どうもこんにちは、よしむです。

突然ですがタイトルにもあります、
イーロン・マスクってご存知でしょうか?

彼は、あのアップル創業者である
スティーブジョブズをも超える天才だと言われています。

いったい彼はどんな人生を歩み
どのようにして偉大な存在になったのか?

詳しく見ていきたいと思います。

ジョブズを超える天才「イーロン・マスク」とはいったいどんな人物?

イーロンマスクは
ジョブズの次の天才と言われています。

あなたも知っている有名な映画
アイアンマン
のモデルになった人物なんです。

アイアンマンの主人公は武器会社の社長であり、
その社長が開発した最先端テクノロジーの
装備をまとって悪に戦うという映画です。

そんなイーロン・マスクですが、
今彼がおこなっている事業で有名なのが宇宙事業です。

ZOZOの創業者の前澤さんが乗る
ロケットを造っているのがイーロン・マスクの会社です。

前澤さんが凄い人物なのに、
それを乗せるロケットを造っているイーロン・マスク
両社とも凄すぎますね!!!

またその他にも有名な事業は、
テスラモーターズという電気自動車です。

そんな最先端のいわば物凄いリードしていて、
世界に注目されて生きながらにしてフィクションの
ヒーローのモデルになっているという人物がいかにして生まれたのか?

そんな彼の名前は知っている人も多いかと思いますが、
彼の生い立ちから見ると物凄く面白いんです。

それではイーロン・マスクの
生い立ちから見ていきましょう。

イーロン・マスクの生い立ち

彼は1971年6月28日に生まれ、
場所はなんと南アフリカで生まれています。

なんで南アフリカなのかと
思った人もいるかと思います。

お母さんが、メイン・マスクという人でカナダ人であり、
15歳からモデルをしていて現在もSNSで
配信していて何十万人ものフォロアーがいる人物です。

また栄養士の資格ももっていて
複数の企業の社長もしています。

お母さんのお爺ちゃんが、
なんと冒険家です。

そこでアフリカなどの遺跡の発掘に
たずさわっていた時にイーロン・マスクの
お母さんもアフリカに住む事になりました。

イーロンマスクのお父さん
エロル・マスクは、エンジニアです。

エンジニア×モデル=マスク誕生

裕福な家庭で産まれた
イーロンマスクですが、
10歳でパソコンを買って貰っています。

12歳ではいったいどうなったと思いますか?
ブラインドタッチができるようになった?

なんと!
12歳ソフトウェアーを販売
し始めています。

もはや天才の覚醒
イーロンマスク第一弾ですね。

イーロン・マスクの父がやばい理由

イーロン・マスクの両親は離婚しますが、
イーロン・マスクと弟のキンバル・マスクは
父親に育てられていましたが

その後とんでもない父の行動によって
母親の住んでいるカナダに行きます。

父親のとんでもない
行動について見ていきましょう。

父親は離婚した後に再婚しました。
ここまでは普通ですね!

その再婚相手に
連れ子の娘さんがいました。

その連れ子のお母さんと別れて、
その連れ子だった娘と子供を産んじゃいます。

本名がエロル・マスクですが、
あだ名なのというぐらいマッチした名前ですね(笑)

その影響があってか、
イーロン・マスクは
カナダに行く事になりました。

今でのイーロン・マスクは
父親の当時の事は語らないそうです。

学生時代のイーロン・マスク

カナダの母親のもとにいったマスクですが、
クイーン大学・ペンシルニア大学に編入して
最終的に有名なスタンフォード大学の大学院にいきます。

物理の勉強をしにスタンフォード大学の
大学院
に入った年が1995年です

そして頑張って入ったスタンフォードを
たったの2日で辞めています。

何故かというと、95年はあの
Windows95が大ブレイクしましたよね。

これを見たマスクは大学院で物理を
勉強している時間はない。
このITの波に乗らなきゃと思ってすぐ辞めました。

その後、弟のキンバル・マスクを
呼びつけて会社を設立しました。

弟と一緒に会社設立

初めての会社の名前は「ZIP 2」と言われる
インターネットでソフトウェアーを出版する感じの会社です。

イーロン・マスクは大学時代から
やりたい事が決まっていました。

インターネット
②クリーンエネルギー
宇宙

なぜならこれからの未来人類に貢献できる
1番大きい3つのジャンルがこれだろうと思ったからだそうです。

そして弟と一緒に立ち上げた
「ZIP 2」が大企業コンパックに売却され、
3億700万ドルの売却益を出しました。

日本円だと370億円ぐらいですかね。

弟とつくった会社がここまで
育てられるイーロン・マスク恐るべし。

その上で更にもう一つ会社を立ち上げます。
X.COMです。

これは銀行をインターネットの
世界で作る事を目指した世界です。

X.com設立からペイパルのクーデター事件とは

マスクがやりたい事によりつくった
会社であるX.comですが、
ペイパルって今ありますよね?

