー・ギャンブルといった感じで、分かっていても欲に負けてしまうと言う方は多いと思います。

それらは、本来生活に楽しみをもたらす為に作られたものなので、適度に付き合う事は良い事だとは思っています。

しかし、それらの習慣に対して大きなデメリットを感じていると言う方は、この記事で紹介する方法を実践する事で解消できる確率は大きく上がりますね。

ちなみに、現在私はサラリーマンとして事業部の統括責任者を過去最短で成り上がっており、その仕事をしている傍ら副業でも収益を発生させています。

そもそも、サラリーマンで結果を出せて、副業でも収益を上げるという結果を出せたのは、私だからではなくポイントとして、今回お伝えするこれまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動についてしっかりと理解して実行していたからこそです。

先にこれまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動についてお伝えすると下記になります。

  1. 出来ない状況をつくる
  2. 毎回感想を記録する
  3. 一日だけ我慢を続ける

勿論、こちらの3つ以外にも色々なやり方があると思いますが、今回の記事ではすぐにでも実践できる方法で特に有効だと思った事を厳選しています。

この記事を見て自分にはこういう考え方が足りなかったなど気付いて頂けたら嬉しいです。

そしてこれからの思考と行動の変化に役立ててくださいね。

それでは早速、これまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動について一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

悪習慣をやめるのが難しい理由

先に、悪い習慣を立ち切る3つの行動の前に、そもそも何故止めれないかの理由についてお伝えしていきますね。

習慣化してしまっているから

たばこやお酒は我慢を続けると禁断症状が出たり、肉体的にも依存してしまっている事も大きな理由の1つですよね。

しかし、それ以上に行動自体が習慣化してしまっている事が原因になります。

例えば、たばこを吸う人はコーヒーを飲んだら煙草を吸いたくなる、食後の一服というように他の習慣と紐づいてしまっているのが多いはずです。

そもそも、何故習慣化してしまっている事が立ち切る事が難しいかというと、

人は変化を恐れる生き物

これに関して詳しく言うと例えば、あなたが今日から歯磨きはするなと言われたとします。

しかし、食事をしたりして数時間もしない内に不安になって歯磨きなしの生活を送る事は出来ないと思います。

人間の脳の構造は、習慣化した事を止めるという事に対して、これまでやらなかった事に挑戦する以上に不安になりストレスを感じてしまいます。

つまり、習慣化された事を立ち切る事はかなりのストレスを感じる事であり、本当に立ち切るにはその強いストレスを乗り越える必要がありますね。

以上が悪習慣を止める事が難しい理由になります。

具体的な方法をお伝えする前に、少し心構え的な話をしますね。

むか~し

むかし

おじいちゃんとおばあさんが・・・。

間違えました(笑)

冗談はさておき本題に戻りましょう!!

悪習慣を立ち切る事について、下記の認識で考えているなら改める必要がありますね。

悪習慣を立ち切る=止める事を続ける

このように我慢の継続だと考えてしまうと、終わりのないマラソンだと感じてしまうのでやる気は続きませんので、しっかりと理解しましょうね。

なので我慢の継続ではなく

悪習慣を立ち切る=やらない事になれる

このような考え方にしていきましょう。

つまり、習慣が無くなっても大丈夫な「意識・体づくり」をするという認識でいる事が重要になりますね。

以上の事を踏まえて、これまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動について解説していきますね。

スポンサーリンク

悪習慣を立ち切る方法①『出来ない状況をつくる』

それでは、早速悪習慣を立ち切る為の3つの行動についてお伝えしていきますね。

1つ目は、出来ない状況をつくる事です。

この出来ない状況というのは誰かと約束をして話をして守れなかったら即罰金のような事ではないですね。

物理的に不可能な環境と言う事

この方法については、帰ったらすぐテレビをつける事・スマホを手に取るとるとスグにSNSを開いて見てしまうといった感じで、条件反射レベルで癖になっている場合に特に有効になりますね。

例えば、あなたが家に帰ってから条件反射的にテレビをつけて見てしまって勉強する事を後回しにしてしまうとします。

そもそもテレビがなければ見る事はできませんよね。

この場合、かなり思い切った決断になりますが、テレビを処分するという事を考えて見るのも良いと思います。

処分すると言うのは、非常に思い切った決断になると思いますし、たまには見たいから処分する事はちょっと・・・。という意見も出てきそうですが、

これに関して、たまにとういう程度ならネットで探して見たい時に見るサービスを契約したりする方法で良いと思っています。

というよりもそのぐらいの覚悟を上げないと欲に負けてしまって、またダラダラと見てしまう可能性が高く、本来の目的を見失ってしまいますね。

あなたがもしも、家に帰ったらとりあえずテレビをつけるのが癖になっていたら、その場合は特にテレビが見れない環境にしてしまうという選択肢を持つことは大切ですね。

ここまで分かり易い例としてテレビについての説明をさせて頂きましたが、他にもSNSなんかも癖になって止められないという人もいますよね。

その場合は、さすがにスマホを捨てる訳にはいかないので一層の事アプリの削除をするのが良い方法です。

ブラウザで開くタイプの物だと難しいので、その場合はアイフォンならスクリーンロックという機能があります。

他にも使用時間や時間帯でアプリごとにロックをかける事ができるというアプリ「アプリロック(Smart AppLock)」もありますので、そちらで制限をするというやり方もオススメです。

