【衝撃】記憶の定着で成果が出せる、驚きの勉強法とは?
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

学生や仕事で毎日が時間に追われて勉強する時間がないと嘆いている人?

そもそも時間は限られているので、短時間で効率よく勉強できる方法があるのです。

今回紹介する方法であなたの学ぶ力がこれまでの何倍にもなります。

それでは成果が出せる勉強法のテクニックについて見ていきましょう!!

スポンサーリンク

人より倍勉強する意味はない理由とは?

良く多くの人が習った勉強の考え方からすると、しんどいのが勉強とか、勉強は長時間やらないとダメだとかと思います。

しかし時間勉強は関係全くないですよぉ~!!

例えば、普通の人に比べて2倍勉強して、2倍の時間勉強しようと思うとかなり厳しいですよね。

ましてや、3倍勉強しようと思ったらほぼ無理ですね!

時間で勝負したら終わりという事です。

どれぐらい愚かな事かというと、自分は誰よりも働いて一生懸命お金を稼ぐんだ!といって24時間睡眠時間を削ってバイトをして・・・。

これで金持ちになれるかって絶対なれませんよね!!

世の中のフリーターの多くはこんな感じで気づけば年をとってしまっているのではいでしょうか?

つまりどうすればいいかというと、寧ろ忙しい人とか時間を制限している人とかのほうが勉強の方法とか仕事で成果を上げるのが上手なのです。

何故か?

時間が少ないから頭を使います。少ない時間で成果を上げる為。

これが非常に大事な事です。

お金も同じ事が言えます。お金があり余っても計画的に正しく使う人は非常に少ないです。

宝くじで当たった人もそうですが、いきなり経験した事がないような体験をした人は使い方もよくわからないのでパッと使い果たしてしまいます。

これと全く同じで、だから時間で勝負する事は一番愚かな戦い方です。

大事なのは、忙しくても成果を上げるにはどうすればいいのか?

早速見ていきましょう!

短時間で成果を上げる勉強法

この勉強法は、残された時間が少ない受験などや仕事でもつかえます。

そんな人に学習能力が向上するゲームをお伝えします。

人間は不思議な事に、現代の科学で実証されていますが生まれつきの天才は超えられないです。

しかし、会社の中で成功している人は秀才レベルであり、この秀才レベルは簡単に超えられるのです。

どんなゲームが学習能力を上げるのかというと、一言でいうと

予測力を上げるゲームです

この予測力を上げるゲームによって学習能力が上がるのです。

予測力を上げるゲームって?

と思ったあなた!それはなんとアクションゲームです。

2014年にプリンストン大学が普段はゲームをしない男女20人を集めて、2つのグループにわけて9週間ぐらい実験を行いました。

片方のグループはアクションゲームで遊んでもらいました。この実験でのアクションゲームでは、「コール オブ デューティー2・アンリアルトーナメント2004」です。

要するにこの2つはアクションゲームです。

もう片方のグループはシュミレーションゲームで遊んでもらい、その後被験者に知覚学習テストを行いました。

その結果、アクションゲームをおこなっていた人が学習能力が向上していた事が分かりました。

しかもこのアクションゲームを行った人が一年後に同じテストをおこなっても学習能力が上がっていたのです。

つまり9週間アクションゲームで遊ぶと、少なくても1年間は学習能力が高い状態が維持されているという事です。

何故?何故?何故?

研究結果から分かった事は人間の予測能力が非常に大事なのですが、例えばキャッチボールする時にボールが落ちる所を距離や時間を脳が計算して動いています。

アクションゲームでも、キャラクターの動作はある程度ジャンプしたり落下の速度は同じですよね。

人間が色々な事を計算したり予測したりする為のモデルを沢山脳にもっていて、アクションゲームがこのモデルの精度を上げている事が分かったのです。

今日からアクションゲームをやるべし!!

スポンサーリンク

思い出す勉強法

人間はインプットしている時に記憶をするのではなく、思い出した時に記憶が深まります。

なのでインプットする回数よりの思い出す回数を増やすべし!

例えば普通の本やテキストなどには問題集などはついていないですよね?

そういったテキストなどを読む時は、まずテキストの1ページを読んだらその度に文章から一回目を逸らして目を閉じて今読んだばかりの内容を思い出すようにします。

1ページ毎じゃなくても記憶力が高まってきたら1セクションで思い出すという範囲を増やしてもOKです。

思い出す回数が多い程人間は記憶に残るのでオススメは1ページ毎です。

マーカーなどで線を引くよりも遥かに脳に定着しやすいのです。

またノートをとる時も見ながらとっては駄目です。寧ろ一回本を閉じて思い出しながらノートを取る事で記憶の定着が強まります。

オススメの方法は、音声認識でノートをとる事です。

まず本を読んだ後に大事だなと思ったら一回閉じて、アイフォンとかで録音し大事な所を思い出しながら言葉で出します。

そうする事により、短期記憶を刺激できるので頭に入りやすいです。

更に音読は、自分の声で音読した場合と他人の音読を聞いた場合は全然意味が違います。

自分で音読して自分の音読を聞くと、更に記憶に残る確率が高まります。

全部音読しても意味ないので覚えたい所だけ音読で自分の耳と脳に刺激を与え記憶の定着をしましょう。

そして一番自分が音読する事が記憶の定着の効果が強いです。

何故かといいますと、人間は色々な感覚を刺激したあげたほうが記憶に残るので、音読している時って口が動いて舌も動いてますよね?

その為、英語では発音できない単語って覚えられないのがこれが理由です。

何故かというと、自分の筋肉や感覚として分からないから発音できるようになって初めて聞き取りもできるのが良く言われる内容です。

よって聞き取りだけができるという人は大体嘘ついてる事が言えます。

まとめ

記憶の定着で成果が出せる、驚きの勉強法についていかがでしたでしょうか?

勉強したり本を読んでも記憶の定着がしなくて悩んでいたあなた!!

今日から実践して脳の活性化をおこない良い人生を踏み出しましょう。

一緒に10分で頭が良くなる方法についての記事もどうぞ(^^)

スポンサーリンク
おすすめの記事