【衝撃】世の中の「成功法則」は間違いだらけ!その理由について解説

どうもこんにちは

これまで良く言われている「成功する為の法則」について、実は間違いだらけだった事を知っていますか?

良く書店などで「成功する為の技術とはズバリ」みたいな本って非常に多くありますよね。

例えば仕事を趣味にして、仕事に情熱を注ぎなさいなどといった色々な事を言われた経験もあるかと思います。

あなたが常識だと思っている事、本当に人生における成功とか社会的な成功に繋がるのだったら、ほとんどの人が成功していると思いませんか?

今回紹介する内容は、実際に多くの人が常識だと思っている事ってどのくらい間違っているのかという所を詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【衝撃】世の中の「成功法則」は間違いだらけ!その理由について解説

多くの人が成功する方法を知っているのにも関わらず、ほとんどの人は成功しないと思いませんか?

 

この時点であなたは気付くべきなんです。

 

 

常識通りでは成功しないという事を!

 

 

例えば、早めに失敗して挑戦し続けろと言いますが、実は他人の失敗を見る方が成功に近づく事が分かっています。

後は仕事に情熱を注げ!など言われますが、実際には仕事に情熱を注ぐよりも趣味に情熱を注ぎまくった方が仕事も上手くいく事が研究で判明しています。

スポンサーリンク

常識に囚われてはダメ

常識に囚われずに本当に成功する為には何が必要なのか見ていきましょう。

よく職人などで良く言われていますが、下積みの時代が長ければ評価されていた時代がありましたが、実際には成功する為に業界に長くいたりとか下積みを頑張っていたりしないといけないのか?

それともサクッと第一線にたって何か始めた方が良いのかという事について調査した研究を紹介します。

2014年にジャーナリストのシェーンスノーさんという人が成功に関する研究をまとめています。

その中で成功に必要な要素がいくつか判明しました。

先程もお伝えしましたが下積みの経験は本当に大事なのかという所で、コツコツ下積み時代を経てやっと第一線に立つことができるという事は、普通なら成功するように思います。

しかし結論から言うと下積みの経験は無視して良いとの研究結果がでました。

これは、ハーバード大学にいる博士が行った研究によると、成功するリーダーとか業界で一気に成功する企業などは、なんとその業界での経験値が少ない人達が成功しているケースが非常に多いといいます。

最近なら分かると思いますが、アマゾンのジェフベゾスは小さな本屋をやろうと思っていて、実際に本屋の経験は全くなく成功していますよね。

最近だったら素人がユーチューバ―などといった、これまでなんもプロでもなかった人が成功するといったような事もあります。

 

ここまで記事を読んで、あなたはこう思いましたか?

 

このように、経験が全くなく成功している今の時代の状況は、今後時代が流れ成功法則は変わるのではないかと思っていませんか?

このように思う人に解説しますが、歴史上において実は下積み経験が浅い人のほうが有利だった例が数多く存在しています。

スポンサーリンク

下積み時代が重要でない証拠

早速、歴史上において下積み経験が浅い人のほうが有利だった例をご紹介します。

まず初めに、アメリカの最高の大統領だと国民に思われた大統領最悪と思われる大統領を調べました。

ここで普通に考えたら、最悪の大統領は経験不足や判断能力がないから悪い判断をしていると思いますよね。

当然、政治に長い間経験している経験豊富な人の方が良い大統領だと思いますよね。

実際は逆だったのです。

なんとアメリカ史における最高の大統領は、最悪と判断される大統領よりも政治に関わっている時間が少ないという事です。

つまり、良い大統領ほど政治家として活動していた時期が少ないという事です。

実はこのような事は、大統領以外でもあらゆる業種で似たような傾向が見られます。

最も成長が早くて大きく成功する企業は、ほとんどがそういった業界の経験がなく違う業界の知識をもってきたりとか全く違う経歴である人がポッと入ってきて大成功する事が多い事が判明しました。

その為、自分が慣れている業界とか、おそらく転職しようと考えている人は慣れていて知っている業界で転職を繰り返すよりかは、何処かの業界で力を付けたらその後、その知識をもって全く関係のない新しい業界に行ったほうが大きな成功はしやすい事が分かります。

だから初めに下積みの経験は無視しても大丈夫といったのは、下積みで得た知識を活かすのは良いですが、勝手に下積みを自分がしていたからこの業界にいなくてはいけないと思うと逆に成功しなくなります。

また、その業界に長くいればいるほど外からポッと他で知識をもってきた人に、何十年も頑張ってしがみついていた人は抜かれてしまう事も起きるからこそ、下積みの経験はそんなに気にしなくて良いです。

色々な仕事をするべし

実際に博士の研究をまとめると、人生の進路を何回も変えてコロコロキャリアを変える傾向が強い人は有利です。

理由は、より多くのスキルとか柔軟性を身に付ける上に、色々な業界に対してのそれぞれの異なった常識を身に付けた状態で次の仕事に移るので、その結果他の人よりも成長スピードが速いです。

これは当然の結果で、一個の解決方法しかしらないといちいち壁にぶつかりますが色々な業界の経験や仕事を知っていれば、裏道を見つけたりだとかして成長スピードが速くなっていくということです。

ただ職場に色々転職してもスキルを学ばないでいる事は問題ですが、大体の業界の事が知れて基本的に必要なスキルが身に付いてきたら、次に全然違う仕事にいく事を何回か繰り返す事が重要です。

この記事を見ている人で、特に学生に一つアドバイスを伝えたいと思います。

もしアルバイトをする場合は、学生のうちに100個以上のアルバイトの経験を目指す事を強くオススメします。

理由は、学生のうちに100個以上のアルバイトを経験するという事は、同じ業界以外も必然的にやらざるおえないですが、色々なアルバイトする事によって様々な経験や常識が理解できるようになります。

そうする事によって将来就職して大きな企業に入る時や、あるいは企業して社長になる時や株式投資をする場合などで、多角的な視点を持てるようになり非常に有利になります。

若いうちから色々な仕事やバイトを転々とする事が将来的に一番の成功の道が開けます。

まとめ

世の中の「成功法則」が間違いだらけだった理由についていかがでしたでしょうか。

人生生まれたからには成功したと思えるような人生を歩みたいですよね?

成功を思い浮かべると「お金」が一つの成功だと思う人もいるかと思いますが、世界の大富豪がどのようにして超大金持ちになったのかについては、【必見】世界を支配できる財力を手に入れた超大富豪一族とは?をどうぞごらんください。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事