どうもこんにちは

本日は、あなたに成功の秘密をお伝えします。

ソフトバンク創業者の孫正義さんは、藤田田さんに憧れてビジネスを学びました。

そして、藤田田さんは日本にマクドナルドやトイザらスを広めた創業者なんです。

その藤田田さんは「ユダヤの商法」という本を出版していますが、その考えから成功を掴んだといえるでしょう!

他にも世界中で数多く成功者が持っている知識「ユダヤの商法とはいったいどんなモノなのでしょうか。

早速詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク

ユダヤの商法から学ぶ、お金儲けの秘密を遂に大公開!

Googleの創業者ラリーペイジとセルゲイ・プリン。

相対性理論を発見アルベルト・アインシュタイン

ヒット作を連発スティーブン・スピルバーグ

この偉人たちの共通点として上げられるのが、ユダヤ民族にルーツを持っているという事です。

欧米圏を中心に数えきれない程のユダヤ人が、ビジネスに限らず芸術や学問の領域において世界的にインパクトを与えています。

貿易商として欧米でビジネスをしようとすればユダヤ人を窓口とする以外に方法が無いとも言われています。

著名人の多くがユダヤ民族にルーツをもっている事は何か特別な教育がされているのではないか?と疑問を持ってしまいそうです。

今回はユダヤの人が考え出した「ユダヤの商法」と言われるお金儲け原理原則について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「ユダヤの商法」とは

「ユダヤの商法」の著者である藤田田さんは日本マクドナルドの創業者です。

藤田田さんは1926年大正15年大阪に生まれ、東京大学の法学部在学中に「藤田商店」を設立し輸入業をてがけます。

1971年には、日本マクドナルドを設立して日本中にハンバーガー旋風を起こしました。

その後、日本トイザらスを全国展開させるなど実業界のトップランナーとして走り続けました。

そんな藤田田さんが実践していたのが「ユダヤの商法」なのです。

藤田田さんがユダヤ商法を知るきっかけとなったのが、学生時代GHQの通訳のアルバイト通してでした。

商工達よりも贅沢な生活をしている兵士達がいて不思議に思ったそうです。

 

それがユダヤ人達でした。

 

同じ白人であるのに軽蔑されているようだけど、それを全く気にしなく金銭では圧倒的な支配をしているユダヤ人。

そんなユダヤ人が金銭の支配をする過程を脳裏に刻み込み、その法則を学び藤田田さんは実践したのです。

1971年、日本マクドナルドを設立したのちわずか10年で日本の外食産業の売上1位を獲得。

もはや日本の食文化を変えたと言えるほどの成功を収めました。

藤田田さんが出版した「ユダヤの商法」総計240刷!82万7000部というベストセラーです。

この本は長く絶版と呼ばれ幻の名著として有名でしたが、新装版として復刊されました。

ソフトバンクの孫正義高校生の時に「ユダヤの商法」に出会い強烈な影響をうけたそうです。

その後、直接藤田田さんに会いに行った時に「これからはコンピュータの時代}と言われたそうです。

そうそして孫正義はIT業界で大成功を収めています。

藤田田さんは、ユダヤの商法は全世界でいまだに通用する商法でありその定石さえ守れば、誰でも金持ちになれると断言しています。

そんな藤田田さんが言う「ユダヤの商法」の3つのエッセンスについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

ユダヤ商法 その1「78対22の法則」

ユダヤ人の商法は、まず7822という法則に支えられています。

彼らはこの法則を人間の力ではなく大自然の法則を考えています。

例えば、空気中の成分は窒素78に対して酸素などが22の割り合いである事は良く知られていますし、人の体水分が78その他の物質が22となっています。

ユダヤ商人は、世界の中でお金持ちの人は22であり、その他の人が78としていますが、その22のお金持ち達が全世界の78の富を持っていると考えます。

その為、ユダヤ商人78の富をもっているお金持ちを狙ってビジネスを行います。

藤田田さんが実践したのはが、デパートでダイヤモンドを売り出す商売です。

ダイヤモンドを買う人が足を運ぶ場所は何処かと考え、デパートを選んで売り出した所数億円の売上をつくることに成功しています。

今では当たり前のように思いますが、これは藤田田さんのアイデアだったのをご存知でしたか?