その場合、ロック解除のパスワードは友人や家族などに設定してもらい自分で解除が出来ないようにするのが最も効果的ですね。

ラインの通知を見たら気になる。

緊急じゃなくても見たら返信してしまい作業が止まってしまう。

補足になりますが、ラインやメールなどでについてはアプリを削除するのは難しいと思いますので、通知をオフにしましょうね。

個人的にはラインの通知だけをオフにするのではく他のアプリも普段からサイレントモードにするとか、集中したい作業中のみ機内モードにするのがオススメです。

ここまでが悪習慣をやめる方法の1つ目の「できない状況をつくる」についてです。

続いて2つ目について見ていきましょう。

スポンサーリンク

悪習慣を立ち切る方法②『毎回感想を記録する』

習慣を立ち切る為の3つの行動2つ目は、毎回感想を記録する事です。

これは実際に禁煙外来で行われていて、普通にカンセリングするよりも高い禁煙効果が得られた方法です。

具体的には、患者にタバコを止める事は禁止せずに吸いたくなったら吸うように指示します。

そのかわり煙草を一本吸う度に「どんな味だったか」、「どう気分が変化したか」など簡単に思いついたままを記録するようにお願いします。

患者の多くは最初は普通にタバコを吸っていましたが、我慢しようと思っていたのに吸ってしまった、そんなに美味しくないといったネガティブな感想が次第に多くなり

それを続ける内に、たばこを吸う事は本当は楽しくない事だと考えるようになって自然と止められたそうです。

初めにお伝えした通り人が習慣化した行動を止めるには、非常に大きなストレスを感じてしまうものです。

そもそも人はストレスを感じない方に流される生き物ですので止めようとしてストレスを感じると、やっぱり止められないと考えてしまいますよね。

逆にその習慣自体が大きなストレスだと脳に認識させる事が出来れば、止める方がストレスが少ないので習慣を止める方を選べるという事です。

これを利用したのが、この「毎回感想を記録する」という方法ですね。

今まで何気なくルーティンになっていた悪習慣は、気持ちを書き出して客観視する事で実は止められない程の快楽ではないなという事に気付けると思いますよ。

これをしばらく続けていけば次第に、脳がその悪習慣は嫌な事に変わっていき自然と止める事が出来きます。

この方法については、たばこなどの行動習慣意外にも、メンドクサイ事や他人の愚痴といったネガティブな思考などを止めたい時にも有効な方法になりますので、是非実践して見てくださいね。

という事で習慣を立ち切る為の3つの行動、2つ目の毎回感想を記録するでした。

続いて最後の一つを見ていきましょう。

悪習慣を立ち切る方法③『一日だけ我慢を続ける』

習慣を立ち切る為の3つの行動最後の3つ目は、一日だけ我慢を続ける事です。

これに関して、たばこやお酒カフェインの取り過ぎなどといった、止めようとすると禁断症状が出て肉体的な苦しみを伴う悪習慣を止めたい場合に有効になります。

実際に、私の友人もこの方法でたばこを止める事に成功しています。

そもそも、これらの禁断症状がでる悪習慣は徐々に減らすのではなく、一気にゼロにしてしまって、その苦しみを乗り越えない限り止める事ができません。

初めにお話した通り習慣化したモノは、ただでさえ止める事が難しいのですよね。

また、この禁断症状というのは肉体的にもかなりの苦しみがあるので、止めようと思ったても中々止めれません。

しかしその禁断症状を乗り越えたら後は簡単に止められると言う事が医学の研究で判明しています。

たばこもお酒も肉体的に本当に苦しいのは長くても1週間から10日程度です。

その期間は相当苦しいかもしれませんが、その先ずっと我慢をすると考えるのではなく最低でも1日だけ我慢する最長でも10日という意識で毎日続けてみる事から始めてみてくださいね。

1日24時間だけ我慢するとなると、出来ると思いませんか?

寧ろ、1日睡眠時間8時間とするとたった16時間だけですよ?

