スポンサーリンク

どうもこんにちは

あなたは、学校・仕事・プライベートなど様々な事で悩んでしまった結果失敗した経験がある人は多いのではないでしょうか?

悩む事は大切です。

しかし無駄に悩んで失敗を恐れてしまった結果、後悔する事ってあったと思います。

今回紹介する内容は、そんなあなたが生きていく中で無駄に悩まない性格になる為の方法について詳しく見ていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!!

スポンサーリンク

客観的に自分を見る事

無駄にクヨクヨして悩んだりしている人にとってメタ認知が重要です。

そもそもメタ認知とは、一歩引いて自分を客観的に見る事です。

そんな事は分かってる!!

わかってるけど出来ないから悩んでるんだよ!!

とツッコミたくなりますよね。そんなツッコミたくなったあなたに朗報です。

ではどうすれば自分を外から見て、解決策やどうすればいいかなど他人の視点から見る事ができるのか?

人って基本的に第三者の目線から明確なアドバイスを貰えると、心が落ち着いたりとか解決策が見えたりとか多い事は判明しています。

しかし

あなたの周りにそんな人がいない時

悩みを打ち明けられない時

そういう人はいったいどうすればいいのか?

自分で自分をアドバイスを行えるようになる事が必要です。これをセルフアドバイスといいますが、このセルフアドバイスに必要な考え方が三つあります。

セルフアドバイスに必要なPOINT
①他人視点である事.
②長期的なアドバイスである事.
③最悪の状況を想定している事.

この三つのポイントを押さえれば、他人からアドバイスを貰うよりも、最適なアドバイスを自分に与える事ができます。

それではその方法について詳しく見ていきましょう!!

①他人視点である事

自分が新しい事にチャレンジしたりとか、ネガティブな感情を抑える為には恥の感情を克服しなければいけません。

つまりこんな事を聞いたら恥ずかしいとか、こんな事したら恥ずかしいとか思う感情を克服する事が重要です。

自分の意識を恥ずかしい感情の真ん中に置く事!

要するに、自分が今恥ずかしい事をしているんだと思う気持ちに意識をおくのではなく!その恥ずかしい状況を外から見てる。

つまり今自分が恥ずかしい状況にいますが、これがもし他人がこの状況にいるとしたら自分だったらその人の事をどう見るか?

一歩引いて他人事として考える事です。

この考えは当たり前だと思っているとは思いますが、自分がミスしたりとか何か噛んだりとかした時って凄い恥ずかしくなると思います。

しかし、他人がミスしたりとか噛んだりした時って

「うわわわああ!あいつ噛みやがった!!」

「噛ん~だぁ!噛ん~だぁ!噛ん~だぁ!」

みたいになりませんよね?子供でもないので。

人って自分が失敗すると大きく捉えますが、周りからみた時や他人視点をする時って自分がダサく見えてしまいますし多くの人は余り興味をもっていないのです。

人は実際にミスする生き物で、それを許容する能力をもっています。

それが何故か自分の事になると許せないようなミスになってしまう・・・。

他人だったら許せるのに自分事になった瞬間に許せなくなるのが問題です。

これを防う為には、他人視点が凄く重要です。

またある統計によれば、自己申告レベルで生涯浮気率、または不倫率について

女性40%男性60%です。

普通に半分の人は浮気や不倫を1回はするという事です。だからコメンテーターが偉そうに4人ぐらい並び

「いや浮気はありえません。浮気はひどいですねぇ」とか言っていても4人中2人は、批判する権利はないです。(笑)

何故かというと統計上、その4人の2人は過去に浮気をした事があるか、これからする可能性が非常に高いので、寧ろこれからするので批判する権利がないです。

他人の恥を責められる人間ってほとんどいないです。なぜなら人間はみんな恥をするからです。

という事が頭に置けるようになると、恥ずかしい感情が減って自分らしく行動できるようになります。

スポンサーリンク

②長期的なアドバイスである事.

先程他人視点でのアドバイスについてのPOINTを説明しましたが、そこに更に長期的なアドバイスを与える事が重要です。

自分が何か分からなくて質問しようとした時に脳内では、悪魔天使が囁きます。

科学的にいうと、どういう事かといいますと。

悪魔=短期的思考

天使=長期的思考という事です。

例えば自分が分からない事でも聞く事が恥ずかしいと思った時。

悪魔が囁きます。

「やめとけやめとけ!そんな事聞いたらおまえはどうしようもないやつと思われるぞ!」

天使も囁きます。

「そんな事ないぞ、ここで聞いておいて自分の知識にする事によって成長できるのでちゃんと聞きなさい」

つまりあなたの頭の中には、短期的な思考と長期的な思考が両方あるという事です。

これをちゃんと飼い慣らす事が必要です。

自分にアドバイスを与える時には、他人視点で冷静に考える事に加えて天使の声を聞く事が重要です。

いわゆる長期的な目線を持ちましょうという事です。

今は損かもしれない、または恥ずかしいかもしれない。

しかし、3年・5年・10年経った時に自分が後悔しない選択はどうなんだって事を考える長期的な思考が大事です。

③最悪の状況を想定している事.

先程3年・5年・10年先の人生を後悔しない長期的な考えが必要ですと言いましたが、実際長期的に人生を考えるといっても良くわかりませんよね?

3年後や5年後に何しているかなんて分からないから、未来が分からないよって思う人が多いと思います。

人生の長期的な計画などを立てられない人はどうすればいいのか?