あのペイパルと
X.comは最初ライバルでした。

ペイパルの社長であるピーターティールは、
X.cmと同じよなうな事をして成長していた会社です。

そこでこの2社の激しい
広告合戦
が行われていました。

そして2社ともお金がありませんとなり
両社とも疲弊した為合併しました。

しかし、マスクとピーターティールは
全く思想が違った為にペイパル社長は
合併後2か月後に去ります。

その上でマスクはペイパルとしてやっていくんですが、
クーデターが始まってしまいました。

イーロン・マスクが恋人と飛行機乗って
海外旅行に行く時にそこで飛び立つのを見た
部下がイーロン・マスク飛び立ちました
といった瞬間に、本社で会議が行われました。

イーロン・マスク不信任案と
裁決されてしまいます。

そして戻ってきたのがペイパル社長の
ピーターティールでした。

ペイパル事件

これによってマスクは
インターネット銀行はもういい!

他にもやりたい事があるんだといって、
会社を立ち上げたのが「Space X」の宇宙事業です。

そして、更にやりたかった事は
クリーンエネルギーでありこれもやり始めます。

その会社が「TESLA」ですが、
この会社は始めは創業したての小さい会社でしたが
マスクがやりたい事と同じだった為に
資本を投入して自分の会社にしました。

資金地獄からの救世主現る

マスクの考えによって出来た
「Space X」と「TESLA」ですが、
素晴らしいですよね。

ところが資金地獄に陥ります。
お金がない

理由は、「Space X」は宇宙にロケットを
打ち上げるという事なんですが、
一発目から上手くいかったからです。

何発も何発も失敗したから
速攻でお金が無くなった為です。

更に「TESLA」では電気自動車をつくるのに
当初予定していた額の5倍かかってしまうとなっていました。

お金が無くボロボロになった
イーロン・マスクに救世主が現れます。

NASA

救世主NASAが宇宙ステーションに
ロケットでカプセルを届ける役割の
会社を探していたところイーロン・マスクが
アピールをしまくってNASAの仕事を受注しました。

イーロン・マスクが本当に
飛び上がって喜んだそうです。

その時にNASAの人に言った
言葉が「I Love You」だったそうです。

「Space X」の受注したお金を基に、
「TESLA」にそれを融資する
やり方でぎりぎり繋いで行ってました。

TESLAが注目される理由

「TESLA」が最初に完成させたのが
ロードスター」という高級な
スポーツカーの電気自動車です。

これは当時実現不可能だと言われていました。

理由は、デッカイ電池をつくるのは
凄い大変であり不可能だと言われていたからです。

そこでマスクは小さい電池をありえないぐらい
箱に詰めてその箱を一個の電池にしたんです。

その小さい電池をつくっている
企業がなんとPanasonicなんです。

あのPanasonicの電池を
めちゃめちゃに詰めて走りださせました。

勿論、単三電池じゃないですよ(笑)

ここから高級カーのモデルから変わっていき、
モデルS・モデルXとなっていきます。

日本で見かける電気自動車は
モデルSがほとんどです。
とはいえベンツの良いバージョンぐらい高いです。

そして今モデルEを開発していて、
今後モデルYも開発するそうです。

この電気自動車の名前が面白いんです。

モデル
モデル
モデル
モデル

SEXY(セクシー)

