速読の本は実は全て嘘だった!!科学的根拠に基づく速読の正体とは?
スポンサーリンク

世の中には沢山無駄な事ってありますよね!

その無駄な事って効果が無い上にあなたの時間と労力と希望を奪っていくので非常によろしくないです。

さて今回紹介する無駄な事についてですがタイトルですでにご存じだと思いますが、速読の嘘についてです。

あなたも速読をやりたいと思った事ってあると思います。また本が早く読めたらいいなと思って速読を勉強した人もいると思います。

実は全て科学的に嘘が証明されています。

早速詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク

速読の実態

昔から科学的に正しいと言われる効率よく本を読む方法とか、読んだ内容をちゃんと頭に残す方法ってのはあります。

良く見た事や聞いた事ありませんか?1冊1分で読めますみたいな話!!

これぜ~んぶ嘘です!!

何故かというと、研究で速読の人達が教えているトレーニングは効果がない事が分かっています。

フォトリーディングとかもそうですけれど、速読として有名なテクニックというのは満足度は上げるけど理解力を下げます。

つまり読んだ気分になっちゃうという事が分かっています。

後は遅くゆっくり読んでも分からない内容を早く読めるはずかないとも言われています。

速読の正しい方法って1つしかないんです。

結論から先に言うと速読っていうのは?

慣れです!!慣れっていうのは基礎知識という慣れです。

例えば、経営の方法を勉強をしようと思ったら経営学の基礎知識をちゃんと入れてパッパ読むだけでここはこの内容が書いてあると、ある程度予測ができるようになり読み飛ばしが出来るようになります。

この読み飛ばせるようになる事によって早く読めるようになるよねって事です。

つまり基礎知識をちゃんと入れて、そのジャンルに慣れ浸しむ事によって読まなくても良い場所とか判別して、結果的に1冊にかける本を読む時間が減るっていう意味では速読はありえます。

いわゆる分からない内容や全く持って新しい内容や知識を早く読むのは無理だという事は判明しています。

これは様々なジャンルの研究から言えます。

例えば、新しい知識を身に付けるには、何も情報を入れない時間が一定時間必要でありそれを行わないと脳には定着しないのです。

速読が仮に出来たとしても、定着時間がつくれないから理解できていたとしても頭に残らなくなってしまうのです。

速読の罠

意味がある速読ってないです。

まずは速読が出来る人達の中に、速読を教えている人達っていっぱいますよね。

ぶっちゃけ、たいした事やっていません!!

速読を教えている人達って速読の教室がメインの収入なんですよ。

おかしいと思いませんか???

だった1冊の本が1分で読めたら、60分あったら60冊読めるんですよ?

3時間あったら180冊読めるんですよ?

もうこれはが出来上がりますよ(笑)

しかし、速読をやっている人達は速読を教えるばっかりです!

そして速読をやっている人達が本を読んで学んだ感想って超ショボイ感想ばっかしなんです。

このストーリーには苦しみと悲しみと喜びと後は楽しさと切なさがありますよね?みたいな!

篠原涼子の歌のタイトル恋しさと切なさと心強さと」って状態ですよもはや(笑)

スポンサーリンク

カルフォルニア大学で速読の正体が発覚

カルフォルニア大学では過去に行われた速読の実験データを集めてレビューを行った研究があります。

結論から言うと、速読ってただの呼び飛ばしだよねという事が判明しました。

大体の速読術って目の動きを鍛えましょうとか周辺視野を鍛えましょうとか視覚トレーニングを鍛えましょうがほとんどです。

例えば、ランダムに書いてある言葉を見て意味をつくりましょうとか「面」でとらえる。他にも塊でとらえたり2行ずつで読みましょうなどと書いている本がかなりあります。

ほぼ無駄です

理由は、カルフォルニア大学の研究によると速読する為に目の動きを鍛えましょうとか言われていますが、実際に早く読書する事の要素として人間の目の動きって10%以下なんです。

速読の人達が言うように、目の動きが早くなれば早く読めるんだったら目が早く動かせる人は早く読めるという事じゃないですか?

実際に研究で計ってみると目の動きと本を読むスピードは関係なかったんです。

仮に目の動きが非常に早い動体視力が良い人が例えば心理学の専門書を読んだ場合と、心理学者が心理学の専門書を読んだ場合は心理学者が読んだほうが絶対早いです。

結局目の動きの重要性は10%以下だから、そもそも普通の人は目の動きが早かったとしても、その単語が示している意味とか文脈が何を表しているのかって事を理解するまでに、一定以上の時間が必要だから理解度と関連しないという事がわかっています。

普通の人って早く読もうとしたら何回も見返しちゃう事が悩みになっている人がいますが、これは普通な事です最初は。

沢山の本を読んでいき、同じジャンルの本とか基礎知識を入れていく事によって初めて出来るようになる事なので、普通の人は同じ文章を何回も読み返したりとかしながら段々理解を深めていって脳に基礎知識をつくっていきます。

速読チャンピオンの衝撃的な発言

また速読ができるといっている人って実は間違った自信だけが定着していて恐ろしい状態です。

ここで思わず笑ってしまう話をしましょう!!