もし、あなたが企業してみたいとか会社でセールスやマーケティング関連の仕事をしているのなら、誰を相手にビジネスを展開するのかや、大口の取引先にどうやってアプローチすればよいか一度考えて見てはいかがでしょうか。

ユダヤ商法 その2「的確な判断を迅速に行う」

ユダヤ商人の特徴は、驚くほど的確で迅速な判断をする事です。

その理由は、ユダヤ人にとって時間も重要な価値であると考えているからです。

的確で迅速な判断をする事でタイミング良く勝機を掴み分が悪ければ躊躇なく撤退します。

注ぎ込んだ資金や人的な努力を一切破棄する事も厭いません。

彼らのすばやい判断支えている事の1つは、数字に強い事です。

ユダヤ商人は暗算が大変得意ですが、2分もあればコストを評価し商品1つあたりの儲けまで弾き出せるような圧倒的な暗算力と想像力を持っています。

このように数字に強くなる為、日頃からユダヤ商人が実践している事は?

 

数字を生活の中に取り入れる事

 

例えば、日本人が「今日は暑い」所を、ユダヤ人は「華氏80度だと言います。

ちなみに華氏とはアメリカなどの温度の表記で、日本は「摂氏℃」と呼ばれており、日本の35℃はアメリカでは75℉と表記されます。

このように日頃から数字に慣れ数字に強くなる訓練をする事がユダヤ商法の基礎なんです。

数字に強くなる為に今からできる事

まずは自分の収入や支出を正確に把握し管理する事から始める事がオススメです。

ビジネスを営む事と同じように、予算計画を立てて決められた予算内で生活する事から取り組んでみてはいかがでしょうか。

また雑学に強くなる事も、的確な判断をする為に必要です。

ユダヤ商人達は、一見商売に必要ないと思える教養も豊富に持っていて、その知識は幅広く専門家に深い知識を持っています。

幅広い教養は、人生を豊かにするだけでなくビジネス上での判断をする時にも役に立ちます。

例えば国外でビジネスを展開したければ、その土地にどのような慣習が根付いているのか?政治や経済にどのような特徴があるのか?情勢はビジネスをする上で適しているのか?などといった様々な基準を判断していく必要があります。

これらの判断の助けとなるのが、教養という事です。

ユダヤ民族のことわざで「耳と耳の間に資産を持てということわざがあります。

これはユダヤ人が、迫害されつづけてきた歴史的背景からモノやお金などの有形の略奪されるモノでなく無形知識知恵こそ資産として持つべきだという考えが根底にあります。

数字になれる事、教養をみにつける事はユダヤ商人の血筋では、子供の頃から訓練されています。

ユダヤ商法 その3「決して分かったつもりにならない」

ユダヤの商法に、曖昧さはありません。

分からない事があれば、とにかく質問をし100%納得してからでないと取引をしません。

これはユダヤ人の長年の放浪と迫害の歴史からくる自己防衛本能からくる事なのかも知れません。

条件に納得するまでは、取引はしなく契約に関しても曖昧さや甘えは一切なく、一旦契約した事は何があっても破らず必ず実行します。

万が一契約不履行が起こった場合には、相手の責任を厳しく追及していきます。

多くの人は、ついつい「わかったつもり」で過ごしています。

その方が、自分の頭で考えたり人とのコミュニケーションが取る事が少なくなり、かえって楽ができるからです。

例えば、相手が話した事や起きた事や本で読んだ事に対して「何故そう言えるのか?」、「本当にそうなのか?」といった疑問を持ちながら日々過ごして見ると、見落とした事を発見できるはずです。

決してわかったつもりにならない習慣は、思考停止状態から抜け出す事に役立ちます。

そうする事で、世の中の大半の人達が気付いていないチャンス他人の嘘に気付くきっかけになります。

あなたも今からでも疑問を持ち徹底的に納得する習慣を始めてみましょう。

まとめ

ユダヤの商法から学ぶ、お金儲けの秘密についていかがでしたでしょうか。

成功者が何故成功をしているのか?

 

それは!

 

偶然ではなく必然だという事です!

あなたも今日から成功者になる為に、ユダヤ商法を実践してみましょう!

【期間限定】オリジナルコンテンツを無料でプレゼントします

私はPCのスキルも知識もゼロからブログ開始して、1年半で3万PVまで伸ばし、アドセンス広告だけで月2万円到達して現在進行形で収益は伸び続けています。

 

しかし、これは順調に伸びたのではなく、

 

あるコツをつかむことが出来たからです。その一番のきっかけになったのを「アドセンスで収益を上げる方法」にまとめました。

 

ブログ運営で収益を上げる為の基本中の基本です。ブログ運営をする事により、様々な収益の発生をさせる為の応用が効きますし、今でも私はこのやり方に沿って収益を上げ続けています。

 

無料配布中です。

 

>詳しくはこちらをクリック!<

もしくは、下記画像をクリック!

 

 

>アドセンスで収益を上げる方法を受け取る<

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事