なんとか出来そうな気がすると思いますし逆にそれが出来なかったなら止める事なんて絶対に出来ないと思います。

まずは、1日だけ挑戦して本当にキツイくてたばこを吸いたいと思いっても、最低でもその1日を乗り越えてから吸うようにしてくださいね。

たばこでもお酒でも、2日目くらいから頭が痛くなったり気分が悪くなったりイライラしたりと、禁断症状が出ると思います。

それを我慢した時、にめちゃくちゃタバコが吸いたくなっても

今まで我慢してきた

今までの時間や苦しみが無駄になる

このように思う事で今まで苦しみを我慢してきた継続の時間がもったいないと思えてきて、たばこが吸えなくなります。

ただ精神論で我慢するだけでは意志は続かないかもしれません。

我慢している間どれだけ苦しかった事など継続してきた事を後から確認できる記録などを付けると、後から見返せるので効果的ですね。

私の友人の場合は、たばこを吸った「本数、金額、寿命」を禁煙した時間で計算されるアプリを課金してダウンロードしていました。

300円ほどのアプリだったそうですが少額とはいえ課金したので禁煙しない訳にもいかないと思いますので、セーブするのに効果があったそうです。

ちなみに、私はド素人からブログを開始しまして、初めから全て無料で始められる無料ブログもありましたが、ドメイン、サーバー、テーマを有料から始める事で止められないと思う気持ちにさせました

結果、今でも2年以上継続出来ています。

ここまでが、習慣を立ち切る為の3つの行動についてになります。

また、記事の内容と少し話がそれますが、禁断症状を乗り越える話の最初の数日は辛いけれど我慢出来なくできなくもない事。

その後、すぐに辛さのピークがやってきて諦めずにピークを越えれば次第に楽になるこの流れですが、これはビジネスや勉強の流れに非常に似ていますね。

どんなビジネスでも最初は分からい事だらけですよね、

上手くはいかなくても、やる気だけでとりあえず乗り越える事ができますが、勿論すぐには成果は出ませんよね。

時間も労力も失い、時にはお金までも失っていく場合もあるので、かなり辛くなってきます。

しかしその辛さに負けず努力し続ければ段々と色々な事が繋がって本質的なものが見えてきます。

例えば、あなたが何か新しい事に挑戦しようとしている場合、今回お話した1日だけ我慢するという話を思い出して、辛さを乗り終える為のヒントにしてくれたら幸いです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございます。

これまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動についてについていかがでしたでしょうか。

この記事を読んで頂いて、悪い習慣を立ち切れない原因を理解して立ち切る為に押さえるべきポイントをしっかりと押さえる事が重要という事がお分かり頂けたのではないでしょうか。

それではこれまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動について、これまでの内容を簡単におさらいしますね。

悪習慣をやめるのが難しい理由

  • 他の習慣と紐づいてしまっている
  • 人は変化を恐れる生き物
  • 悪習慣を立ち切る=やらない事になれる

悪習慣を立ち切る方法①『出来ない状況をつくる』

  • 物理的に不可能な環境にする
  • 覚悟を上げないと欲に負けてしまう
  • 条件反射レベルで癖になっている事を変える

悪習慣を立ち切る方法②『毎回感想を記録する』

  • 脳に認識させる事が重要
  • 仕ネガティブな思考にも有効な方法

悪習慣を立ち切る方法③『一日だけ我慢を続ける』

  • 苦しいのは長くても1週間から10日程度
  • ビジネスや勉強の流れにも非常に似ている
  • 精神論で我慢するだけでは意志は続かない

以上がこれまでの悪い習慣を立ち切る3つの行動についてです。

是非今後あなたの自身の人生の選択肢の中に取り入れて頂きたいです。

また何かご相談がある人はTwitterなどのDMからご相談していただければ勿論見ますし、可能な限り返信しようと思いますので是非このメリットが多い3つを実践して頂ければと思います。

【追伸】

私は飲食の事業部統括という役職をを手に入れたものの、

将来の生き方を考え「時間労働」=「収入」から脱却するべくブログを始めてフリーランスもしております。

今も現在進行形で完全に副業を本業に変えるべく「自由」を目指してブログを日々強化をしています。

下記の記事は、私がブログを始めてから収益を出すまでの人生録です。

【期間限定】オリジナルコンテンツを無料でプレゼントします

私はPCのスキルも知識もゼロからブログ開始して、1年半で3万PVまで伸ばし、アドセンス広告だけで月2万円到達して現在進行形で収益は伸び続けています。

しかし、これは順調に伸びたのではなく、
あるコツをつかむことが出来たからです。

その一番のきっかけになったのを
アドセンスで収益を上げる方法」にまとめました。

ブログ運営で収益を上げる為の基本中の基本です。

ブログ運営をする事により、様々な収益の発生をさせる為の応用が効きますし、今でも私はこのやり方に沿って収益を上げ続けています。

無料配布中です。


>詳しくはこちらをクリック!<

もしくは、下記画像をクリック!



>アドセンスで収益を上げる方法を受け取る<


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事