速読チャンピオンっていうのが毎年海外ではいるのですが、2008年に発行の最新のハリーポッターをなんと47分で1冊読み切ったチャンピオンがいました。

そして小説の内容をこのようにまとめました。

もしもあなたがこの内容を聞いて、「速読チャンピオンすげえ読めてるぅ」と思ったら速読の勉強をしてもいいと思います。

なんとチャンピオンはこう言いました!!

・これはページをめくる手がまじで止まらない素晴らしい1冊だと、最高に楽しかったと、子供たちには大人気で好きなシーンがいっぱいあるけれど、ちょっと悲しいシーンもありますね。

以上!!

ハリーポッターを呼んだ感想がこれですよ?笑

ページをめくる手が止まらない。
楽しかった。
子供に人気があるシーンがある、でも悲しいシーンがあるよね。

え??

全く感想になっていないし、小学生でももう少しマシな感想いえますよね。

でこれで結局何が言えるかというと、速読によって読んだ気分になっているという事。

おそらく速読チャンピオンの人は、47分でハリーポッターを自分は読み切る事が出来たという満足感だけには浸っているが内容が全くつかめていないからこの程度の感想しか出てこないという事です。

あなたがこのように本を沢山読んで読んだ事をドヤりたいのであればいいと思いますけれど、本来その為に本を読むわけではないはずですよね?

これでもあなたは速読をしたいと思いますか?

科学的に正しい速読方法

そこで科学的に正しい速読が何かというと、そのジャンルの情報処理能力をあげる事が唯一の速読方法です。

結局知っている知識が増える事によって読み飛ばしが出来るようになる事が速度に関する内容になります。

速読を学ぼうと思うのであれば、最初は基礎知識をちゃんとコツコツ頭に入れて慣れ、読んだ事がある内容は読み飛ばしをして新しい知識だけを読もうとする事です。

実際に本が早く読めるようになって理解力が保たれている場合は読み飛ばすのが上手くなっているだけなのです。

更に基礎知識がちゃんと入ると読むべき本ってそんなにないです。知っている内容がほとんどになります。

多くの人に買ってもらう為に本は書かれるので、一般的に売っている本基本的に過去の知識を踏襲した上で著者の意見が10%~20%ぐらい入っています。

故に基礎知識をつけていく事によって読むべき内容は7%~11%ぐらいしかないと言われています。

その為、あなたが読むべき10%を探すのに移行していくのが速読という事。

速読の正体は、10%の確率の宝探しをするっていう事だったのです。

嘘の速読を実践すると衝撃の事実が判明

あなたも今後速読という言葉などを見たら怪しいなと思ってもらったほうが良いと思います。

いわゆる魔法みたいな知らないジャンルの本をいきなり1分とかで読める速読はないです。

これをもしやろうとすると2つの点で地獄です(笑)

1つ目が、真面目な人はこの方法で出来ると信じてしまって自分が全然本が早く読めるようにならないと言う事で絶望して本を読むのが嫌になってしまいます。

速読の罪ってこれだと思います。

どんな本でも早く読めますよって科学的根拠が全くないのにそんな事を言っているので、本を早く読めない事をバカに思えてしまいます。

でもこれって違うんですよ!

早く読めない本を沢山読んでいるって事は凄い価値がある事。

自分にとって知らない事にチャレンジして向き合っているって事なので素晴らしい事なんです。

それを速読ができないと自己嫌悪に置き換えてしまったらもったいないです。

二つ目が、不真面目な人は先程の速読チャンピオンの用に読んだ気分になります。

本来は深くゆっくり読み、ちゃんと理解する事によって沢山の人生の役に立つ知識が得られるはずなのに、自分が速読できると思う事によって中途半端な感覚になり読んだ気分になってしまいます。

読んだ気分になるという事は本を読むという、そもそもの意味がなくなってしまいます。

よって理解力を高めていけば勝手に早く読めるようになり、更に早く読みたいのであれば理解力が高まっている状態で読む必要がない事を読み飛ばしたり本を読み止める勇気を手に入れる事が唯一の速読になります。

色々な速読の本が出ていますが、速読として科学的に証明されている事は今の所、人類は未だ見つけておりませんので騙されないように気をつけましょう!!

まとめ

一般的に広まっている速読の嘘についていかがでしたでしょうか?

なんでも楽して達成できるという事はないという事ですね!

あなたも間違った速読術にハマって大切な時間を無駄にしないように気をつけましょう!

速読は限られた人生の時間を効率よく使いたいと思うところから広まっていると思いますが、夢や目標達成が限りある時間の中で最短で叶える方法があるとしたらどうしますか?

こちらも合わせて読んで頂きたいと思っております。

スポンサーリンク
おすすめの記事