【必見】才能がなくても一流になれる「仕事のセンス」の磨き方とは?
スポンサーリンク

どうもこんにちは

あなたは「才能がない」と思って色々な事を諦めてきた経験ありますか?

そんなあなたに朗報です。

実は才能がないって考えは言い訳にすぎません。

今回の記事を最後までお読み頂ければ、その意味がしっかりと理解できてあなたの人生の役に立つ事でしょう。

それでは早速詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

人生は全て遊び・人生は全て仕事

早速ですが、あなたは仕事と仕事以外のバランスについて考えた事ってありますか?

結論から言うとこれは「人生は全て遊びで人生は全て仕事」そこに対して線引きする必要は全くないです。

多くの人は、仕事と仕事以外というのを考え過ぎではないでしょうか?

例えば、経営者が凄い従業員を働かせ過ぎて従業員が病気になったり、最悪のケースは過労死まで至ったり「そういった事を防ぎために仕事の時間はこれまでにしましょう」という世の中のセーフティーとして法律があります。

また、ここまでが仕事ここまでがプライベートというのを分けるんですが、実際として冷静に考えて欲しいんですが、人間って自分1人ですよね?

世の中で自分は1人ですよね?

その中でここまでが仕事の自分ここまでがプライベートの自分とか切り分ける必要無いです。

1人の人間でしかないので、だから世の中のルールとしては分けられるんですけど人生の捉え方としてはそんなに分ける必要無いという事です。

あなたは、楽しい事をすればいいだけなんですよ!プライベートの趣味の方が面白いと思えばその期間を増やせばいいし、仕事が楽しければ1日何十時間でも働けばいいと思います。

それは経営者から働いている人に働けという意味ではなく、自営業とか副業とか自分の裁量で自由に働ける仕事をしている人は別にいくら好きでやっていても病気になる訳ないです。

なので仕事をプライベートを分けるみたいな考え方はせず、その時その局面で一番楽しいと思えることに時間を増やす事が非常に重要だという事です。

センスを磨くには他人に興味を持つ事

センスを磨くについてですがこの「センス」という言葉は抽象的なので難しいですが、基本的にエンターテイメント作品を観る事や、美術作品を観るといった他人が美徳としているモノに興味を持つ事です。

センスとは一体何かというと、普通の人が価値を感じないような所を価値として判断できる能力です。

センスのある人は凄く自分の価値基準を持って、例えば整理整頓した時に人から見て「なんとなく美しい」ってモノが出来るとか人には見えない定規を使いこなせることです。

その定規の数を増やす事がいわゆるセンスを高めるという事です。

色々なものに対して全部共通で使える「最強の定規」みたいなものがあると思っています。

これは言語化する事はできないんですが、例えば映像作品はこういう風な構成で作れば人の心を動かせるっていう定規を持っているとします。

また、料理でコースのフレンチを味わった時にどのような順番で、どのような見せ方で持ってくれば人の心が最も動くのかっていうのは実は根本のところは一緒だったりするんです。

そして、根本のところをどうやって学べるかというと!

そのセンスがある人で自分にはない定規を持っている人に対してどういう考え方でこのフレンチコースは作っているのか?

また映像作品を作っている人がいたら、「この映像作品はどういった考え方でこうしているのか?

多くの人はセンスのことについて、なんとなく物事を見ていて気づいていない状況で、自分が見えていない定規を見ようとしない!

その結果、いつまで経ってもただ与えられたものを受け入れているだけで、自分のセンスが磨かれないんです。

だからこそ、ちゃんと分かっている人や自分にはない定規を持っている人に話を聞いて、自分が持っている定規と別の領域で自分が見えていない自分が持っていない定規と比べます。

ここで重要なのが、これで同じポイントは何か?何が違うのか?共通点は何か?って所を日々話ていると、例えばコース料理の出し方って映像作品で言うとや仕事の出し方でいうとなど共通点が見えてきます。

どうしたら出来るようになるかと言うと繰り返しになりますが、とにかく自分にはない定規を持っている人にどんどん話を聞く事で自分のセンスは磨かれていきます。

他には、自問自答でも問題ありません。

例えば面白い小説を読んだ時に、「この小説ってなんでこんに面白いんだろう?」って考えて見ましょう!

ただ面白かっただけじゃなく「自分が持っていない定規を持っているからこそ、この小説が面白くなったのか」っていうのを考える事によってセンスは磨かれます。

要は、センスを磨くという事は何か人が生み出した美しい物やセンスがあるものをただ受け入れるだけではなく、それがその人の自分にないどんな定規で作られたのかを考えて見る事や出来れば話を聞く事です。

一言で言うと、他人に興味を持つ事です。

他人の考え方自分にはない価値観に興味を持つ事がこれ以上にセンスが磨かれることは絶対にありません。

スポンサーリンク

まとめ

才能がなくても一流になれる「仕事のセンス」の磨き方についていかがでしたでしょうか?

センスは才能ではない事が分かってのではないでしょうか?

あなたも今日から色々な事に興味を持って、更なるセンスを磨きあげてください!

Good Luck

スポンサーリンク
おすすめの記事