心理対比です

どういう事かといいますと、「心理・対比」心理的に物事を対比するという事です。

これは最悪の状況になった時を想定してくださいという事。

つまり、他人の目線で立って最悪の状況を想定したアドバイスを他人にする思考です。

例えば自分が転職で悩んでいた時だと、友達が転職している事をまず考えます。

そして、その友達に最悪の場合にどうすればいいのかアドバイスをする。

こうする事によって、心理対比が効いてきて今の状況を客観的に見れるようになって更に、長期的な目線で物事を見れるようになります。

結局最悪の状況想定をしてアドバイスとかする時に、結局未来が最悪だったら生きていけないですよね?

ではどうすればいいのか?

それは、最悪の状況になった時はこうすればいいよ!と明確にしてあげると少し安心できますよね。

その結果、柔軟で新しい視点のポジションをとる事ができるので物事が成功したりとか、新しい事にチャレンジして成功する事ができます。

例えば、今の時代は大企業でも倒産する会社が全然あります。

大きな企業に就職したからといって将来が安定するわけでもありません。

変化が激しい時代には、いろんなポジションをとれる勇気が必要ですが、ところが多くの人は臆病で万が一失敗したらと常に考えます。

心理対比を考えると何が起きるのかというと、長期的な計画が立てられて更に冷静に自分の可能性を見つめる事ができます。

基本的には目標を想定し、その目標が最悪達成できない状況になった時に、その状況で何をするべきかを想定したあげるとよいです。

つまりやばい状況になった時に、どうやってそこからリカバリーするのかまでを考えた上げると目標達成の確率も上がります。

またこの心理対比の考え方が研究にによって様々な良い事が起きる事が分かりました。

勉強の成績が上がる・セルフコントロール能力が上がる・食生活が健康になる・ダイエットに成功

このような色々な効果がでます。

心理対比を得とくするテクニックについて見ていきましょう。

心理対比の得とくのテクニック

1つ目のスッテップは、自分の目標を達成したらどんな良い事があきるのかを考えましょう。

例えば、年収が一千万円を超えたらだと、「旅行にいける・美味しい食事ができる」などという達成したメリットを思いつくままに書き出します。

2つ目は、メリットをたくさん書きだした中から一番自分にプラスになるものを選んで見ましょう。

ポイントはこの2つ目で選んだ自分にとって一番メリットになるような事が達成したら、どんな良い気分になるのかをなるべく細かくイメージする事です。

大体の人はこのステップ2まではしています。

売れないバンドマンとかが「俺はいつか有名になるんだ!」といってもし有名になったらこんな事やあんな事ができると考えます。

そこで満足して終わってしますと目標達成はできないです。

ではどうすればよいのか?この後がポイントになります。

ステップ3では、1つ目と2つ目の目標を達成するにあたってどんなトラブルが起きるのかを考えます。

この目標がついえたりとか夢が途中でついえるとしたら?

つまり自分の描いた未来が駄目になるとしたら、どんなトラブルが起きるのかを想像します。

先程のスッテップで例えますと、年収一千万円稼げたらと想像しますが、そして年収一千万円稼ぐために会社を辞めて起業しようと考えた場合。

ステップ3では、会社を辞めて起業しようとしたら企業が失敗して莫大な借金を背負ったらどうしようなどと考えます。

そしてステップ3では、そのリスクを書き出しましょう!

ステップ4では、その書き出した自分にとってネガティブな事の中から一番やばい事を選んでください。

それを頭の中でしっかりイメージして、このトラブルを出来る限り細かくイメージします。

出来ればトラブルが起きた時にどうやって対処するのかまで考えてください。

ここまでやるのが心理対比です。

これをやる事によって何が起きるのかというと、心理対比!つまり上手くいったらこんなふうになってこんな良い事がある。

でも万が一上手くいかないとしたらこういう事が起きると、そしてこういう時にはこういった対策をしようと考えます。

つまり目標達成の為に何が大事かと客観的な視点を持つ事は勿論大事です。

本当に大事なのは一歩引く事によって上手くいったらどうなるかを見て夢を見る事。

そして上手くいかない場合は、どういうデメリットが起きてどういう対策をすればいいのかって事を理解できる事ができます。

まとめると

夢を描く事万が一の準備同時に出来る事心理対比の一番良い点です。

この両方をやらないと、いい夢ばかり夢みてしまい。やった気分になってしまう事が防げるのです。

もし失敗したらどういう事が起きるのかを考えておくと急に夢が具体的な所に落とし込めるのです。

こうするとなんと、やりたい事が見つかるって状況になります。

多くに人は、やりたい事が見つかりませんと言う人がいます。

そういう人でも「お金持ちになりたい」、「自由な暮らしをしたい」とか思っています。

つまりやりたい事は見えている人が大半です。

ところがどうしたらやりたい所にたどり着けるのかという具体的なルートが見えていないだけなのです。

なので最悪を想定するだけで現実的な所に目が向いて、現実的にその自分の夢をクリアする為の方法が見えてくるのです。

簡単に言いますと、最高と最悪を想定して心理対比をする事によって、脳を具体的な所のイメージを描ける状態にもっていく事ができるのです。

例えば最悪の想定した状況が現実におこったら、実や素晴らしい事が起きます。

「あれ?まてよ。このトラブルを乗り越えたらその先に待ってるのは最高な未来じゃない」

このように乗り越えるべき壁が希望に見えてきます。

これが心理対比!!!

みなさんこの言葉と考え方で未来が明るい人生になる事間違いないです。

まとめ

失敗を恐れて、悩みすぎにならない唯一の方法についていかがでしたでしょうか?

今まで失敗を恐れて無駄に悩んだ事で後悔していたあなた!

今日から是非実践していただき明るい未来を切り開きましょう!!

人生を変えるのは自分!あなただけが明るい未来を作り上げられるのです。

Good Luck

スポンサーリンク
おすすめの記事