なんでセクシーに
したいか謎ではあります(笑

イーロン・マスクの驚きの行動

TESLAはギガファクトリーというのができて、
大きい工場でpanasonicと共同で量産体制に入りました。

TESLAが目指していたのは最初は
高いのをつくって資金を集め、
そして一気に量産体制をする事でした。

イーロン・マスクはとにかく機会と
未来が大好きですから工場に
人はいりませんといって全部をロボットにしました。

工場が全部機械もはやSFの世界ですね。
ところが!ロボットが全然動きませんでた。

大量生産を受注していたイーロン・マスクでが、
そこで彼はなんと翌日大量のロボットの隣で
人が電池を手作業で詰めていました。

毎週400人ぐらい雇い出して、
イーロン・マスクも毎日のように
工場にいって作業していたそうです。

そして工場の床で寝ていたりして、
それぐらい自分でなんでもやりたい人だったんです。

それが突然ロボットが動き出して
、一気に作業が早くなりました。

手作業の時は1日何十時間も働け!手を止めるなと。
働き方改革の真逆の事をしていました。

イーロン・マスクの面白エピソード

イーロン・マスクはSNSでも
物凄い事を沢山いっています。

その中の1つですが、エイプリルフールに
イースターエッグを売って資金調達を
してみたもののTESLAは
結局破綻する事になりました

とSNSでアップする謎のジョークをしました。

そのジョークが滑ってめちゃくちゃ
株価が下がって大騒ぎになりました。

その時に出演したトーク番組で、
出てきた時にマリファナを吸って出てきたりしました。

お父さん譲りのむちゃくちゃな
行動がここで出てきましたね。

電気自動車のライバルが現る

かなりの天才でどんな事があっても
乗り越えてきているイーロン・マスクですが、
ジョークをいって株式に影響をあたえたり、
マリファナ吸っての登場などなど。

自動車って事故したら取り返しがつかない事なんで、
最近ではイーロン・マスクに自動車を
委ねて大丈夫なのかという声もあります。

その上で、TESLAに対抗する
ライバル企業がどんどん出てきています。

①NIO
②ファラデーフューチャー
③ルーシッドモーターズ
④バイトン
⑤SFモーターズ

これら5つのTESLAキラーと
呼ばれる企業が出てきました。

この5つの企業の凄いのが
全て中国がバックボーンにいます。

TESLAが中国に飲み込まれるのか
飲み込まれないのか気になる所です。

そんな中、ビックファルコンロケット
今イーロン・マスクが注目されています。

そのロケットは47年ぶりに人類を
月に届ける
と言っているからなんです。

でもこれはイーロン・マスクに
とては通過点にすぎなく、イーロン・マスクの夢は!

TESLAによって完全に人間が化石燃料に
依存している所からの完全開放なんです。

化石燃料とは、石油や石炭などの燃料ですが
これは地球には有限のもなので未来を考えた時に、
その有限である化石燃料から脱出する事が
イーロン・マスクの目指す世界です。

その為に人類を火星に
移住させようとしているんです。

イーロン・マスクが今戦っているのは、
TESLAのライバルの5つの企業ではなく。

化石燃料火星移住と戦っているんです。

まとめ

ジョブズを超える天才「イーロン・マスク」
についていかがでしたでしょうか。

天才にしてある意味大馬鹿者。
私達が知らない間に様々なドラマがあり
未来が大きく変わっているんだと理解できますね。

これからの未来を
楽しみにしていきましょう。

収益化する為の文章術の極意
電子書籍
でプレゼント!

私は大手飲食店を退職後、
28歳起業家に出会いブログビジネスを学びました
半年後に53万円の収益化に成功し
10ヶ月には会社員の給与の3倍の
100万円超えを達成する事ができました。
才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。
仕事でも友人の間でもかなり
優秀とは真逆の人間で有名でした。

 そんな私でもブログビジネスに出会って

少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
びっくりするくらい人生逆転できました。

そのブログビジネスを学ぶ過程で、

収益化する為の文章術いわゆる
コピーライティングのスキルを磨く方法や、

コンテンツを作って価値を届ける方法など、

これまで学生時代では一度も
学んだ事がないことを知ることができました。


その経験からどんなに勉強が苦手でも人生を
変えたいと本気で思って勉強して正しく
成長すれば誰でも人生を変えられると確信しています。


そして、今の私と同じような人が少しでも増えれば、
人生で後悔する人を一人でも減らせるし
笑顔が溢れる世の中になれると本気で思ってます。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今のブログ収益100万円を築いていったのか、

その成功体験の一つを書籍にまとめてみました。

電子書籍は「収益化する為の文章術の極意」
ですがブログを導いてくれた起業家も
大絶賛してくれたのでメールマガジンのなか
限定でその書籍を公開しています。


20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「収益化する為の文章術の極意」を読んでみる

PDF形式なのでいつでも気軽に見れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼メールマガジンの登録はこちら▼



<学べる内容>

✔︎稼げる人と稼げない人の明確な違いとは?
✔︎文章力を格段に上げる「型」とは?
✔︎「収益化」をする為に具体的にするべき事とは?
✔︎感情を揺さぶる文章術とは?
✔︎仕組みを構築して自動で収益を得る真実とは?
etc…



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事